2010年04月30日

【経済】『経済学』の復活はなるか?--存在価値を問われ始めた"マクロ経済理論" [04/27]

1:ライトスタッフ◎φ ★ 2010/04/27(火) 17:31:57
金融危機以降、存在価値を問われ始めたマクロ経済理論。ジョージ・ソロス氏の
研究所が経済学者を集めた会議を主催。あるべき姿を巡り議論が戦わされたが、
改革への道は厳しい。

経済学者ジョン・メイナード・ケインズが約70年前、思考と探求を重ね、マクロ
経済学を確立させた場所として知られる英ケンブリッジ大学キングスカレッジ――。
ここに4月8日から3日間、世界の著名な経済学者や政策立案者、思想家ら約200人が
集まり、「経済危機と危機に直面する経済学」をテーマに議論を戦わせた。

■ソロス氏から5000万ドル

ノーベル経済学受賞のジョセフ・スティグリッツ氏やジョージ・アカロフ氏を含め、
ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授、ケインズ研究の大家ロバート・スキデルスキー氏、
国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事、Y.V.レディ前インド中央銀行総裁など、
参加者の4人に1人に当たる53人が講演。議論は経済理論の限界から過去の危機分析、
危機における政府の役割、ひいては格差問題にまで及んだ。

会議を主催したのは、著名投資家ジョージ・ソロス氏が今後10年間、毎年500万ドル
(約4.6億円)を寄付するという約束によって、昨年10月に設立された新経済思考
研究所(INET)だ。

ソロス氏はINET及びINET創設記念会議への期待をこう語った。「今回の経済危機で、
経済学は危機到来を予測することも、何が起きたのか、どう再発防止できるかも説明
できないことが判明した」としたうえで、「今や金融機関にかつてないモラルハザード
(倫理の欠如)が広がっている。(危機が再発しないよう)経済学及び規制のあり方を
根本から考え直してほしい」。

現在支配的なマクロ経済学の理論を抜本的に見直す必要性には誰もが賛成したが、
実際に成果を出すのは容易ではない。それは最も白熱した金融規制を巡る議論からも
うかがえた。

英金融監督機関の金融サービス機構(FSA)のターナー長官は、規制強化に乗り出す
姿勢を鮮明にした。「『大きすぎて潰せない(Too Big to Fail)』問題への対応は
もちろん、銀行の自己資本及び流動性確保を巡る規制は、従来の固定概念を捨てて
抜本的に見直し、景気回復を損なわない形で20 年以上の歳月をかけても強化する
必要がある」。

5月の英総選挙で保守党が勝った場合、FSAの機能は英中央銀行に吸収される。この規制
強化を実現できるかは政治の風向き次第だが、英国に経済学改革の機運があることは
確かだ。

※続く

●ソロス氏(左)がストロスカーンIMF専務理事らを一堂に集めた
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100422/214135/800.jpg

◎ソース http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100422/214135/?P=1


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【経済】『経済学』の復活はなるか?--存在価値を問われ始めた"マクロ経済理論" [04/27]

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(516中) 】


2:ライトスタッフ◎φ ★ 2010/04/27(火) 17:32:08
>>1の続き

対照的なのが米国だ。スティグリッツ氏いわく、「米経済界も規制当局も依然(人間の
経済的行動はすべて科学的に説明し得るという)経済合理性理論に凝り固まっている」。
危機再発防止には抜本的な規制改革が必要で、それには前提となる経済理論から抜本的
に見直さなければ実現しないが、ワシントンもウォール街も「経済合理性」の発想から
脱却できずにいるため、「規制改革をする環境すら整っていない」(元上院政策立案
スタッフ)という。

実際、ソロス氏が会議を英国で開いたのは、「米国の経済理論を巡る議論が危機後も
旧態依然としている」ことによる判断だったとの噂もある。

INETは、経済学者などに研究資金を援助する一方、今後も気鋭の経済学者などを集めた
会議を開き、経済学のパラダイム転換に向けた議論を高める狙いで、今後が注目される。

残念なのは今回、日本人のエコノミストや政策立案者が1人も出席しなかった点だ。
日本から招待されたエコノミストは野村総合研究所のチーフエコノミスト、リチャード
・クー氏だけ。米国経済は今、日本が失われた10年で経験した「バランスシート不況」
と全く同じ状況にあり、企業が債務を返済し切らない限り、本格回復は期待できない
との指摘は、多くの参加者の関心を集めた。

