2010年03月30日

【コラム】日本社会は中高年の雇用を頑なに守り、若者を見捨て続ける★2 [10/03/25]

1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/03/27(土) 23:01:50
再び、就職氷河期が到来している。

今春卒業予定の大学生の就職内定率は2月1日時点で80%であり、2000年の81.6%を下回った。
5人に1人が職に就けないという厳しさであり、職を得た大学生にしても希望した会社、職種に就けた者は多くないだろう。

深刻な問題は、この社会人のスタート時点でついた格差が、
その後の人生において克服するチャンスが非常に少ないために、そのまま確定しかねないことにある。

日本の労働者を二つに大別すれば、「大企業に勤める男子正社員とそれ以外」という分類になる。
「それ以外」というのは、非正社員であり、女性であり、中小企業に働く人々である。

「大企業に勤める男子正社員」と「それ以外」の労働条件格差は決定的である。
前者の人々は長期雇用保障と年功賃金の恩恵を最大限に受けられる。
ところが、後者の人々の労働条件は前者に比べて大きく劣り、なおかつ、雇用そのものが極めて不安定である。

大企業における“長期雇用保障”とは、その地位が保全されていて容易には解雇されないということである。
つまり、新卒でいったん就職してしまえば定年または定年近くまでの数十年間、失職することなく安泰ということである。

これをひっくり返して考えれば、新卒で就職できなければ、その後に大企業に職を得ることは極めて難しいということになる。
なぜか。もはや、高度成長期はとうに過ぎた。低成長時代にいずれの企業も雇用を大幅に拡大することなどありえない。
だとすれば、新卒で――もちろん中途採用の機会もあるだろうが ――就職した人々の雇用が定年まで保全されていることが、
外部者にとっては堅固な障壁になってしまうからだ。
つまり、ひとたび非正社員や中小企業勤めで社会人をスタートした人は、再チャレンジの機会がほぼ訪れない。

さらに、経済環境が悪化すれば、大企業は雇用調整に入る。
既存社員の雇用を維持しつつ社員数を削減しなければならなくなるから、定年退職者の補充をしないという施策をとる。
つまり、定期採用、新規採用の停止である。
こうして、就職できないのは本人の責任では全くないにもかかわらず、労働条件格差は就職時点で確定し、
その後の人生で克服することは極めて難しい構造になる。

もっと直截に言えば、すでに企業に籍を置く中高年の雇用を維持するために――つまりは解雇できないから――、
正社員の新卒採用を停止し、非正社員の雇用を拡大するのである。
日本の労働市場においては、中高年の既得権益を維持するために、若年層が明らかに犠牲になっている。

こうした労働慣行、法制度の歪みは、多くの人々にとって、極めて不公平、不平等である。
社会にとっては活力を削ぎ、生産性向上を大きく妨げる原因となっている。
実際、OECDは正社員と非正社員の大きな格差、差別を日本の欠陥と指摘している。

>>2に続く
ソース:ダイヤモンド・オンライン 辻広雅文 プリズム+one
http://diamond.jp/series/tsujihiro/10097/

前スレ
【コラム】日本社会は中高年の雇用を頑なに守り、若者を見捨て続ける [10/03/25]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1269533811/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】日本社会は中高年の雇用を頑なに守り、若者を見捨て続ける★2 [10/03/25]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 「文系・大卒・30歳以上」がクビに――ベストセラーの著者に聞く2010年労働事情

Wikipedia 【 賃金


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(462中) 】


2:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/03/27(土) 23:02:37
>>1の続き
OECDに指摘されるまでもない。我々は身をもって、10年ほど前からとっくに思い知らされている。
バブルが崩壊し、日本経済の長期低迷が明白になった1990年代後半から10年ほどの間、
日本の産業界は一斉に雇用調整に入り、正社員の新卒採用を極端に絞った。
この間、大学生たちの多くは上記で説明した「それ以外」の働き方を余儀なくされ、やむなく非正社員の道を歩んだ。
いまや、全雇用者数の三分の一が非正社員となった。

彼らは当初フリーターやニートなどと呼ばれ、本人たちの就労意欲の欠如などを含む自己責任論が展開され、批判を浴びたものだった。
極めて不安定な人生を歩み始めた彼らを追跡レポートした朝日新聞は、「ロストジェネレーション〜失われた世代〜」と名付けた。
ロスジェネは一部ワーキングプアという新貧困層に転落し、社会問題と化した。

だが、彼らの就労機会を奪った原因は彼らに帰せられるのではなく、
マクロ経済の政策運営に失敗した政府、雇用能力を低下させた企業、
そして大企業の男子正社員の雇用ばかりを保護する日本の労働慣行と法制度こそ元凶であるということが、
この十数年の間に多くの識者たちの指摘によって明らかになった。
戦後初めて極めて低い経済成長に直面したこの十数年で、日本の労働慣行、法制度の特異な歪みが鋭く突出したのだった。

ところが、何ら教訓は生かされず、本質を突く改革は行われなかった。
日本政府も労使代表の経団連も連合も、旧態依然の労働市場を変革しようとする意志はいっこうに感じられない。
そうして今、再び就職氷河期を迎え、「第二のロスジェネ」が大量に生み出されつつある。

例えば、今春闘における連合の最大の要求項目は、定期昇給(定昇)である。
先ほど私は、「大企業の男子正社員は長期雇用保障と年功賃金の恩恵を最大に受け取る」と書いた。
年齢を経れば自動的に昇給していく定昇こそ、その年功賃金そのものであろう。

正社員と非正社員の賃金格差は20代ではそれほどでもなく、30代、40代になるにつれて拡大していく。
正社員が年功賃金の恩恵を受けるからである。ここで、二重の格差が生まれていることに気がつく。
正社員と非正社員の格差に加え、正社員のなかでの中高年と若年層の格差である。
こうした格差をもたらす定昇をいまだに最大要求項目とする連合は、中高年正社員の保護主義に凝り固まっているとしかいいようがない。
それに応える経営側も、無論である。

不公平、不平等の壁を打ち破らなければ、人々の労働意欲は湧かない。企業における生産性は上がらない。
しかし、だからといって、全雇用者を正社員にできるはずもない。
慢性的な長時間労働、頻繁な配置転換や転勤といった正社員に課される負荷を、
ワークライフバランスの観点から望まない人も少なくないだろう。
また、同じ正社員であっても、若年層は年功でなく貢献度による賃金への変更を望む者が増えつつある。

行きつく答えは、正非、男女、年齢を超えた「同一労働同一賃金」の実現である。
人件費枠を拡大するわけにいかないのだから、有利な立場にある人々の既得権をはぎ取って、不利な立場にいる人々に再配分するしかない。

