2010年02月27日

【コラム】欧州の「ブラックスワン」は日本に飛来するか 金融危機のあとに財政危機が来るのは歴史の法則(池田信夫) [10/02/18]

1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/02/18(木) 23:33:42
 本誌の今週号の特集は「ユーロ危機」。ギリシャに始まったPIIGS(ポルトガル、アイル
ランド、イタリア、ギリシャ、スペイン)と呼ばれる諸国の財政危機が、かつての中南米や
ロシアのような国家破綻をまねき、世界経済を大混乱に陥れるかもしれないと報じている。

 特に深刻な問題は、ギリシャ政府の多額の隠れ債務が明らかになったことだ。昨年、パパン
ドレウ政権が発足したとき、それまでGDP(国内総生産)の6%程度だった2009年のギリシャ
の財政赤字が、実は12.7%だったことを新政権が明らかにした。さらにブルームバーグに
よれば、ゴールドマン・サックスが150億ドルにのぼるギリシャ政府の通貨スワップ取引を
隠していたという。

 これはギリシャだけの問題ではない。PIIGSをはじめ各国政府も、スワップやCDSなどさまざ
まな証券化商品を使って政府資産を運用しており、その多くが簿外になっている。さらに
年金債務など公式の統計に出てこない債務も多いため、疑心暗鬼によってPIIGSの国債価格が
下がる。これはサブプライムローンのときとよく似ている。

 このように誰も予想しなかった危機が突然、表面化する現象を、ナシーム・タレブはブラッ
ク・スワンと呼んだ。それが危険なのは、ふだん意識していなかったため、いったんブラック
・スワンが登場すると、みんながパニックになってしまい、2008年の「リーマン・ショック」
のような群衆行動が起こるからだ。政府に隠れ債務があるというのは誰も想定していなかった
リスクであり、それが衝撃を大きくしている。

 この問題は日本と無縁ではない。18日の東京外国為替市場ではユーロ安・ドル高が進み、
円は91円台と2週間ぶりの安値をつけた。市場関係者によれば、円安の要因には日本の政府
債務への懸念が含まれている。これまで国債の残高がふくれ上がっても政府が安閑として
いられたのは金利が低かったからだが、金利が上がる(国債価格が下がる)と、国債の償還に
あてる国債費が増えて財政赤字がさらに大きくなる。日本国債への信認が下がって売り逃げが
始まると、さらに円安が進む・・・というパニックが起こる可能性もある。

 日本の政府債務のGDP比は190%と、ギリシャの110%をはるかに超え、おまけに年金の隠れ
債務も500兆円以上あると推定される。これは現在の年金を清算しなければ顕在化しないが、
もし今回の事件をきっかけにして政府債務の会計基準が国際的に透明化されると、日本の
政府債務は個人金融資産の残高1400兆円を超える。「国債は国内で消化できるから大丈夫」と
いう楽観論も根拠がないのだ。

 邦銀の運用能力が低いために、日本は2008年以降の金融危機に巻き込まれないですんだが、
金融危機のあとに財政危機が来るのは歴史の法則である。この第2のブラックスワンは、
日本に飛来するかもしれない。

ソース:ニューズウィーク日本版
http://newsweekjapan.jp/column/ikeda/2010/02/post-135.php


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】欧州の「ブラックスワン」は日本に飛来するか 金融危機のあとに財政危機が来るのは歴史の法則(池田信夫) [10/02/18]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 【現地記者に聞く】ギリシャ、国民の多くは政府計画を支持
Yahoo!ニュース 【 買い鈍化する日本国債、財政再拡大リスクで期初の金利上昇に警戒も
Yahoo!ニュース 【 ギリシャ債務問題が一服、東京市場は方向感ない展開
Yahoo!ニュース 【 日経平均は大幅続伸、欧州債務問題への警戒感が緩和
Yahoo!ニュース 【 情報BOX:ギリシャ・スペイン・ポルトガルの債務問題、今後のポイント

Wikipedia 【 国債


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(285中) 】


5:名刺は切らしておりまして 2010/02/18(木) 23:42:54 8WTgB2lx
>>1
3行で頼む

32:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 04:09:39 b3aQG8yz
>>5
日 本
 は
ホロン部


10:名刺は切らしておりまして 2010/02/18(木) 23:50:51 c3WYm+Ue
邦銀の運用能力は実は高い。
カス商品に手をつけなかった。

積極的で運用能力が高いと見られた機関凍死系は軒並み死んだ!