デフレから20年も抜け出せない日本は貴重な経済政策の実験場。日本が経済学の復活に
貢献できる余地も、多分ここにある。

◎関連スレ
【話題/財政】経営者と経済学者が代理戦争、財政再建で激論--英総選挙 [04/18]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1271520228/

4:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 17:35:33 8xyDlq48
自分だけ知ってて、他人が知らない、のがベストなのだが

16:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:02:47 kcuUtrO3

>日本から招待されたエコノミストは野村総合研究所のチーフエコノミスト、リチャード
・クー氏だけ。米国経済は今、日本が失われた10年で経験した「バランスシート不況」
と全く同じ状況にあり、企業が債務を返済し切らない限り、本格回復は期待できない
との指摘は、多くの参加者の関心を集めた

資本主義経済の最先端を走ってるのが日本なんだ。資本主義経済を採用する限り世界は日本と
同じ経過をたどるということだな。R・クーさんは「バランスシート不況」だと定義した。
ノーベル賞に値すると思う。
バランスシートを綺麗にするために企業は借金返済に一生懸命だ。いくら金融緩和したって
金を借りるものはいない。
財政出動しかない・・がクーさんの理論だ。
日本は借金大国の声が大きくて大胆な財政出動ができないんだ。これが日本の不幸だな。
ラビバトラ博士は日本から次の経済体系が生まれると予言してる。今は産みの苦しみの期間だよ。


37:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:31:03 e5+K1pTz
>>16
確かにリチャード・クーは別格だからな
植草がミラーマンになっていなければ彼も呼ばれていたんだろうが



177:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:13:35 KIxn7boI
>>16
クーさんは財政出動で増えた借金をどうするかについてはダンマリだからなあ。

日本の現状に照らし合わせると、財政出動で救済された企業は、代わりに借金まみれ
になった国を見捨てて、海外へ移転するのが経済的合理性に適うように見受けられる。


23:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:12:03 f3e6Hwic
日本の驚異的な経済成長は、その後に続く特アのモデルになり、驚異的な経済の成長をもたらしたのに、

 日本の経済学者から自国の現実について、その最中にあって、ノーベル経済学賞を受賞するような学者もなく

 ただただ、指を咥えて見てるだけ状態だった。それが今回の参加者ゼロに繋がっている。

  日本の経済学は何の役にも立っていない。その事実を恥じるべきや。

  某大学経済学部出身の漏れはマジで恥ずかしい。

33:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:22:58 HnIDnRb2
でも史上空前の貨幣価値が「溶けた」今回の金融危機も、
まだちゃんと喰っていける人達が存在していることは事実だ。
それは産業の多様化、それも経済学の後押しで、ナイーブな資本家を勇気づけたからこそ、
投資が実現し、結果、金融危機にも耐えられる体力を育てて来れたわけだ。

経済学は臆病な小金持ちから資金をむしり取って
流動性を与えられる意味がある。
それがあったからこそ、今回の金融危機は「今のところ」これだけの被害で済んでいる。

どや顔で「復活はなるか?」という人達に問いたい。
それでは、他に経済を把握するよい学問があるのか? と。

38:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:31:13 hYKbIFZU
>>33
>経済学は臆病な小金持ちから資金をむしり取って
>流動性を与えられる意味がある。

おれおれ詐欺、ジーオーグループやら円天、経済革命倶楽部はつかまるのに
経済学の人はなんで捕まらないんだろうな。


39:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:32:15 gaf54yvR
>>38みたいな奴って、経済学=株価を予想することと勘違いしてるんかな?



41:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:38:37 hYKbIFZU
>>39
経済学に株価の予測をする分野がないと思ってるのか。


51:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:50:11 WPjy+zCt
経済学は理学よりもむしろ文学に近い。
世界という文脈を読みとき、明日明後日10年後、
どういう状況になるかを見極めるのが経済学だ。
世界という文脈の指標として株価があるだけで、
大部分は歴史や経験則で語られる。


55:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:54:39 gaf54yvR
>>51
> 世界という文脈を読みとき、明日明後日10年後、
> どういう状況になるかを見極めるのが経済学だ。

それは違う。
昨日、一昨日、10年前にどういう状況になったのかを見極めるのが経済学。
未来を予測するのは経済学であろうと、量子力学であろうと不可能。


57:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 18:59:30 WPjy+zCt
>>55
【皆既日食】悪石島のツアー客入島本格化 島の人口4倍超に
http://sankei.jp.msn.com/science/science//scn-n1.htm