>>3に続く

3:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/03/27(土) 23:03:32
>>2に続き
劇的変化は望めない。時間はかかる。賃下げなどの不利益変更は、抵抗が強い。
まずは、定昇の原資を若年層に振り分け、中高年と若年層の正社員同士の格差を是正しつつ、
同時に、非正社員の熟練度と賃金を上げる総合的施策を打ち出す必要がある。
その方策は、企業個々のさまざまな努力にかかる。「同一労働」の定義は、企業によって変わる。

極めて少数だが、成功例はある。
例えば、広島電鉄は正社員の雇用条件を引き下げ――激変緩和措置は設けられたが――、非正社員の雇用を守り、さらに雇用条件を引き上げた。
正社員の既得権を非正社員に再配分したのである。

改革の原動力は、正社員と非正社員の格差を残しては職場が分裂し、
活性化どころか安全を守れない、という組合側の危機意識であり、経営も理解を示したのだった。

もう一つ打ち破らなければならない不公平、不平等の壁がある。社員の整理解雇規制の壁である。
一般に、日本の労働法における整理解雇規制は極めて厳しいという認識が定着している。
だが、それは一面的な見方であり、厳しく解雇が規制されているのは大企業の社員に限ってであり、
中小零細企業はほぼ野放しで劣悪な条件による解雇が日常的に横行している。

ここでは個々の条文を記さないが、日本の労働法制における整理解雇の定義は極めてあいまいである。
極めてあいまいで基準が明確ではないために、個々の事例に労働基準監督署が介入できない。
事の正否は裁判所に持ち込まれ、戦後いくつもの判例が積み重ねられ、結果的に極めて整理解雇が難しい4原則が打ち立てられた。

視点を変えれば、裁判所に訴え出ることができる大企業の組合に守られた社員はその判例によって厳格に保護されるが、
そんな余力のない中小零細企業の社員は解雇自由のリスクにさらされている。
あまりの「解雇リスクの身分差」が、まかり通っているのである。

そうして、大企業の男子社員は企業内にたてこもる。
その障壁の外側にいる人々にとっては入り込む余地が乏しい。極めて流動性の低く、なおかつ人の流れが偏った労働市場である。
流動性の低さは、労働者にとってはやり直すチャンスが乏しく、仕事に習熟する機会が少なく、つまり人生の希望を抱きにくく、
経営者にとってみれば景気変動や新事業戦略にのっとった機動的な雇用ができず、社会全体からみれば適材適所の人材配置が行われず、
インセンティブが働きにくく、生産性が上がりにくい、という多くの問題を生じさせている。

私は以前に「正社員をクビにしやすくする改革はタブーか」という刺激的なタイトルのコラムを書き、多くの読者から非難を受けた。
だが、その真意は労働市場の流動化の促進であった。
そのためには、労働法制を見直し、整理解雇の定義を透明化する必要がある。
労働基準監督署が当該企業の整理解雇の正当性を判断し、問題がある場合は介入できる基準、ルールを作らなければならない。
そのルールによって、大企業の社員にとっては整理解雇規制が緩和され、中小零細企業の社員のそれは強化されることになる。

>>4に続く

198:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 03:06:30 ztEI1+9q
>>2
>>慢性的な長時間労働、頻繁な配置転換や転勤といった正社員に課される負荷を、
>>ワークライフバランスの観点から望まない人も少なくないだろう。


雇用を拡大したいのならサービス残業の徹底的な取り締まりだな。

労基署が徹底的に取り締まって、一人当たりの本当の労働時間が減れば、
新たな雇用が生まれる。一種のワークシェアの効果が期待できる。

一番即効性が高い。





5:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/03/27(土) 23:04:28
>>3に続き
企業の大小を問わず、整理解雇ルールの整備の際に重要なのは、その前提としてしかるべき金銭賠償を義務付けることである。
例えば、比較的整理解雇が容易な米国では、先任権ルールが定着している。
最後に雇用された労働者から順番に解雇されるのだが、補償金付きである。
在職年数の長い労働者の雇用は、よほど大不況でない限り、ほぼ保障される。
解雇規制の厳しい欧州でも、金銭賠償との引き換えで実行される場合が多い。

労使間の雇用ルールを改めて定めた労働契約法が、一昨年の2008年に施行された。
その検討過程で、解雇ルール作りの動きが起こった。だが、コンセンサスは得られず、実現しなかった。

政策の意思決定の枢要な場にいるのは、政府内にしろ経団連にしろ連合にしろ法曹界にしろ、
そしてそれを報道するメディアにしろ、すべからく大企業の正社員代表あるいは専業主婦を従えた中高年である。
彼らは自らの既得権を捨て去ることができない。そうして、日本はとめどなく競争力を低下させていくのである。


4:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:04:13 I1xQIaYO
第一次氷河期世代が
一番スルーされてる。

6:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:04:58 0IU0vRdt
いまさらこのニュースか?みんなわかってるだろ。

7:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:05:39 I1xQIaYO
>>1
じゃました感じになって
ごめんなさい。

15:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:12:59 5C1lS74F
年齢差別を誰も改善しようとしないのはなぜなんだ。

21:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:18:23 Oq8dWpRU
>>15
この国の事を決めるやつ、一番人数が多い年齢、ともに甘い汁を吸ってるから。
自分たちが死んだ後のことなんてどうでもいいと思ってるし。


26:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:25:17 LlsjlM+N
親の世代は高卒で一流企業に就職できても、その子供はニートって多いな


58:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 23:58:43 6LDF4D2R
>1
>大企業における“長期雇用保障”とは、その地位が保全されていて容易には解雇されないということである。
>つまり、新卒でいったん就職してしまえば定年または定年近くまでの数十年間、失職することなく安泰ということである。

”大企業” という括りでいいのか?



75:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:19:22 3WWHwhxo
>>58
この著者はもともと言ってることが支離滅裂な部分がある。

容易に正社員のクビを切りがたい日本の法制度なんて大中小限らず同じなのに
何故か大企業だけが目の敵。
中高年を解雇しやすくすれば、若年の雇用が改善されるという根拠のない暗黙の前提。
非正規を使うのは雇用調整しやすいからであって、
容易にクビ切りやすくなったとしても、若年層がその恩恵を受けれるとは思えん。


79:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:25:23 LwrtQv7W
>>75
>何故か大企業だけが目の敵。

現実を知っていたら、普通に理由は分かるだろ
もしかして公務員様ですか?


88:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:34:00 KL+26Zy+
>>75
>>1の主張は若者の低次元な主張に迎合しているだけとしか思えないね。
過剰なまでの大企業美化と、そこに入れない人間へ向けた煽り言葉。
大企業に勤めれば安心?そんな甘い人はこの先幾らでもリストラなりで転げ落ちる。
企業自体が、数十年も存続することが危うい。


193:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:56:38 6oTvRs/u
>>75
>中高年を解雇しやすくすれば、若年の雇用が改善されるという根拠のない暗黙の前提。

OECDの勧告にもあるように、中高年のせいで若年層が割を食っているのは、もはや自明だよ。
日本はOECD加盟国のなかで実質的には最も解雇規制が厳しい歪んだ国。
機会平等でなく努力しても報われない社会では、無気力やニヒリズムが蔓延する。
だからニートが増え続け、車が売れず結婚もできず、GDPがいつまでたっても横ばいのまま。



194:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:58:45 KL+26Zy+
>>193
勧告のツマミグイはやめよう。
どう見ても若者の能力・経験不足改善に軸足が置かれた勧告だからさ。


204:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 03:22:17 3WWHwhxo
>>193

中高年のせいで若年層が割をくってるかもしれないが、
企業の門戸は開かれてるし、機会は平等だと思う。
今やってるのは結果を平等にしようとしてるだけな気がしてならない。

一部の働かない中高年をクローズアップして、さも中高年全体のせいで
若者が割を食っているから解雇規制を緩めようと主張するその根拠が希薄。

ちなみに、今更解雇規制を緩めたところで、若年層に恩恵があるとは思えない。
企業が非正規を使うのは雇用調整しやすいからだ。
非正規の待遇が見合ってないと言うなら、中高年云々とかではなく
そこを改善すべきじゃないの?

といいたいのです


201:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 03:16:13 6oTvRs/u
>>194
OECDの勧告は、
日本は、正規雇用への保護が手厚すぎるがために、すなわち一度雇ったら解雇や賃下げが困難であるがゆえに、
企業に正規雇用のインセンティブを失わせ、非正規雇用への依存を強める結果となり、
所得の低い非正規雇用者の増大から、所得格差が拡大した。

その処方箋として、
正規・非正規間の保護のギャップを埋めて、賃金や手当の格差を是正せよ。
有期、パート、派遣労働者の雇用保護と社会保障適用を強化するとともに、
正規雇用の雇用保護を緩和せよと勧告を行っている。

どこが、「若者の能力・経験不足改善」に軸足が置かれた勧告?



209:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 03:42:16 ztEI1+9q
>>201
単に、企業に非正規雇用という選択肢を与えてしまったために、
それを適用された若年層との所得格差が広がってしまったんだろ。


253:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 10:20:49 KL+26Zy+


82:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:30:45 3WWHwhxo
>>79

普通の民間りーまんだ


86:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:33:26 LwrtQv7W
>>82
だったら>>1を百回読み返してごらんよ
それでも分からないなら・・・


99:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:45:50 3WWHwhxo
>>86

何度読んでも理解不能。どうして行き着く答えが
「正非、男女、年齢を超えた「同一労働同一賃金」の実現である。」
になるんだ

日本型の職能給から米国型の職務給にシフトしたところで若者の雇用情勢は変わらん。

むしろ中高年の方が給料あがって、結果的に若者がじり貧になるケースが多いんじゃねえの


109:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:56:03 LwrtQv7W
>>99
>むしろ中高年の方が給料あがって

働いていて収益に貢献しているならそれでいいでしょ

でも最初のスレから言われてきた問題は「働いてない中高年がいる」ってことです
若いころは賃金を抑制して、中高年になってからそれを取り返す
という日本型の賃金体系のなかで「むしろ中高年の方が給料あがる人」なんて
極々一部になりますよ
多くは働きに見合う水準まで賃下げということで

まあ、現実にそこまですんなり移行できるとも思えないけど


70:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:15:10 KL+26Zy+
>>1-6
で、どうしろというのかね?
結論ありきの評論は何も意味がないよ。

74:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:18:05 KL+26Zy+
職に就けない若者にカネでもやれというのだろうか。金銭的な援助は、自立する精神を奪い去ってしまうのだ。
子供に、愛情を持って試練を与えるように、政治家も愛情を持って、このような輩からは支援を断ち切る必要がある。
当然、権利を奪われるものは不平不満を言い、死に物狂いで抵抗するであろう。でも、それをやらないと、みんなが、
「もっと支援してくれ。どうして僕らにはくれないのだ」と要求合戦をすることになるであろう。
そして、過保護政策は、そうした若者の自立精神をも妨げてしまうであろう。

弱者を救済し、強者に厳しく当たれば、皆が弱者となるべく競争するであろう。
すると、「貧欲と怠け癖を引き起こし、しばしば人々の間に争いを起こすもと」になるであろう。
これでは、日本の再生はおぼつかないのである。

努力をしていない弱者に、手を差し伸べる必要は無いと思う。
また、努力をしない人々を優遇するような施策は、貧欲と怠け癖を引き起こし、日本を滅ぼす結果となろう。

78:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:24:36 KL+26Zy+
学生に「困っていることは何かありますか?」「要望は?」と聞いても、
「職が得にくい」、「志望理由が言えない」・・・環境要因や学生の気構えに起因する要因が多い。
学生が自らの道を自らの力で切り開いていけるように教育されていない実態が、不景気の就労時に顕在化しやすい、
>>1-6はそれだけの内容だろう。

労働を市場として捉えると、学生は商品で、就活は販促だ。
販促を一生懸命にやっても商品が良くないと売れないのと同様に、
就活の前に自らの商品価値を上げないと職を得られない。
その現実を自覚するタイミング、自覚させるタイミングが遅すぎる。
社会に出る直前にジタバタするようでは手遅れだ。

84:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:32:03 S69b+auB
所詮ごく少数の人間の話だろ?
総務省の統計でも30歳までは8割は正社員についているんだからいいんじゃないの?
2割程度の人間はどんなよい仕組みをつくっても、完全に拾うことは無理。
"妄想"社会主義の世界だな。

101:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:48:25 l+jtoYYZ
>>84
二割というのは少数じゃないよ
その人間をお前の税金で養うのだから。


95:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:40:43 rjWfPpk8
ワークシェアリングは毎回話題になるがいつも労働組合が反対するから日本では実現できない
企業と労働者の対立じゃなくて、正社員と非正規の対立なんだよ根本は

102:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:49:08 ePzYb13s
中高年が悪いみたいな論調はなんなんだろうか?
中高年は自分の力で椅子を確保してきたんだ
若者は他人のせいにしてないで、同じく自分の力で椅子を確保しろ
てか、大企業に勤めるだけが脳じゃない
嫌なら自分で起業しろ。昔に比べて起業のチャンスは増えている
そういう意味では今のが有利だろう

105:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:52:43 vhSxlPp5
>>102
論点すり替えんな
その「椅子」って考え方が企業にとっても性質の悪い負債なんだよ



103:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:52:05 Vn9/UULD
ID:KL+26Zy+

偉そうな事言ってるが、結局は何の中身もない精神論だな。
多くの若者が非正規や名ばかり正社員に追い込まれていくことが何を意味するのか。
社会保障制度の崩壊、技術継承の問題、マクロな視点で考えれば分かるだろうに。

オバマのアメリカをはじめ、諸外国が積極的労働市場政策に移行する中、
日本だけはその真逆をやっているのだから、衰退するのも無理はない。

104:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:52:26 lA1NHmQe
この>>1が次のような書き方だと反感を買うだろうな。
若者がかわいそうという口実で経産連の有利になる、派遣労働法法規改正
第二段とでもいうべきものにすぎないんだよ。

国際競争力を日本企業は失いつつある。発展途上国からの安価な輸入品に
押されて、国内の企業は青息吐息だ。衣料品を販売しているユニクロの
商品はすべて中国やインドで作られている。外国は人件費が安く一円でも
安く作りたい企業は国外へ工場を移転させる。産業の空洞化になると
危惧する人たちもいる。通業産商肖産商振興課の佐々木ともやさん(仮名)
は「一頃とくらべて賃金も下がっているようですが、まだまだアジアの他国と
比べると高い。外国に出る余力のある企業は低賃金労働を求めて外へ出るが
効率的な資源配分が達成されるならそれもやみを得ないこと」と話す。
また経産連から労働関連法規改正の強い要請が振興課にあるとも語った。
政府はこういった財界からの声を受け、企業が労働を自由に採用、解雇
できるような法改正に着手するためのタスクフォースを4月中に立ち上げる
予定だ。

110:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 00:56:06 KL+26Zy+
正規だ非正規だと雇用形態の視点から考える前に、雇用者の視点で考えてみるべきだろう。

どうして雇う価値も無い判断される人間が増えているのか?
頭数を揃えて何とかなるレベルの労働に始まり、年を追うごとにレベルの上がる労働がドンドン周辺国に流れている。
そのような構図の中、「日本人を雇って高給を払ったら、競争に敗れて潰れる」という構図もドンドン拡大している。
正規だろうが非正規だろうが、労働価値相応の待遇にシフトしていくのは当然だ。

競争が国際化し競争相手の力が拡大する中で、そこで戦えないレベルの人材を社会に垂れ流し続けている国、日本。
国家として競争領域を意識し、そこで戦う意識・意志と基礎能力を共に備えた人材を育成できなければ、
弱い企業・弱い人間の拡大は絶対に止まらない。

114:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:00:42 Vn9/UULD
>>110
おい低能ID:KL+26Zy+。

解雇規制や不利益変更規制が強すぎて、労働価値以上の高給をとっている人間の賃下げが出来ず、
そのしわ寄せが若年層に来ていることが問題だと言っているのだよ。




125:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:08:09 KL+26Zy+
>>114
賃下げが出来ないとか、日本の何処を見ていっているんだろうね。公務員?
どうにも視野が狭い。


116:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:01:32 3fOMGipY
>>110
勉強する奴はかっこ悪い
サラリーマンは負け組み
自分の好きなことをするのが一番

こんな酷い教育が行われていたんだから
そりゃ質は低下するわな


119:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:03:47 ePzYb13s
>>116
サラリーマンなんて負け組みに決まってんだろw
若いうちはいいとして、いつまでもサラリーマンやってるような奴ははっきり言って無能だと思うけどね
そんな奴がえらそうに語るなっつーの


115:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:00:49 ePzYb13s
それに今、大手の会社だって
俺らが若い頃は単なる中小企業だったところが多いんだよ
みな必死に頑張って大きな会社にしていったわけだ
我々が道を切り開いてきたわけよ。
そして、切り開かれた道しか選択肢を考えない若者、こういうのが駄目ね
自分でどうにかしろっつーんだわ。甘えてんじゃねえ

118:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:02:43 g13d2sjn
この記事の馬鹿なとこは企業が法人格をもった私人である、という認識がないとこだね。
大企業が〜してくれないから、とかって他人に丸投げな発想なんだよ。
年功序列とかってそこの企業がそれでいいと思ってやってることならそれでいいじゃん。
別にそうじゃない企業も存在してるんだから。
企業がそれぞれ自分の判断で年功序列を取り入れたり取り入れてなかったりすることについて
他人があーだこーだ言ってもな。

年功序列がけしからん!な考えなら、そうでない企業に入ればいいし、実際に
年功序列じゃない大企業やら外資やらベンチャーやら起業やら国外逃亡やら選択肢は
無限にある。なんで一律に日本の企業群は年功序列をやめろ!になるのか分からん。
発想が社会主義なんだよね。

正社員に手厚い保障を約束してる現行の法体系は別にそのままでいいやん。
フランスなんかも日本以上だし、問題も出てきてるけど、選択肢はある。
営業なんか実力主義だから逆に考えれば大量に採用もされるだろ。

130:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:14:19 KL+26Zy+
>>118
ほんと、この記事は受動的な考え、他責の考えのオンパレードだね。
「同意する若者さん、うちの雑誌なり情報なりを買ってね」と言わんばかりの低レベル迎合。

>企業がそれぞれ自分の判断で年功序列を取り入れたり取り入れてなかったりすることについて
>他人があーだこーだ言ってもな。

人には年功序列で成果を出せる人とそうでない構図で成果が出せる人が居るから、両方の選択肢があるのは良いことだし
各人で会う方を選べばいい話だね。安易に流されて制度を大きく弄ってしまう企業が多い構図もあるけど。


123:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:06:32 YHM6EZXK
年功序列=ピラミッド型=ねずみ講=ラットレース
人口が増え続けるという前提で、上記の仕組みは機能していた。
人口が増えない今後は、間違いなく転換を迫られる。

大企業なら、拠点を海外に移していくことは必至。
管理機能だけを日本に集約、というのも難しいだろう。
組織は肥大化した後、分権化するという普遍原理があるようだから。

これからは、会社に奉仕するのではなく、会社を通して社会に貢献する力を身に付けるのがいい。
将来的に、会社を変えても、社会に貢献できる力は持ち運べるんだから。

129:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:13:22 Vn9/UULD
OECDの勧告を受け入れよ。