11:名刺は切らしておりまして 2010/02/18(木) 23:58:48 wAiJ/2l4
>>10
いや、それ、だめな子が廊下に立たされてて給食食べるの遅れたら
食中毒で周りが全滅してたようなもんだから


26:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 02:08:57 hNYk7bcz
>>11
バブルで痛い目みてるからさ、銀行でなくても日本人だったら、
ゆとり以外はひっかからなかったろ。

自分らがやってきたことと全く同じことを目の前で見せられて、
それでも繰り返してたら、ただのゴミ。


29:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 02:29:18 IkEruQ7k
>>26
農林中金やみずほはゆとりか



53:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 18:11:28 mLbGAsR/
>>29
農水大臣が死んだのはそれが原因だろ
アホかてめえ


14:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 00:02:32 dXHIQMIi
>>10
邦銀は、日本国債を買いまくってるから、死ぬときはみんないっしょだw


18:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 00:08:33 x4fyBaUi
>>1
池田にいくら金貰ってんだ?糞

21:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 00:13:15 P+7HvMp0
通貨統合した時点で、ユーロの負けは決まってただろう?JK
コレを見ていながら、アジア通貨統合とアホな事言ってる日本の総理は
首吊ってお亡くなりあそばせ

22:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 01:07:48 ndaRRz/W
なんか、最近ニュースで日本に黒鳥が来たのやってたな
渡り鳥ではないから、どこかの施設から逃げたらしいのだが
それはどこだかわからないとか言ってたわ

25:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 01:50:27 RNDoSAns
日本はユーロ圏のように自国通貨発行権を手放してないし、
そもそも日本の債務は自国通貨建ての内債務なわけで、
端的に言って、お金が無いなら刷ればいいだけの話。
日銀法改正して日銀に強制的に国債引き受けさせたっていいし、
いっそのこと政府紙幣を発行したっていいわけで┐(´∀`)┌

それにもかかわらず、執拗に日本の財政危機を覆ってる輩は、
とどのつまり、それによってカネの力が揺らぎ、カネの力に基ずく自らの支配力が揺らぐことを恐れる、
国際金融資本の手先"( ´,_ゝ`)プッ"

27:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 02:10:39 hNYk7bcz
>>25
まあ、正直、財政危機の煽りに乗って、外資も円売りしまくってくれりゃ
いいのに、なぜか買ってるし。
たまらんよ。


39:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 07:45:39 qZZSAxX8
世界中で株価も絶好調ですね
指標もいいし、今回は過去のパターンは通用しないようだ

40:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 07:52:16 M5OTb2zU
>>39
実態を反映していない株価は信用しない方がいいぞ。
ちなみに過去の恐慌がどうだったかというと


43:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 08:18:32 VT7fByfV
今日(NY時間で昨日)公定歩合を引き上げて対FFレートとのスプレッドを正常化し始めただろうが

44:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 08:20:18 Gna6SMZa
>>1
池田云々以前に署名入り記事なら署名まで引用するのが
マナーではないのかな?

まさか署名を入れなかったら全文転載にはならないとでも
思ってるの?

54:名刺は切らしておりまして 2010/02/19(金) 18:22:48 9yjUDt1a
また池田信夫かw

池田信夫氏@ikedanobの検察リークに関する事実誤認
ttp://honnosense.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-50ca.html
>池田信夫×上杉隆が、「検察リークと記者クラブ報道」について公開討論!!

>『 この討論の動画を見れば、池田信夫が、いかにいいかげんな記事をブログに書いているかが、わかります。
>池田信夫は、始終、ごまかしの答弁に徹していました!!!』
ttp://blogs.yahoo.co.jp/konan119269/31010257.html
池田信夫氏に非常にガッカリした件。
ttp://studynet.livedoor.biz/archives/51435768.html
>池田氏の惨敗。
>正直、ガッカリしました。
>っていうより、これはひどすぎるよ?