皆既日食が未来予想・未来予知でなければなんなんだ
因果をとらえて予定調和を作り出すために、数学使ってるんじゃないのか



62:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:03:01 gaf54yvR
>>57
日食の時間を予測するのは「自然科学」の範疇。
「社会科学」の世界においての未来予測は不可能。
過去のデータを見て、GDPや株価を自然科学のように予測できるアナリストなんていない。
年始には、世の中のエコノミストやアナリストが好き勝手にGDPとか日経平均を予測してるけど・・・


75:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:21:47 WPjy+zCt
>>62
経済学は永遠に後ろ向きの学問なのか
過去の歴史的文脈から定性的な未来を予測することすらないのか

じゃあ経済学でいうモデルってのは過去にだけ使って
未来や現在には使わないのか



60:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:02:47 DlQ1+nqv
リチャード・クーの本を読んだときはまじで驚いた。
目からウロコだった。
ttp://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm
ここの、下にあるリンクを1から読むとだいたい把握できるよ。

64:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:04:20 KLKbOswN
経済学ってのは経済をモデル化する学問でしょ
勉強したことのない人は完璧な未来予測ができなきゃクソと言うんだよね
まあ経済学に限らず、物理学に対しても似たようなこと言って
全く根拠のない自分の感性とやらの方を信奉する人はそれこそ掃いて捨てるほどいるけど

114:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:01:18 FqUN9D/B
>>64
でも日本の理論物理は世界でもトップレベルなんだぜ
なんで経済学だけ終わってるんだよ


78:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:27:38 X5QOiTbQ
経済学の必要性が不明、何かの役に立っているのか?
少なくとも、経済学部は全廃せよ!
仕分人wは何をやっとるのか!

81:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:31:50 Zy4H9I/n
>>1

金融詐欺師の下請け化して解り難い数理経済を騙しの道具に金を稼ぐイカサマ
学者が増えたことが信用喪失に繋がっただよ。経済は最後は信用だからね。

89:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:41:51 FP8A9cwS
マクロ経済学など、幻想に過ぎない。
金融工学のバカども等、「水中でインクが広がる有様を数式化したグラフと、
株価変動のグラフはパターンが似ている」との理由で両者を同一視して、デタラメな
金融理論をでっち上げ、2008年の金融危機を招き寄せた。
もし仮に私が「太陽は丸くて黄色い。テニスボールも丸くて黄色い。だからテニスボールを
研究すれば太陽について理解する事が出来る。」と言ったら、君は「頭の病院行け。」
と言うだろう。
幼稚な類比に過ぎない事を君も理解出来るからだ。
これと同レベル珍理論が跋扈する世界、それがマクロ経済学なのだ。
アダム・スミス以来、珍理論が社会を攪乱し、多大な犠牲者も出た。
(マルクスはロシア、中国、北朝鮮を迷走させ、ケインズは第2次世界大戦を起した。)
そろそろ「マクロ経済学」なるものが、社会の経済的側面だけを拡大して捉え、
政策と財政の偏った運用で効果を発揮する一種の公害である事に気付いた方がいい。

122:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:08:07 lW59XdUO
>>89
経済学の目指してる物は経済の動きを数式化する事だよ。
仮説段階のインクだかテニスの話が出てきてそれを鵜呑みにするのはアホ。
というかそういう研究なんてどうでもいいんだよ。
もっと基本的な、世の中のお金の流れを理解してもらいたい。


126:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:17:43 m32JT9Yz
>>122
全ての現象を科学で解明するっていうぐらい無理な話。
そもそも、ベースの仮定自体が怪しいのに数式化したってまともな答えは出ない。


128:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:23:23 0vs6RKNf
>>126
そう言って最初からやろうとしないのが文系なんだよなw
御託はいいから、ちゃんと自説の検証くらいしろや


131:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:29:24 m32JT9Yz
>>128
俺は理系の人間だが。
文系人間ならくらい無理とか言わずに、絶対無理って断定してるよ。


98:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:51:07 9IOCTgn+
素朴な疑問だけど、今度の金融危機を予測できる学問分野があるとしたら、
マクロ経済学じゃなくて金融工学じゃないのかな?