OECD(経済協力開発機構)は日本における労働市場の二極化について、度々、これを是正するよう求めている。

2006年の対日審査報告書では、「格差問題」に一章が費やされている。日本は従来、所得の不平等度が少ない社会と見られてきたが、
「最近は所得格差が拡大している」と警告している。その理由として、日本は解雇に関する法制が未整備で、
正社員の解雇が困難な点をあげている。「正規雇用への保護が手厚すぎる」がために、企業は非正規雇用への依存を強める結果となり、
「所得の低い非正規雇用者の増大から、所得格差が拡大した」と指摘した。「日本はもはや平等な国ではない」と締めくくっている[2]。

以降も連年、同様の指摘が行われているが、その骨子は「日本はOECD加盟国のなかで実質的には最も解雇規制がきびしい国の一つである」
「正社員の解雇規制が強すぎる、すなわち一度雇ったら解雇や賃下げが困難であるがゆえに、企業に正規雇用のインセンティブを失わせている」というものである。

2008年には、特に若年層における失業や貧困の拡大を問題視し、「Japan could do more to help young people find stable jobs
(日本は若者が安定した仕事につけるよう、もっとやれることがある)」と題した報告書を発表。
その中で「正規・非正規間の保護のギャップを埋めて、賃金や手当の格差を是正せよ。
すなわち、有期、パート、派遣労働者の雇用保護と社会保障適用を強化するとともに、正規雇用の雇用保護を緩和せよ」と勧告を行っている[3]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AE%E8%A7%A3%E9%9B%87%E8%A6%8F%E5%88%B6%E7%B7%A9%E5%92%8C%E8%AB%96

同一労働同一賃金

たとえば竹中平蔵は、著書の中で「安倍晋三内閣で同一労働同一賃金の法制化を行おうとしたが、
既得権益を失う労働組合や、保険や年金の負担増を嫌う財界の反対で頓挫した」と述べ、
社会正義のためにも改革が急務であると主張している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E4%B8%80%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%90%8C%E4%B8%80%E8%B3%83%E9%87%91

146:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:34:50 blrQLTaR
企業側の都合で簡単に解雇できるようになったら、
中高年だけじゃなく、若者も困ると思うんだが。

147:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:37:53 3WWHwhxo
>>146

あ、気付いた?

この記事そのへん書いてねーんだよ
理不尽な上司とかに不当に解雇されやすくなる側面をどう考えてんだろ


149:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:39:41 vhSxlPp5
>>147
「理不尽な上司」を居座らせ続ける会社になんざ
見切りつけられて良くね?


148:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:38:23 0uFxvutr
心配なのはこれだけ世代格差があると若者が無気力にならないかという事だ。
かつての英国病のように。

152:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:44:11 AHGfiKrX
>>146
企業vs.雇用者 は古すぎですよ
企業が困れば、雇用者も困るのです

実際、日本の企業はどんどん衰退しています
雇用もどんどん減っています

>>147
>不当に解雇されやすくなる側面をどう考えてんだろ

確かに問題が起きるでしょう
同意します

ただ、変な上司なら私なら早く解雇してもらいたい
嫌なのに、ずっといるなんて最悪です

155:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:46:56 3WWHwhxo
>>149
>>152

俺転職したことないけど、異動で職場が変わることが数回あった。
しかし、どの職場でも理不尽なやつはいる。いないこともあったが稀。
それはどこの会社でも似たようなもんなのでは?上司しかり、顧客しかり。

理不尽な場合でもうまくさばききれないとどこいってもやって行けないと思うが。

159:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:49:49 vhSxlPp5
>>155
理不尽の定義、程度、パイ、君のゆとり度
で全然話が違うから

お客様は神様


168:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:54:48 AHGfiKrX
>>155
同意いたします。
ただ日本の場合は極端に雇用が硬直化している気がします

欧米では単身赴任が存在しません。
会社を移ればいいと考えるそうです

日本では考えられませんね。


162:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:50:30 wi40Tqqe
中高年の雇用を守るためにその子供世代が犠牲になってるのか


166:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:53:39 KL+26Zy+
>>129にある内容はその後に出てくるものであって、勧告の一部に過ぎない。

Reduce the gap in effective protection between regular and non-regular workers and tackle discriminatory practices in wages and benefits.
This would include increasing the employment protection and social security coverage for fixed-term, part-time and temporary agency workers,
while easing the employment protection for workers on regular contracts.
These measures need to be developed and implemented as a part of comprehensive reform package to enhance both security and flexibility in the labour market.

「15〜24歳の若年層で、長期失業率が10年前の18%から21%に増加した」というのは、数字的に在学者を排していないことが
労働力調査における失業率との差異を見ても明白で、進学率が増えているから当然だろう。



170:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:56:55 MV2SHsit
いわゆる大企業の正社員リーマン(20代)だが>>1で書いてあることを
実感する実例

(1)正社員はうつ病とかいって長期休んでも首にはならない。
 →お前にとって健康を害すような職場はやめたら?替わりに体力ある
  若手とったほうが会社のためだろ。

(2)景気が悪くなると派遣のネーちゃん、おばちゃんは首になる。
 →雑用を快く引き受けてくれる人がいなくなる。自分が雑用しなきゃ
  ならんくなっていらつく。

(3)最近は60歳以上の雇用確保とかいいだして65歳まで雇用を延長しだす始末。
 →なぜかノウハウのある爺さんたちはやめていく。
  さすがにこの年になると健康的に難のある方々も多くて正直何しに会社
  にきてるか分からない人達多数。同じ給料払うんだったら派遣社員でも
  いいから健康で柔軟な若手雇った方が会社のためだろ。

今の若手にとっては入社は狭き門だけど入ってしまうとどんなに駄目でも
安定した給料がいただける不思議。

172:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 01:58:57 YHM6EZXK
公務員はこれから大変だと思うよ。
製造業以上に。

製造業に限らずこれからの産業は、モノを造るんじゃなくて、価値を創造することに重点が置かれるようになる。
それでも、各産業にはその可能性が十分に残されている。
そして、公務員にも価値の創造が求められる時代。
それが必要ない業務は、どんどんアウトソーシングされてしまう。

174:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:00:29 HZD6i2MA
>>172
>>そして、公務員にも価値の創造が求められる時代。
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   
        |      (__人__)     |     ないない。
         \     ` ⌒´    ,/      自動的に税金が入ってくるんだから。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



177:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:05:13 3WWHwhxo
>>159
理不尽?筋が通ってなく、ガキみたいな奴。定義が難しいけど
普通の人なら大概キレる言動・指示を出す奴。ちなみに俺今年28。
習った円周率は3.14926535。よく知らんが多分ギリゆとりではない

顧客は神様なんて思ってねえ。確かにいい顧客もいれば、
しょうもない言いがかりつけてくる奴もいる。
まあ、BtoBだから後者はめったにいないけど

>>168
企業の門戸は開かれてるだろ。何をもってして硬直化していると判断している?

179:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:07:18 3WWHwhxo
>>177
やべえ、円周率書き間違えた
3.1415926535だったっけ?自身なくなって来た。。。


181:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:09:43 vhSxlPp5
>>177
そんな組織あるんだ

小売だろうがBtoBだろうが金出してくれるのは神様でしょ?

あと円周率は間違ってる
君が欠陥人間だっただけか・・・


184:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:18:19 3WWHwhxo
>>181

なにい>>179も違うのかYO
ごめん。欠陥でも何とでも呼んでくれ。

割とでかい組織だからな。色んな奴がいるよ。
数は多くないけど、ある程度でかい規模だと必ず1人はいるな。

顧客に関して言ってることは理解できるが、
顧客サイドの金さえ出せば偉いんだという考えが気に食わない。
というかコンシューマの最近しょうもないクレーム大杉

186:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:22:47 HNSUI+Qy
>>184
>>179は合ってる

187:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:22:59 vhSxlPp5
>>184
時間差だった、>>179は正解 ゴメン

だから変なヤツを雇い続ける会社がおバカさんなんだって

顧客もさ、費用(苦情対策費)対効果(粗利)で
ウンコだったら切れば?

192:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 02:50:31 it974bCP
>>1もなんか違う気がするんだよなー。
女が急激に社会に出すぎたせいじゃねーの?
いままで、20代で結婚相手見つけてさっさと退職して、子育てして30半ばからパートで見たいなのが、
結婚もしないで、会社に居座る、もしくは、子供生んでも3ヶ月で保育所に外注してまた働き始めたりする女が増えたからな。

2000年から急激に増えているし、うちの会社では女性を優先して採用するようになんて通達もあったぐらいだからな。

210:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 03:50:05 6oTvRs/u
>>204
例えば、中途採用を排除した新卒採用をみても機会平等とはいえない。
新卒採用のせいで留年までして来年に備える事態になっているのは異常そのもの。
新規採用・中途採用の区別を法的に禁止すべきだと考える。

正社員の解雇規制が若者の採用の障害になっているのは、OECDだけじゃなく多くの識者の指摘するところ。
>>201に因果関係がわかりやすく書いてある。


212:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 04:10:58 3WWHwhxo
>>210

中途採用を排除して新卒採用しかしてない企業なんて聞いたことないぞ。
あったとしても極端な例じゃないの。それを一般的なものとして
機会平等じゃないと主張するのはいかがなものか。

ちなみに新卒採用の絶対数は年々増加傾向にある。
大卒者がかなり増えているため、昔と比べ、有効求人率が低下しているように見えるだけ。
大学生があぶれるのは当然の帰結。そこを企業に吸収させるために
法律を使ってまで、企業の雇用体系を強制的に変えるのは拙速すぎないか。

新卒採用の絶対数が増えているのに、
正社員の解雇規制が若者の採用の障害となっているというそもそもが微妙。

そのへんをどう説明するんだ?




211: 名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 04:04:01 bFrFEPyP
追加してもいいよ

正規社員を解雇しにくいことの弊害 追加

・中高年の雇用を守り若者の就職機会を奪うので、世代間格差拡大。
・人材の移動が容易でないので、産業構造の移転が起こりにくい。(成長産業が育ちにくい)
・新興国との競争により、雇用は有利な条件の海外に出て行く。
・雇用が硬直しているので、人材を有効に使えない。
・いったんアウトサイダーになると就職が難しいので、自殺や鬱病者の問題が多数発生。
・ゾンビ社員の雇用保護により、社会全体で賃金低下を招く。
・再就職が容易でないので、会社にしがみつく生き方になり、過労死や
 長時間サービス残業などのワークライフバランスの欠いた生活を強いられる
 ことも多い。
★非正規社員の割合が高くなる。これは韓国やスペインを見ればわかる。
 簡単な例で説明すると、正規の解雇のしにくさをa、非正規の解雇のしにくさを
b、全労働者の中に占める正規の割合をA、全労働者の中に占める非正規の割合をB
 とすると、aA+bBは各国だいたいあまり変わらない値を取るからだろう。aA+bBは
 各国の全労働者の解雇のしにくさの平均値を示す。


216:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 05:04:33 vBNvexeb
じゃあ>>1を書いた筆者は、
自己の主張に従って50代なんだから率先して辞めろよ。

自分は退職金を満額もらっておいて、
後輩たちの退職金を減らすは、年金は廃止するくせに。
片手間でこんな戯言を書いて、恥ずかしくないのかね。




219:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 07:36:15 vOBnlEKO
その若者の親世代が45後半から60歳までの中高年だろ。
そんなに中高年を老害扱いするんだったら、まず自分の親をやめさせろよ。

>>1にしたって、極少数の人間の話をさも全部がそうであるかのように書いた妄想記事だし、
たまたまその記事にマッチした極小の人間達がえらそうなこと書いているけど、
所詮隣の芝生をうらやむ賤しい人間の独り言。

ほとんどの人間は、もうちょっとお金が欲しいな〜程度の不満はあるだろうけど、
みんなささやかながら小さな幸福を持って暮らしているんだよ。

226:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 08:11:27 7Q9aJiTy
>>1 
年齢に関係なく非正規雇用を使い捨てる様な雇用環境を是正する事が先決だろ。

244:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 09:36:41 lPephJ1L
でもひとつ疑問なんだけど大手は安定して高給だから若者が行きたがる気がするけど。
この主張の通り中高年はリストラ当然、40代になったら有能な社員以外全部首切りますよ。
でも業績上げてるから大手ですよ。
そういう企業に若者は勤めたいものなんだろうか。



249:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 10:16:16 wXHBYIQU
このままだと治安が悪化し、職にありつけない若者に老害狩りされんじゃないか

276:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 12:05:32 mzAJ34Iy
>>1
この記事書いた奴って馬鹿じゃないのw
日本のサラリーマンの6割以上が中小企業勤務。
誰だって条件の良い大企業に入れるならそりゃ入りたいだろう。
しかし求職者が多くなれば倍率が高くなるから入りにくくなって当たり前。

はっきり言って既得権益を壊した場合は日本経済が終了する可能性大。
日本の中高年は住宅ローンを抱えて子育て中の家庭が多い。
それなのに中高年の待遇を悪化させたら子供が進学不可能or退学せざるを得なくなる。
もしくはアメリカの様に多額の借金をして大学に通うことになる。
さらに住宅ローンも払えなくなったら最悪の場合は一家離散ですよ。
人生で一番金のかかる中高年世代を保護するのは政策上正しいと思う。