63:名刺は切らしておりまして 2010/02/20(土) 21:13:26 V04qp9Mq
>>53
おまえは勘違いしているよ。
俺が言いたかったのは、農林中金やみずほは例外的なゆとりではなく、他でもいっぱいありえたということ。
>>11の言うように深入りする前に幸運に助けられたのが正解だと思う。


67:名刺は切らしておりまして 2010/02/22(月) 20:46:18 s+KL/oOm
>ゴールドマン・サックス
こいつらの誘いに乗ったら一時期甘い汁を吸わせてもらえるが
最終的には地獄へ落ちるからな。

69:名刺は切らしておりまして 2010/02/22(月) 20:49:36 RXmTpRZH

>>67
なるほど。

小泉政権時代に、ゆうちょをゴールドマン・サックスに渡すとかどうとか言っていたのは、
GSの力を借りて、ギリシャみたいに国家財政を粉飾しようとしていたんですね。

マジで腐ってるな。



78:名刺は切らしておりまして 2010/02/22(月) 23:54:00 NGnUAOol
>>69
デルタの日航への食指もそれだろ、要するに


81:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 10:12:22 LFDbiM10
俺も海外投資して、日本の国債問題に備えてるよ。
みんなやってるよね?

82:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 17:01:34 NrjytyIo
>>81
そうやった奴のほとんどが沈んだんだよな>>ここまでの10年

結局、郵便貯金が最強だったのさ


85:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 19:40:37 qWOBQFXP
>>82
5年前迄にゴールドに投資した奴はここ迄の10年じゃ沈んだどころか資産を2〜3倍に増やしたが?
郵貯最強なんていまだ喚いてるお前の場合その事実についてはマジで悔しくて触れられたくないんだろ?w


98:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 22:48:53 j7YaMrVC
>>85
100年前にゴールドに投資したお前の爺さんは
100年前と同じ購買力のゴールドをしっかり握りしめてるよ


84:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 17:16:44 jCLK5F9U
ブラックピジョンならもういます

86:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 20:11:53 34+Qi8Gp
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=a__ZH0BycYRA

ネクスト・ギリシャは日本になりそうか?

>>84

ブラックピジョンは、
ヤプール人が送り込んだ超獣だよな。
ヤプール人は宇宙人ではなく、
異次元人。宇宙人に化けているね。



95:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 21:08:36 Da2wKaHt
日本の場合、マジで「金がないなら刷ればいい」だけなのに、なぜか
この世の終わりと言わんばかりに危機が叫ばれるよなあ。
さっさと政府紙幣でもやってしまえばいいのに。

226:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 18:12:42 PRHpSM4v
>>95
この人、ネトウヨが主張する、そっち系の政策を批判してるよ。
刷っても流れないのだから、意味が無いと言ってる。
それから、そんな実質徳政令なんてやった日には、誰も銀行に金を預けなくなる
最近の記事にも「日本人が日本から逃げないことを前提としている」と太字で書いてあった



100:名刺は切らしておりまして 2010/02/23(火) 23:35:00 CaJ8Ck7O
エコノミストってそれなりに幅広く知識はあるし、
モノも書くことができるけど、
一応その道で飯を食ってる人間から見ると浅薄極まりないんだよね。

池田信夫とか典型的。

112:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 07:21:54 BRYebS4n
> 邦銀の運用能力が低いために、日本は2008年以降の金融危機に巻き込まれないですんだが

バカだろこいつ
みんな分かってて買わなかっただけ
池田みたいなバカにバカにされる銀行マン可哀相だなw

113:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 07:37:46 me+JUhHx
>>112
んなわけねーだろ。完全に出遅れて運がよかっただけ。
債権担当者にでも話聞いてみたら?それに邦銀の運用能力は低いのは自明じゃん。


117:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 08:45:19 ZzYFfS4m
>>113
いやいや。商業銀行が基本的にあんな債券に大量に資金を出さないのは当然だけど……
なにを根拠に運用能力が低いと言っているのか知らんが少なくてもデフレ下で国債での運用を増やすのは当然だからな


116:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 08:33:10 uwqxHXRZ
過去数十年に渡り何十人もの評論家が財政破綻は避けられない
と言ってきた訳だが、それでもブラックスワンなのかね?