今回の金融危機を予測しようとしたら、サブプライムローンていう
金融商品のリスクについて定量的に把握している必要があるはずだけど、
それはマクロ経済学者には無理な気がする。

もちろん金融工学の専門家がリスクを数値化できたとして、それを
与えられたマクロ経済学者が短期的な予報すら出せなかったら、
学問として実用性に問題があるだろうけど。

103:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:55:40 KLKbOswN
>>98
というか、実際にGSなんかは今回のバブル崩壊を予測してて、
その上でゴミ同然になると知ってたCDO売りさばいてたんじゃないかという疑いがあるので
訴訟沙汰になってる


110:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:58:38 Dt5M6Z3a
>>98
予想出来るかどうかは別にして金融工学はそもそもこんな金融危機は想定していないが、マクロ経済学は想定している学問だぞ(ケインズ経済学とかは特に)
国債、現金への資金逃避、各国中央銀行、政府の財政、金融政策とかほとんどケインズの理論そのままでしょ(日本はケインズの流動性の罠を曲解してるけどね)


99:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:52:12 JpT01A/T
おそらく、日本国債の内債だから大丈夫という理論も
誤った経済学だろうな。

105:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:56:31 FqUN9D/B
日本は理学も工学も論文出して国際的にそれなりに評価されてるのに
経済学さっぱり終わってるのは、やっぱり日本の経済は文系扱いになってるから?

107:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:57:34 KRuqwZ/7
>>105
日本は経済学の主流が二世代ぐらい遅れてる
今菅が「新しいケインズ経済」とか言い出してる有様だし


111:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 19:59:12 RsR74FTe
>>107
良いデフレ論なんてのもあったけどあれは日本オリジナル?


112:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:00:04 WPjy+zCt
経済の根幹は貨幣というウソを大衆に信じさせるための宗教なんだから、中身がないのは当たり前。
嘘から本当をひねり出そうとしても間違ったものしか生まれない。

人間が印刷した信用だけの物体、しかもそれを目の前で燃やされたとかじゃなくて
帳簿上失っただけで自殺するような投資家がいるんだし、
どれくらい貨幣とかいう幻想を大衆が信じ切っているかがわかる。

経済学者の立場からしてみれば、
貨幣や電子マネーも含めた流通通貨の幻想や信用を
どこまで保てるかが勝負の分かれ目だ。
やってることは神殿を出来るだけ豪華に飾り立てる神官の作業にひとしい。

そのうちニーチェみたいのが出てきて「貨幣は死んだ」とか言われるようになるぞ



116:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:04:02 vLpm3mZI
>>1
>「今回の経済危機で、
>経済学は危機到来を予測することも、何が起きたのか、どう再発防止できるかも説明
>できないことが判明した」としたうえで、「今や金融機関にかつてないモラルハザード
>(倫理の欠如)が広がっている。


ホントそうだと思う。
結局のところ経済はモラルと切り離しては成り立たないと思う。
意思のない物質による物理科学や概念の数学とは根本的に違うんだから。

134:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:31:06 3HI/ocsC
戦後70年程度で壁にぶちあたるのを見ると
ローマ帝国や江戸幕府ってすごかったんだなあと感じる。

186:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:29:34 cChaZqmM
>>134
江戸時代の大金持ちって皆逆張り相場師や相場操縦ヤロウじゃん



190:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:38:02 DLmlSprO
>>186
現金掛け値なしは?


191:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:44:10 cChaZqmM
>>190
なにそれ?


139:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:38:47 tgMKNbM7
経済学自体は良いんだよ。

問題は経済学者が全員詐欺師だということ。

160:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:55:32 5bk/WAzz
ちょっとモノを考える冷静な日本人なら、経済学者のいうことや
アメリカ見習え式の発言って、話半分って感じでしか聞かないけど
アメリカ人って「ニューエコノミー」とか新自由主義的な言論を
本気で信じてたのかな。



163:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:56:54 PEQRuvuR
計量化しない理由は、単に数学が苦手だからじゃないかなぁ〜。




165:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 20:58:08 gaf54yvR
>>163
計量経済学は?


169:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:00:10 DLmlSprO
>>163
オーストリア学派は社会の仕組みに注目するのだが、
憲法を作成する際に数学を使うかな?それと同じこと

使うべきときは使う
その場合は合理的期待形成が可能な非常に限られたモデルや条件の場合に限る
その際に使うのはニュークラシカルがよくつかうDSGEなんですなあ


180:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:19:09 73aMqCqg
マクロ経済の問題と言うより、ミクロ経済の問題だろ。

近年の新自由主義というミクロ経済の論理でマクロ経済もなにもかもうまくいくというおめでたいレッセフェールな発想が、
サブプライムショックに端を発した世界的金融経済危機を招いてしまったわけで。

要するにいわゆる一つの”合成の誤謬”ってやつを見落とした、いや無視した結果だな。

183:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 21:26:28 DLmlSprO
>>180
>近年の新自由主義というミクロ経済の論理でマクロ経済もなにもかもうまくいくというおめでたいレッセフェールな発想が、
>サブプライムショックに端を発した世界的金融経済危機を招いてしまったわけで。

ちがう
さてはポーランドのロストフスキ財務相の有名な論文読んでないな?
フィナンシャル・タイムズに寄稿して大反響となった

やっぱり日本人は情弱
話にならん


218:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 22:33:18 zPQzE+gC
>>1
>ジョージ・ソロス氏が今後10年間、毎年500万ドル(約4.6億円)を寄付するという約束

ジョージ・ソロス
1930年生まれ

今年80になりますが・・・

242:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:12:20 f6Bfi2GH
高橋洋一とかリチャード・クーをボロクソに言ってる人多いみたいだけど、呼ばれたのがクーか。
バランスシート不況論のオリジナリティかな。
世界金融危機の経済対策で麻生の主張が世界各国に与えた影響が大きかったってのもあるだろうな。

まだリーマンショックから2年も経ってないし、各国出口戦略を取り始めたし、アメリカなどは家計の消費が
伸びず借金返済がつづいているという話も聞くし、クーの言ってることが現実に当てはまるか見極めるには
もう数年見てみたいな。

247:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:22:14 XQCfKimx
「経済学」「経営学」

これらは厳密には学問と言えないのではないか?
という声がある。
ぶっちゃけ、再現性がないんだよね。


249:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:27:20 E7uPo3nb
>>247
哲学も再現性はないが、あらゆる学問の礎じゃなかったか?


288:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:19:32 Njg0nZ5+
>>249
再現性のある分野がどんどん哲学から独立して別の学問になり
その残りカスが今の哲学ではないだろうか


254:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:34:05 26pNrnNk
>>1WIKIでは
『インサイダー情報を当てにせず、新聞の金融情報を読んだ』
とあるな。


260:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:43:48 r9n3ijZc

少なくとも真っ黒経済学は政治的なメッセージ色が
濃いから殆どの人が眉唾でみてるでしょ。

俺は純粋にミクロ経済学の方がいい。
合理性の追求に役立つ。

でも2chは中学数学も理解出来ないバカばっかりだから
ミクロは理解出来ないだろうな。

276:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:59:21 9IOCTgn+
>>260
このスレでも多分、ミクロどころかマクロの乗数効果も分からない人が
多いと思うよ。まあ、どこぞの財務相もそうだったらしいが。


263:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:47:07 0CU55suF
素朴な疑問

経済学を勉強すれば経済の先が読めるなら投資で大儲けできるはず。
なんで大学の経済学の先生たちは金持ちになってしないのですか???

269:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:51:02 r9n3ijZc
>>263
それは実際の経済は合理的とはほど遠いからではないか?

例えばルーピーのようなのが総理に就任したり

ホリエのようなのが株価攪拌したりして

常に予想を超えた非合理なものが実際の経済なのであり

合理的な経済を研究する経済学者の枠外に

実際の経済があるという事である。




274:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:58:37 06zfkaHJ
>>263
医者は「こんな生活を続けていると病気になるよ」とアドバイスはできるが
どんな名医でも、1年後に発症するか、10年後に発症するか、30年後に発症するかは
分からないのと一緒だよ。
分かっているのは、『いつか必ず』発症することだけだ。


273:名刺は切らしておりまして 2010/04/27(火) 23:55:31 dzoNPEzp
>>269

だから経済は「まともな」学問の対象になりえない


279:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:04:31 CE9RiIrt
経済学なんて後付理論しかできない学問だろ


283:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:10:06 3Fh1bJg8
>>279
〜だろうって学んだこともない、知らないけど言ってみましたみたいなもんかよ

ソロスなんて簡単なことをさも難しくいう天才だな、しかも的外れな批判してるおっさん



282:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:09:34 k/XnexjG
もうアメリカは、FRBの適切な対処で危機を乗り切った。

日銀の阿呆ぶりが来年には、民主並みにクローズアップだな。

日本の経済学にはマル経しかないんだから、経済学の存在価値がどうのこうの
なんて言うのはおこがましい限り。

290:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:22:48 upVHzXlJ
>>1
ソロスは面白い金の使い方をするな。
成果を楽しみにしてる。

297:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:33:57 tEGvO621
俺は何度も言うし、これからもおまえら2chのバカ共
を啓蒙する続ける予定だが、
マクロ経済学っていうのは政治屋のデマカセと殆ど変わりないんだよ。
言ってる奴の利益の為に経済政策を歪めるのが狙いなのだから。

それはマクロ経済学の創始者からの伝統だよ。


319:302 2010/04/28(水) 01:52:58 380/Fa7d
面白いなあ。
>>297
> マクロ経済学っていうのは政治屋のデマカセと殆ど変わりないんだよ。
> 言ってる奴の利益の為に経済政策を歪めるのが狙いなのだから。

とまで言い切った人が全く違うCDSとCDOの区別すらついていない。
うがった見方をすれば、経済学とか経済予測というのが
当たらないというデマは、資本家とか賢者が、
より有利なポジションを取れるように、愚民たちに
経済学はダメだと信じ込ませておく方が得だから、
そういう宣伝して愚民たちを釣ってる気さえする。
ソロス、今回のお前の行動だよw


301:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 00:48:51 tEGvO621
マクロ経済学者は
2chのバカと民放バカマスゴミと大衆心理と歴史を研究せよ。


307:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 01:04:41 BcWOljRz
アメリカ・エリートは例外なく、第二次世界大戦で得た地位を固定し、
それを保持することが至極当然であり、世界において最善であるとする妄信にかられている。
日本人はアメリカ・エリートが日本に対してもつ偏見、非難、要求について、
いちいち丁寧な、根拠ある反論をしている。
しかし、それらはいかに正当であろうとも、しょせん彼らには通じない。
彼らには隠された意図があるからである。
彼らは日本人のように、相手側の立場、事情を考えるという聡明さと精神的余裕を
持ってはいないのだ。
エゴまる出しで無理を力と業で押して、それが通ると信じているので、
とても理屈を聞いて得心し、引き下がるものではない。

329:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 02:31:37 n7f0YNzN
ここ数十年、日本経済を
経済学者が予想できたことがあるの?
だったらこんな世の中になってないよね?
楽観論ばかり言って、株価つりあげて
自分のポケットマネーだけあたためて、
ヤバそうになったら手を先にひく。
嘘八百の本を出して印税で儲ける。
騙される人間も人間だが・・・

356:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 07:34:52 M8qcz/gf
>>329
遅くても1973年の時点で小松左京はいずれ下から
新工業国が出てきたら日本経済アボン開始
するのを200%確信していたんだよ。
9年日本沈没書くのかかっているから1964年の時点か。



330:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 02:35:24 LRiA6CP8
経済学=未来予想などと言い出す
まるで知識のない方々による
見当はずれな批判は、見ていて興味深いですね。


331:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 02:37:19 fq3oOWfQ
>>330
じゃあ経済学は何なんだ?



339:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 04:13:24 POXJMquh
今やるべき事はマルクスの理論の再構築しか無いだろ。
所詮近経なんて表面しか見ないし。
まあここにいるバカ共は資本論読んだ事無い香具師ばっかだろうが,
あれよく読めば実は共産主義社会というのは不可能で,資本主義は
永遠に続くと読めるんだよ。まあ解らんだろう奴ばっかだろうけどw

361:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 08:25:37 lPcRCA1G
>>339
> まあここにいるバカ共は資本論読んだ事無い香具師ばっかだろうが,
> あれよく読めば実は共産主義社会というのは不可能で,資本主義は
> 永遠に続くと読めるんだよ。まあ解らんだろう奴ばっかだろうけどw

日本共産党員だって一人も判ってないおw


363:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 09:05:29 /OFfpuXQ
>>361
マクロ経済学が一番よく理解できてる政党は共産党だけどな。www


364:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 09:09:17 baNqUW6m
>>363
共産党の上層部はインテリ揃いだからな
下部組織はキチガイじみてるのもいるけど



340:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 04:22:19 u6uFikTv
景気をよくしたいなら
消費性向の低いやつから
高い奴に
金を移動すりゃいいだけだろ。
銀行経由するのが前提のマクロ経済学が効かないだけで。
政府ができるわけだ。

341:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 05:19:30 mObbHAAi
>>340
消費性向の低いやつらと高い奴らをどうやって調べるの?
高所得者ほど可処分所得に対する
消費性向は低くなるのがわけだけだが、
貧乏人に金やれってことかな?



342:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 06:02:20 dJ7YApT+
G8が影響力を落としてG20が開かれるようになったように
金融緩和策じゃ、金融機関辺りまでしか効果が及ばないんだから
もっと幅広い影響力を持つ税制を弄った方が好いと思う。
デフレが進む程に資産税率を強化していき、デフレの縮小と同時に資産税率を逓減させ
インフレ期には資産税率を0にして取引税を強化するような仕組みで消費喚起出来るんじゃないかな
税収もある程度見込めるし、物価の安定にも寄与するだろうし・・・
税の廃止等も含めて税制の硬直性が不況の一因でもあると思うんだよね。

347:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 06:27:37 mObbHAAi
未来を予測しようとした経済学者は破産する。
経済学は未来をつくるものである。

by STCM

351:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 07:05:39 TDHFwXxv
>>347
自作自演のインサイダー取引が最強?w
それともソロスのように経済合理性より国民の福祉を優先せざるを得ない金融当局を
金に任せて叩きまくる奴が最強って事?


369:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 09:34:51 2psMbIua
マクロ経済学よりミクロ経済学の方が役にたたないような気はする。ミクロの方が面白いとは思うけど。

373:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 10:24:14 fq3oOWfQ
>>369
俺が一番欲しいのは、明日の株価を誤差1%ほどで予想してくれる
経済学者とその理論。
ぶっちゃけ、それができないなら経済学は経済史学とかに名前を変えた方がいい。
どんなモデルを作ってもその指標たる株価やらを一切予想できてないんだもん、
信じろっていうほうが無理。

その論を信じさせるためには、物理学が確立したような再現性と予言性が必要。
再現性と予言性が備わっていれば、そのモデルが数学使いまくりの難解なモンでも
とりあえず信じることだけはできる。



383:339 2010/04/28(水) 12:19:25 SzOaeG4R
 では経済学の究極の目的とは何なのだ? 公正な分配か? ならば
1990年に誰かアホのように『資本主義の勝利!』とか叫んでいた日系
のアホアメリカンがいたが20年も経って格差は広がる一方では無いかw

では現代における経済の仕組みの解明なのか? それで20年も何を血税
(=国民からの搾取)で何をやっていた? どの道何とかしないとバカにされ
続けるだけであろう。

近代経済学スレを見ると解るが本当に『政治家共は経済学を解って無い』
こんな罵りばかり(=他人への責任転嫁)。んな自信あるなら自分でやりゃ
いいだろうがw。自分で動かない者は他人も動かせない。これ真理。
大学の暗い研究室に籠って文句ばっか垂れてる無能の血税吸血鬼共は仕訳
の対象にすべきじゃね? 思わね?w

395:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 12:55:24 /lZ+JjAC
>>1の写真の2人・・・
悪徳ユダヤって雰囲気を、上手くかもし出している・・・

398:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 12:59:55 V1rKdmMj
海外と都会にしか目がいかない日本の経済学者(笑)

404:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 13:03:38 iHA2PrN+
http://d.hatena.ne.jp/okemos/20100426/1272290281#seemore

認識論的閉じこもり・イン・マクロ経済学 ポール・クルーグマン 2010年4月25日

右派の「認識論的閉じこもり(epistemicclosure)」、つまり証拠だの、同じ考えの者以外からの議論だのについては完全に無視しようとする行為、についての激しい論議がブロゴスフィアで沸き起こっている。
これについて私は、この明白な事実はもう何年も続いてきた事だと言う以外には特に述べることはない。
しかし、似たような事がマクロ経済学についても長い間、真実でありつづけている事を指摘しておくのは意味あることだろうと思う。
そして認識論的閉じこもりの政治バージョン同様、これは「どっちもどっち」な事ではない。
これは淡水学派*1の事象なのだ。塩水マクロ*2は同じ問題を抱えてはいない。
つまり、もしプリンストンなりMITなりの院生に、「新古典派マクロの連中ならこれについてどう答える?」と質問してみたなら、その学生はちゃんと答えられるだろう。
塩水学派の講義はリアル・ビジネス・サイクルも教えているし、良い学生なら、たとえその教授が違う学派であったとしても、リアル・ビジネス・サイクルの考えを説明できるからだ。
しかし淡水学派の学生達は、そして残念ながら彼らの教授の多くは、同じ事ができない。
今回の危機が発生して以来、ミネソタや、そしてシカゴの多くの研究者達まで、ニューケインジアン経済学がどういうものなのか全く理解していない事は痛々しいほどに明らかだった。
彼らがそれに同意していない、とか、それをゴミだと考えている、とか言っているのではない。
彼らは文字通り、その概念を理解していないのだ。
それが故に、彼らはこの危機を議論するために、80年前の誤りを再発明したのだった。
こういった閉じこもりがなぜ右派の特徴で、左派にはないのかと問うのは面白いことだ。
だがとにかくそれは全くの現実で、政治の議論だけでなく、経済学においても深刻なインパクトを持っていることなのだ。