だいたい新卒や若年者もいずれは歳を取るのを忘れているんじゃないかな。
世代間対立を煽っても正直意味が無い。
それよりも累進課税を元に戻し、資産税を導入して格差是正を目指した方がマシ。
貧乏人同士を潰し合わせるより先に金持ち連中から搾り取るべきだろう。

277:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 12:33:23 LwrtQv7W
>>276
藻前、記事を読んでないだろ

>誰だって条件の良い大企業に入れるならそりゃ入りたいだろう。

なんで誰でもそー思うのか?
それで日本経済はこれからいけるのか?
つう話を延々しているのに


281:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 12:56:15 Vn9/UULD
竹中平蔵氏

>終身雇用、年功序列という雇用形態への偏重から訣別し、同一労働同一賃金の原則の確立("日本版オランダ革命")に取り組むべき
http://www.youtube.com/watch?v=K6V6gcI4x8g
>正規雇用と非正規雇用の区別をなくそうということです。現実問題として、正規雇用と非正規雇用の格差はひどいです。
>同じ仕事をしているのに、片や生産性よりもはるかに高い賃金をもらい、片や生産性より、それを補うためにはるかに低い賃金でやっている。
>このような格差は、ほうっておいてはいけません。ところが、これには労働組合が反対します。
>しかも、パートの人が保険に入るのに対して経営者も反対します。経営者はやはり自らの改革をすべきです。
http://web.archive.org/web/20071110022417/http://www.genron-npo.net/campaignmani_article/002058.html
>経済成長率を高めるため、一層のプロ・アクティブな改革が求められるが、特に労働分野に関しては、
>この国における最大の格差、正規労働者と非正規労働者の間の不平等を解消する「労働ビッグバン」が求められる。
>具体的には、正規労働者と非正規労働者がそろって、社会保険、医療保険や年金に加入できるシステムを早急に構築しなければならない。
>そのためには経済界は応分の負担を強いられ、また労働組合も既得権益を捨てる覚悟が必要だ。
>同一賃金、同一労働に基づく労働の最適配分こそ、経済成長の基礎となるからである。
>同時に税制改革、特に起業家をインキュベートするエンジェル税制の立ち上げや、資本市場の整備も望まれる。
http://sfc-forum.sfc.keio.ac.jp/forumnews/news80/forumnews80-1.html

勝間和代氏

>その時のコメントの中で、私が耳を疑ったのは、石原議員が派遣法緩和の目的について、
>はっきりと「非正規の職種を増やしたのは、高年齢の正規雇用を守るため」と言い切ったことです。
>日本において、終身雇用の制度は既得権益として確立していて、中高年だけがその利権を享受していることが、現在の若者の雇用の問題の根本にあります。
http://morningmanga.com/katsuma/.html

伊藤元重氏

>日本の雇用制度は重要な転換点に来ている。企業だけに雇用責任を押しつけるのではなく、政府や社会が雇用を作る仕組みに転換する必要がある。
>北欧やオランダなどで行われているように、企業にもっと解雇の自由を認めると同時に、
>職を失った人の転職と所得保証を徹底的に政府が面倒を見る制度を検討する必要がある。
>解雇の自由度が高まればこそ、企業ももっと気軽に新規雇用に踏み切れるというものだ。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business//biz-n1.htm

283:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 13:22:21 oSTpYnLH
中高年の高給高止まりを廃止して減給、どうしようもない奴は解雇して、若者への配分や新規採用につなげるだけでもっと活力のある社会になるのに。

303:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 16:23:25 lPephJ1L
なら若者は能力主義がいいなら全部外資に行けばい。
安定した雇用を求めて大企業を受け、でも自分達より上の世代は全部無能は首切って欲しい。
???わけがわからない。
なんか中高年はリストラしてね、でも自分達の世代は定年まで勤めさせてねという感じ?




333:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 17:44:59 cBO3ilh0
OECD(経済協力開発機構)は日本における労働市場の二極化について、
度々、これを是正するよう求めている。

2006年の対日審査報告書では、「格差問題」に一章が費やされている。
日本は従来、所得の不平等度が少ない社会と見られてきたが、
「最近は所得格差が拡大している」と警告している。
その理由として、日本は解雇に関する法制が未整備で、正社員の解雇が困難な点をあげている。
「正規雇用への保護が手厚すぎる」がために、
企業は非正規雇用への依存を強める結果となり、
「所得の低い非正規雇用者の増大から、所得格差が拡大した」と指摘した。

「日本はもはや平等な国ではない」と締めくくっている[3]。

以降も連年、同様の指摘が行われているが、
その骨子は「日本はOECD加盟国のなかで実質的には最も解雇規制がきびしい国の一つである」
「正社員の解雇規制が強すぎる、すなわち一度雇ったら
解雇や賃下げが困難であるがゆえに、企業に正規雇用のインセンティブを失わせている」というものである。

2008年には、特に若年層における失業や貧困の拡大を問題視し、
「Japan could do more to help young people find stable jobs
(日本は若者が安定した仕事につけるよう、もっとやれることがある)」と
題した報告書を発表。その中で「正規・非正規間の保護のギャップを埋めて、
賃金や手当の格差を是正せよ。すなわち、有期、
パート、派遣労働者の雇用保護と社会保障適用を強化するとともに、
正規雇用の雇用保護を緩和せよ」と勧告

345:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:09:15 6oTvRs/u
わかりやすくいえば、
現状は、無能なお父さんが800万円もらい、新卒の息子が無職のニート。

これを雇用流動化、同一労働同一賃金に近づけることで、
お父さんが500万円に減給され、その代わり息子が就職できて300万円の収入。

後者の方が遥かに健全で、日本経済の活力も蘇る。


346:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:12:20 D1XhVlZ3
>>345
現実は

無能なおとお父さんは解雇 再就職は無理
新卒の息子は非正規の形での就職で300万の収入
もしくは正規で就職、3年後にリストラ

本当に健全だわ



352:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:25:39 6oTvRs/u
>>346
雇用流動化で無能なお父さんもリストラ後、それなりの仕事にありつけるようになる。
息子の給料が300万円なら、企業はあと二人雇うことができる。

息子が将来リストラされるかどうかは、息子の努力しだい。
能力給になれば今以上に努力が評価されるようになり、労働意欲も掻き立てられる。


353:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:28:32 yqyhKOBd
>>352
無能中年に仕事なんてあるわけないだろ
現実ばなれしている


354:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:29:09 D1XhVlZ3
>>352

そうかな。
日本の現状だと中高年は雇わないで若者を雇う気ガする。
家庭もっていないから他人の親がどうなろうが構わんが、気の毒な気もするよ。



355:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:30:19 3WWHwhxo
>>352

大手だろうがどこだろうが既に人員整理やってるよ。
転籍しかり、早期退職しかり、酷い場合はリストラしかり。

ちなみに職務給と間違えてないか?能力給って年功序列のことだべ







356:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:32:05 5iJlSDSg
年金受給年齢が画一的なのをどうにかしないと、公務員、独法、大企業、組合専従なんかは高給のまんま、あぐらかいて、
どっぷりと椅子にかけたまんま動かない。薄給取りの60歳、65歳とは訳が違う。
国民年金と生活保護の逆転もひどい話だし。
公務員、独法、大企業、組合専従の全てが無能とは言えないが、8割は20代30代の若者や女性に変えても差し支えないのが実態じゃないのか。
余人をもってしても変えがたい・・ならばしかたないが、大したスキルも語学力も無いなら古参にお引取り願うのが正論だろな。
市と県の外郭団体への横滑りと天下りを厳格に禁止して、原則アウトソーシング化して民間にやらしたら、それだけで50万人くらいの雇用創出になる。
市役所、県職は原則50歳で定年、そのあとはハロワに通えってえの。

363:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:46:15 y3xaXEto
おまえらの話は
中年は無能で、新卒は有能。

アホかw

366:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:49:53 5JJG/7HJ
>>363
中年は経験を積んでるからな
よっぽどの無能でも無いかぎり首になっても新卒より早く仕事が見つかるはず
実際に同一労働同一賃金の国では経験が少ない人から切られる


371:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:52:39 yqyhKOBd
>>366
妄想だな
そんなことは絶対ありえない


376:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 18:58:12 OXxRAU/V
>>1-5
そんなん今更指摘されなくても分かり切った社会のルールだろ。

自分が敗北したからと言って、社会にルールの変更を求めるなんて甘えだよw
そもそもルールを変えたところで優勝劣敗の法則は変わらないのだから、
劣位にあるものが勝者になることはない。
変わったルールでも優位に立つのが勝者なのだから。

でも敗者とて人生を諦めろということではない。
同じ土俵での勝負は結果が目に見えているのだから、
別の次元、自分にとって有利な環境で勝負しろってこと。

378:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 19:00:30 5iJlSDSg
国・県・市。ガス・電気・通信。これらライフラインってのは全て役所と公共事業会社が握っているわけなんだが、
一寸だけ入社の難しいとこ・・ってことで彼ら(役所の道路維持課とかガス会社とか)が高給取るのも「まいいか」的なところがある。
しかし、それぞれに管理者が異なり、膨大なインフラをメンテナンスするのに高いコストが掛かっている。
需要の増加や新技術の伸びシロが頭打ちになり、需要に不釣合いなメンテナンスコストを国民が払い続けねばならないなら、
いっそのこと国道1号線も通信線もガス管も下水道も同じ管理会社に管理させた方が効率的だ。
電力は電信柱から住宅までと、発電所のみをフィールドとし、ガス会社はガス貯蔵と末端部分のみを管理対象とすればいい。
通信は局と住宅引き込みのみとし、道路も国道から能動まで下水管や電力線等と一緒に管理すればいい。
ライフラインのラインを一括管理する地域会社を作って、役所から切り離したらどうかと思う。

380:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 19:04:05 tX0obQt4
中年だけどうつ状態になったら普通に首になったよ

386: 名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 19:16:50 bFrFEPyP
このように労働市場の二重構造は国際的にも批判されるべき物である。
日本の法律家がガラパゴス化に拘っているのは遺憾である。


スペイン 労組が基盤の政権に労働市場改革は聖域

スペイン:労働市場の二重構造解消が課題

スペインは、外国企業などから「雇用制度が硬直的」と批判を受ける一方、
非正規雇用の割合が約3割と、先進国の中でも群を抜いて大きい。

労組が基盤の政権に労働市場改革は聖域
政府は、労使機関や専門家などと1年以上にわたり労働市場改革をめぐる
交渉を続け、7月末をめどに何らかの合意が発表される予定だったが、
経営側と労組側の双方が妥協せず、決裂した。CEOEはOECDなどの国際機関
や欧州中央銀行総裁からの改革勧告をバックに、「スペイン労働市場が
抱える二重構造の撤廃」を求めている。しかし、正規雇用は強い労組が
得た強固な既得権で、2大労組の1つであるUGTを主要支持基盤とする
サパテロ首相率いる社会労働党政権には、手がつけられない聖域と
なっている

http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07000114/R2.pdf

404:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 20:18:37 EYayk8xI
中高年のどこに雇用があるん?
まったくなしだが・・




409:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 20:25:01 hrsMki9n
>>1
人事部がつぶやき

ゆとり世代は理系に弱くて使えない
この世代の代わりは中国、韓国、OB・・・ゆとり後の世代まで20年長いな〜



417:名刺は切らしておりまして 2010/03/28(日) 20:54:45 ppJzaI4b
中高年の雇用守られてるか?
現場なんて派遣の若いのばっかだったぞ
いまはそいつらも切られて人出がたらんで
儲からんのに忙しい

428:名刺は切らしておりまして 2010/03/29(月) 00:07:23 hBjPC9jm
どんどん減る就業者

9月 就業者数:6295万人、完全失業者数:363万人、非労働力人口:4392万人
10月就業者数:6271万人、完全失業者数:344万人、非労働力人口:4438万人
11月就業者数:6260万人、完全失業者数:331万人、非労働力人口:4462万人
12月就業者数:6230万人、完全失業者数:317万人、非労働力人口:4506万人
1月 就業者数:6213万人、完全失業者数:323万人、非労働力人口:4507万人

すばらしきかな
鳩山恐慌

429:名刺は切らしておりまして 2010/03/29(月) 05:06:09 I0fjcopo
>>428
団塊の大量退職って聞いたこと無いか?


437:名刺は切らしておりまして 2010/03/29(月) 12:40:39 PlXXBxqv
>>428
民主党は、老人と団塊の優遇に興味はあるが、若年層の雇用には興味があるフリをしてるだけ。

本気で雇用対策などするつもりはないし、自民政策のひきつぎ以外で、雇用対策など全くしていない。
もちろん、フェミニズムイデオロギーで、「女性の社会進出」には莫大な予算をつけているけどね


434:名刺は切らしておりまして 2010/03/29(月) 10:12:35 hBjPC9jm
>>429
ダンカイガーw

しかも毎月毎月ねぇ
でもって辞めた後補充はしないのねぇ


posted by 2chダイジェスト at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。