伝説の「雪男」の方が適切なたとえに感じるが。




118:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 08:47:37 muuHRogD
>>116
少なくとも10年ぐらい前迄は、そんな風に財政破綻を唱えてた評論家自身内心じゃまさか
日本が本当に破綻なんかする訳はない、なんて高を括ってただろうからな。
20世紀の時点で日本の借金がここ迄膨れ上がるなんて予測出来た奴は誰もいなかっただろうからね。


127:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 11:12:05 42dznDnP
大丈夫と言ってた人は、あくまでも、そのうち税収が増え、財政状態が好転する前提だったからね。
こんな政府債務が1000兆円近くなるなんて想定外だから。しかも、加速しながら膨張するなんて想像してない。
だから最近では、もう限界なのではという意見が多く出てきた。

そいつを理解できてない人がいるんだよね。
酷い勘違いした人になると、いくら国債を発行しても大丈夫だとか、全て日銀が引き受ければよいと言い出す人もいる。

130:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 12:09:03 m0/6fzgC
>>127
財政再建できるわけ?
という質問には答えられないだろw
それを目標にしてた大人気だった小泉首相はどんなことしたかね?


133:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 13:26:48 uwqxHXRZ
日本の世界屈指の社会インフラ基盤と民間貯蓄って一体どこから生まれてきたのかな?



135:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 13:32:37 RnJ2pUNq
>>133
世代間搾取と莫大な国の借金の結果


137:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 13:39:47 uwqxHXRZ
>>135
じゃあ国の借金を減らすには民間の余剰資金を戻せばいいわけだ。
世代間搾取ならやっぱりこれまで存命期間が長い個人・法人に
集中的な課税すればいいかな?


143:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 14:04:22 RnJ2pUNq
>>137
安直だね。
失敗した政策の逆をすれば、元にも戻るのなら、簡単だね。


ブラックスワンのスレッドですら、必死に食いついて。
俺たち必死だね…


142:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 13:56:53 RmslIGpJ
歳入と同じ額まで歳出を減らした後で国債暴落させるのも一つの手だよな・・・。
国債が暴落すれば結局、円が大暴落して国内はハイパーインフレに巻き込まれて
国内資金が海外に逃げて日本経済終了になるシナリオは変わらないわけだが。

146:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 14:13:37 ZzYFfS4m
>>142
円次第では外貨準備で国内債務をチャラに出来るのにハイパーインフレとかありえない


150:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 15:06:02 aS8MG9AU
>>142
日本は工業製品の輸出が強いから、円が弱くなるとめっちゃ貿易黒字になるよ
隣の韓国だって、リーマンショック後ウォン暴落したら、韓国の輸出産業が記録的な収益あげて
絶好調じゃん

自国通貨が弱いと困るのは、工業製品の外需型産業が弱い国


144:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 14:04:58 ZsSMEy5g
>米格付け機関のムーディーズは25日、日本の格付け見通しは安定的という見解を示した。
まぁ、こういうことだな。

デフレが続く限り、日銀を始めとした金融機関が破綻するなんてシナリオあるわけないw

153:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 17:52:10 42dznDnP
日銀が国債を全部引き受ければよいと、簡単に言う人もいるが、
それやると、金利は急上昇するよ。
市場は国債の信用を疑い出すからね。
歴史的にもヤバイ前兆な場合が多かったからね。
金融機関とかは手放す動きに出るよ。
そうなると、国債を買い支える為に日銀がひたすら紙幣を発行し、日本からの資産逃避が加速する。
あっという間にハイパーインフレ。
これが最悪のパターンだよ。

だから、日銀は下手なことはできない。
やるにしても、財政再建の道筋をつけないといけない。
放漫財政のまま、日銀引き受けなどしたら、すでに国内消化が限界に近いので、収拾がつかないパニックになる可能性がある。

154:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 18:03:38 uwqxHXRZ
>>153
フリードマンとかブラックスワンとかケインズとかニーチェとかハイエクとか
MankiwとかThe economistとか古今東西の引用を取っ払ったら、池田先生の主張
ってこんな感じだよな。


166:名刺は切らしておりまして 2010/02/25(木) 22:38:41 pJkUP1Xa
スミマセン、仮にハイパーインフレが起ったとしたら株価はどうなりますか?
個別には色々あるのかもしれませんが、例えば日経平均なんかはどうなります?

168:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 00:48:29 hK8mrWi3
>>166
日本が大工業国である限り、ハイパーインフレまではいかない
インフレで円安になれば、外需が順調で税収も大幅増になるから

外需系企業に関しては、インフレ分以上に上がるんじゃね?
電気とか自動車とか中心に

内需型企業に関しては、インフレ分より株価上昇が落ちるのが多いかと


169:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 01:08:11 x3v2lpv0

>>168
> 日本が大工業国である限り

じゃあ、もう、ダメじゃん。
国内に主だった工場は、もう無いよ。w



170:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 01:36:59 EN1S+6oi
>>168
お前がそう言ってるこの現在も製造業の工場はどんどん海外に逃げ出してるんだが?
更に外需にしたって4,5年前のレベルに円安になった時に回復してるアテは?


171:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 02:12:06 d4QagVJ3
現在の状況がサスティナブルでないことは誰の目にも明らか。
そして状況は加速度的に悪化している。
もはや何か大変なことが起こることは避けられない。

173:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 02:36:30 Mn52Sy3C
>>169
>>170

>>168は、世界中の経済学者の一般的な見解と共通する発言なんだけど
低学歴クズニートの巣のにちゃんねるでは受け入れられないかwwww

通貨が下がれば輸出が増えるのは世界中どこでも同じ。


176:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 03:21:14 EN1S+6oi
>>173
だから、その輸出の担い手である製造業の工場がどんどん海外に逃げ出してる現実については?
何勝手に話逸らそうとしてんだ?


186:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 04:23:21 Mn52Sy3C
>>176

円高だから工場が逃げ出してるんだろバカ。

原因と結果を取り違える低学歴は経済語るな。





190:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 04:32:00 LXxViy7s
>>186
解っていないのはお前だろ
何で円高かって言えば日本の恒常的な貿易黒字にあるんだろ
日本を貿易赤字国にしてみな
簡単に円安になる


193:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 04:40:00 Mn52Sy3C
>>190

お前、その場のはったりで適当なこと言ってるクズだろ。





197:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 05:07:53 EN1S+6oi
>>193
ID:Mn52Sy3C
反論出来なくなると低学歴とかクズとかの罵倒しか出来んのか?w
お前のレス見てるとマジでリアル厨房に思えて仕方ないんだがなw


206:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 08:32:23 Mn52Sy3C
>>197

通貨を下げれば輸出が増えるなどという当たり前なことを否定してるからバカだと言ってんだよクズ。

実証的にも理論的にもそれと反する結果が出た国が有史以来あるのか。
クズが脳内妄想を偉そうに語ってんじゃねえよバカ


207:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 09:23:01 EN1S+6oi
>>206
やれやれキチガイがファビョりだしやがったかwww
厨房かと思えばどうやら統合失調症の様だな…可哀想にねw
どんなまともな議論しようとしたってクズとしか言い返せないのがね…。


177:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 03:24:00 ixXFVASG
>>1
この人は、経済記事以外はそれほど悪くもないんだがな

188:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 04:25:54 ixXFVASG
GDPで考えたら、緊縮で削ればそれに付随してGDPが下がるけどな。
構造の改革は必要にしても、なんでも緊縮財政ってのも。

社会保障についていえば、最低でも部分ベーシックインカムにしないともたん。
医療保険と年金ばかり言われるが、介護保険の方がやばい。
でも消費税を増税できるほど景気は良くなく、
中堅層、特に若い現役世代の生活に余裕はない。

結論はもう出てる。

189:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 04:29:19 LXxViy7s
>>188
破綻するまで突っ走れという事ですね
わかります


191:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 04:32:49 KW+TCuiD
>>189
破綻するころには、ここにいる連中は死んでるかもなw
つまり日本の破綻をみることはできない。


201:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 06:41:19 qs/CmPep
政府の借金を問題にしだしてからの政策がおかしいんだよ。
経済規模を維持する程度の中途半端な財政支出を続けることで、経済成長もせず、景気も良くならず、政府債務は
累積してきただけ。
同じ政策が続くなら、今後もこれが続いていくだけ。終わってる。夢も希望もない。
緊縮政策も先にあるのは経済縮小だけ。
道があるのは積極財政しかない。しかも早いうちにやる方がリスクが少ない。
労働者がこれだけ余ってて、モノが売れず在庫がたまってて、遊休設備がたくさんあって、工場の稼働率
がこれだけ低いのが現実なのに、破綻するとかハイパーインフレとかいって積極財政しない方がおかしいんだよ。

202:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 06:48:58 KW+TCuiD
>>201
何に財政出動しろと?


203:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 06:51:50 p7gZ7kg3
国債はほぼ国内で消費出来てるんだからそんなもの発行しないで政府は日銀へ政府紙幣を引き取らせて日銀は日銀券撒けば良いだけ。

円安圧力が強い方法だから製造と矛盾しないだろ。
そもそも貿易黒字で円高圧力があるんだからコントロール出来るし。
市場に出回る円が少なすぎるんだよ。

ここ十年の失策は政府紙幣を発行せず国債を増やした事につきる。
金も供給力もある日本の一人勝ちにする事が出来たのに、支那チョン米欧にまんまと騙されたお前らの負け。






211:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 09:43:15 iVWHsm/Z

カネは借りたら返さないといけない。
しかも利息付けて。

民間なら上記でいいけど、政府が国内で賄う通貨を供給するのに
なんで同じことする必要がある?

工場から新たな価値が生まれ、今まで存在していないモノが生み出された。
なら同じ量の通貨を供給してやる必要がある。
それが出来るのは政府だけだし、その時に金利を付けて借りる必要なんてない。




213:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 13:21:07 Ue/9YvkA
>>211
現金は単なる物の交換手段だからモノを生産したからといって
その分通貨を増やさなければならないなんてことはない
それに生産されたモノも消費や償却されいずれ価値を失う




222:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 15:41:20 iVWHsm/Z
>>213

馬鹿だろ。
交換するのに通貨がなかったらどうやって交換するんだ。
自然発生的に通貨の量が増えると思ってんのか?

米国がここ1〜2年でどれだけ通貨発行量増やしてると思ってるんだ。

モノを増やしたら経済が発展するっていうサプライサイド経済学は
ブードゥー経済学と言われるくらい怪しい学説。

実際は通貨を増やした分しか経済規模は大きくなれない。

先に通貨を増やす必要があるんだよ。
もちろんものすごいスピードで回転させてもいいけどw

だいたい少しづつ貯金やなんやで市場からカネが減って
減った分通帳の数字に化ける。
で、その数字を吐き出させたらいいんだが、
だれも使わない、貯めとくだけ。
そのせいで労働者はますます貧乏になり安いものしか買えずデフレになる。
税金上げて還流できないならジャブジャブ供給する以外にないんだよ。




230:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 19:06:15 +UzEp7L1
>>222
資本主義が健全に発達している時には、通貨の量(マネーストック)は
主に信用創造によって作られます。
これは日銀券の総量(マネタリーベース)の何倍にもなります。
通常はマネタリーベースを増やせば、信用創造を通じてその何倍もの
マネーストックが増えるのですが、現在の日本ではマネタリーベースを
増やしても一向にマネーストックが増えないのです。
つまり誰もカネを借りないと言うことです。
このような状況下では信用創造の逆戻しである信用収縮、つまりマネーストックの
現象すら起きてしまうもので、このような状況下で
「日銀がカネを発行すれば景気がよくなるんじゃ!」
と主張する人は、恐ろしく経済オンチのバカかキチガイだけです。




237:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 21:42:56 iVWHsm/Z
>>230

おい馬鹿、その仕組みを壊せ、と言ってんだよ。
まだ気がつかんのか?w

人口がこれから減って需要が見込めないのに誰も借りないのは当たり前だろ。
現在のシステムはインフレでないと機能しない。
だからといって、すでに起こってしまっている富の偏在を放置していたら国が崩壊する。
デフレでも機能するシステムに変えないといけない。

つまりだ、返済不要の政府の財政出動+ベーシック・インカム
で下支えすればいいんだよ!





219:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 15:09:26 8YlLCROA
め が違いすぎる

>>1 偽物は偽物だ、無理なことはやめろ、どうせ香港の手管だ

このえった記事が、死ね

227:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 18:34:16 nWgervZx
日本から人が逃げなくても、資金は逃げ出すからな。
というより、ちょっとした小金持ちでも資産を分散している。
現実問題として、財産差し押さえなんて憲法停止しないと無理。
ハイパーインフレのほうが遥かに実現可能。
投信とかは販売の金融機関が潰れても、ファンド自体が健全なら資産は保全される。
資金を海外の運用会社が運用してる場合、よほど正当な理由がなければ差し押さえに海外金融機関は応じない。
ただ、運用成績が悪く、ファンド自体が存続してるかという問題はある。
株の直接投資も、企業自体が存続してるかが問題。
国債・現金預貯金はインフレとデフォルトによる価値の毀損を考慮する必要がある。外貨建の場合は為替リスクがある。
金は高値掴みすると永久に元はとれない。値上がり前提でないと、意外と安全とは言えない。