*1:中西部のリアル・ビジネスサイクルとかの保守派マクロ学派。
*2:東・西海岸のケインジアン系マクロ。

431:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 16:48:59 2nlawlPM
経済学なんて理由をあと付けするだけだからなw



432:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 16:52:10 fq3oOWfQ
>>431
俺の感覚じゃ
「火山が噴火すると冷夏になって麦が高騰します。ついでに革命も起きるかもしれません」
程度でいいんだけどなぁ、経済学は。
先物で儲けるなら、そのぐらいのアバウトさでも十分だと思う。



446:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 17:35:49 sVmdFbje
>>432
日本には
「風が吹けば桶屋が儲かる」という
素晴らしい経済学がある

誇るべき


440:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 17:07:51 baNqUW6m
>>1
経済学=マクロ経済学
としてるのはちょっとね…

448:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 17:44:17 Wv4ShKFH
生物学だって、進化論と遺伝子研究が進むまでは、結構あやしくて、単なるデータ収集の学問に近かったけどなw
経済学はまだまだこれからだね

450:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 17:46:00 OkX19iW/
>>448
分子は他の分子を出し抜こうとする意思がないから計算できる
でも人は合理的に動くんじゃなくて、出し抜こうとしてかえって非合理に動くときがあるから計算できない



452:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 17:50:12 OkX19iW/
また分子は一分子一分子それぞれに決まった種類に特有の性質ごとに沿った動きをするが、
人が経済活動する場合は一人一人イーブンでなく、金持ってる奴と持ってない奴
情報持ってる奴と持ってない奴で性質のちがううごきをするから、計算できない

453:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 17:57:31 tB7OG4cG
>>452
素粒子分野でも量子力学でそれは崩れたよ。
自然はどこまでいっても客観的でかつ規則的であるであるという世界ではなくなった



455:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 18:49:52 baNqUW6m
>>452
計算できると言っても
原子数十個の挙動の計算にスーパーコンピュータが必要なんだよ


456:名刺は切らしておりまして 2010/04/28(水) 18:52:37 zxSeeQgC
>>455
計算できる>>>越えられない壁>>>計算できない
だから


468:名刺は切らしておりまして 2010/04/29(木) 08:03:26 joV/2+fh
「科学的に証明されてる」ってのは実証できる環境がなければ「信用する」ものだと思うんだけど
経済学はいくら科学の衣を纏っても「信仰する」以上のモノには成り得ないんじゃないか。
と思う今日この頃ではある。

470:名刺は切らしておりまして 2010/04/29(木) 09:28:06 c9L5ZNOw
>>468
進化論や宇宙論もそうだよな。
それに比べたらマクロ経済学のほうが実証可能性は高いから救いがある。



476:名刺は切らしておりまして 2010/04/29(木) 12:51:28 t2SAXhFY
復活も何もミクロに基礎を置く現代のマクロ経済学は学派の対立なんて無いんだけどな

481:名刺は切らしておりまして 2010/04/29(木) 13:34:46 vkPNd3ob
>>476
対立あるよ
1.総需要政策派(広義のケインズ派)
2.オーストリア学派

1の総需要政策派でも、
1−1.ケインズ派
1−2.フリードマン派
あるいは視点を変えると
1−A.淡水派
2−A.海水派

ケインズ派のうち、オーストリア学派と同じ要素に気づいたのが新ケインズ派
しかし上記の対立を乗り越えるには至っていない



512:名刺は切らしておりまして 2010/04/30(金) 00:16:54 chElh7Ay
狭い価値観に束縛され杉なんだよ、
金融財政政策万能主義のリフレ派(マクロ経済の都合の良い所だけかじってるバカ)の
主張もそうだけど
法律とか歴史とか幅広く勉強しないとな。
経済学が経済に貢献出来る程度はそんなに大きくはない。

posted by 2chダイジェスト at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。