資産も一長一短なんだよな。どれも絶対安全はない。

231:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 19:08:40 +UzEp7L1
>>227
実際問題、米国や欧州といった大金融市場が軒並み死にかけているので
日本が少々やばくなってもそう簡単には日本からキャピタルフライトすることは
無いと思われます。



233:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 19:21:55 3Y8GsD0i
>>231
そこはどうなんだろうなぁ。
10時間分の酸素しかない空間に閉じ込められて
欧米は外に出る為に酸素を使い果たし掛けたのに対し
日本は息を殺すことで15時間位生存出来そう
ってだけだから・・・


232:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 19:15:08 vhvVLHQX
>「国債は国内で消化できるから大丈夫」という楽観論も根拠がないのだ。
根拠がどうこういうなら
>ブラックスワンは、日本に飛来するかもしれない。
と、悲観論になる根拠もないと思うがなあ

236:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 20:39:54 0n/uxd2a
>>232

国債暴落で一儲けしようという連中がいることは確かなんだよね。
今回のギリシャでもいたしね。そういう連中が日本に手出しできなか
ったのは、ひとえにほとんど国内で国債を消化してたから。それがで
きなくなると、ブラックスワンは飛来しやすくなる。


239:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 22:30:50 Zvq3deWm
まぁ兎に角一回国債暴落経験してみれば良いんだよ。
そうしないとこの国は自主的に変わる能力が無いから。

241:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 22:44:55 ybRWE2ea
>>239
そんな感じだね
努力なくすべてを解決できる魔法が存在すると信じてる人がこんなにいるなんて


240:名刺は切らしておりまして 2010/02/26(金) 22:37:48 XEvwToCc
>>1
>年金の隠れ債務も500兆円以上あると推定される。

将来的な年金支払いのことか?
それを出すなら将来的な年金掛け金収入も含めて論じるべきだろうよ。

そもそも年金支給したら、消費か新たな貯蓄に回るのだから
金が消えて無くなるわけじゃない。

243:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 00:40:26 PIuvucev
簡単なのに政治家って誰もやらないんだよな

消費税を15%に引き上げ、益税額を100万までに引き下げ

特別会計制度を廃止して一般会計とセットにした予算制度に
してから約200兆のうち5−10兆円を歳出削減する

生活保護の現金給付額分を減らして空き家を利用したり
フードスタンプみたいな現物支給にする

老人医療費を一割から二割に引き上げる

年金支給開始を70歳に引き上げ

子供手当ては廃案、高校無償化も廃案、代わりに
保育所と老人ホームを増やす

所得税最高税率を50%に引き上げ

宗教法人から課税、医師優遇税制の廃止

全国公務員人件費を5年かけて10%引き下げ
5年後から地方分の額に相当する額を交付税から減らす

業界再編の促進 各業界は2社体制までにして国際競争力強化
例 パナ+三洋+シャープ+ソニー、東芝+日立+三菱電機
例 トヨタ+マツダ+ダイハツ+いすず
  ホンダ+日産+スズキ+スバル
例 新日鉄+神鋼、住金+JFE

教育は知識重視からアイデア、デザイン、思考・論理重視に
教科書や科目、教え方、入試等全面変更



247:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 03:55:39 GpXiJJJ7
池田さんが国家や経済を理解してないとこまでわかった。

彼は、人々が国家や集団の幻想の中にいて戦争さえする
という事実をどう考えているんだろうか?

日本国債の90%以上を日本国民が所有しているというのはそういうこと。

248:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 04:01:59 cAXkKI0p

>>247
意味不明。
石油・原料・食料の輸入が止まれば、国民の60%は死に晒される。



249:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 04:07:16 GpXiJJJ7
>>248

外国が日本の膨大な需要を無視するメリットがどこにあるんですか??


251:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 04:10:38 cAXkKI0p

>>249
外国とか関係なく、借り換え債がさばけなければ日本は自滅する。
それだけのこと。



252:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 04:18:57 GpXiJJJ7
>>251

>日本は自滅する。

自滅とはどういうことですか(笑
日本の歴史を見ればわかるが、破綻も大量死も経験していますが
日本はなくなっていませんよ。生まれた国(場所)のために戦争までする
狂った存在が人間。日本もアメリカもヨーロッパも特有の文化が存在する
かぎり国はなくなりません。歴史を学んでください。


253:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 04:26:39 cAXkKI0p

>>252
自滅とは、国民にとっては食料の調達に問題が発生することですが、官僚にとってはプライドが引き裂かれるということです。
官僚が能無しであったことが、立証されるということです。w



254:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 04:27:22 mkXiXZJc
>>252
えっ、無くなった国って歴史上無いんですか?知りませんでした。
勉強になります><


259:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 06:35:28 YyC+nc5e
為替は数年後のことなんて織り込まないよ。
なんか勘違いしている人が多いけどね。一年前にギリシャの財政
にほとんどの人が注目しないで為替取引してなかったのと同じ。
現在問題が無いと思えば関係ないのさ。株だってせいぜい半年から
1年先くらいしか見ていない。数年後を考えて投資してるのなんて、
極一部の長期投資家くらいだよ。現時点でまだ国債の国内消化できる
との判断なら、為替相場は動かない。

263:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 07:08:53 1aCZKT8h
>>259
アメリカとか日本とか他の国もバンバン発行してるから
ソブリンマネーが足らなくなって来てんじゃね?


264:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 07:55:14 ERuLhFY8
>>259
破綻が明らかななものを織り込まないなんてありえないね。
証券化商品は破綻まで、最新の金融工学で設計された優良商品だと思われ、インチキ性が疑われなかった。
ギリシャ国債も、共通通貨建により起こった問題で、前からこのリスクを指摘していた人は見たことがない。
いずれもリスクが見つけられてなかったためで、だから織り込まれてなかった。

機関が日本財政の破綻が近づいていると予想してきたなら、日本国債を買ってきたわけがない。
破綻するまで持ってるなら、いつか皆が投げ打ってくる。大暴落はバカでも予測がつく。
その前に少しずつ売り逃げないといけないということもアホでもわかる。
でも現実的にそんな行動はしていない。
テレビでも新聞でも財政h破綻だ長期金利が上がるだとずっと言われてて、もしそれが本当なら織り込まれてないと
おかしい話だ。
勘違いしてるのはそっちだな。


267:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 09:58:17 YyC+nc5e
>>264

日本政府がこれほど債務残高を膨張させるなんて想定外だったと思うよ。
大概の人は、いつかは歯止めがかかる、いざとなれば消費税アップで解決
程度の認識だったから。それが歯止めがかかるどころか、税収は40兆円を
きり、新規国債発行が税収を上回る状況が何年も続きそうなんて想定して
ない。金融機関も、一斉に手放すと、自ら暴落を招くからね。売るにい売
れないのさ。このところ、金融機関系のアナリスト達から、日本の財政への
懸念が多く出てきたのは、国債暴落を懸念を初めているからだ。

為替取引の連中なんて、トレンドで儲けているので、売りがトレンドとなれば、
一斉に円を売り浴びせする。値上がり期待とかの投資じゃないから。何か理由を
見つけて流れを作り、その流れに乗って儲けている。そういう連中が日本の財政
に目をつけて、通貨・債権の売り浴びせをするのが危険という訳さ。


260:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 06:52:20 ipt0YP0t
海外に国債を買ってもらわねば消化が危ういと
市場が判断した時点で日本国債は売られる。
すなわち長期金利が跳ね上がるというわけだ。
TVのコメンテーターって日本人が買えなくなるから
外国に買ってもらおうと言っているのなら大笑いだ。

261:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 07:02:01 YyC+nc5e
>>260

立場上不安感を煽るようなことは言えないでしょう。
なにせ自分たちが在籍する金融機関は国債でお腹いっぱいなのですから。
まあ、今の利率では海外への国債販売は無理。金利が上昇すると、利払い
の方で財政がアウト。デフォルトとかハイパーインフレは極論しても、日本
が相当苦しい状況に追い込まれるのは確かだと思う。


272:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 11:21:47 ERuLhFY8
話が通じないねえ。
ギリシャだって、一年前に予測できてたなら、とっくに織り込まれてたさ。
日本が財政危機で破綻するとこれだけ言われてきて、実際に2、3年後に破綻して紙切れになることに
説得力があるなら、今の時点で一体どこのバカが買うんだ。
破綻直前半年前になって突然大暴落ですか? 考え方がついていけないね。
財務省の財政危機キャンペーンに素直に引っかかってるのもどうかしてるね。

273:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 11:34:00 YyC+nc5e
>>272

誰が紙くずになるなんて言った?
俺はハイパーインフレもデフォルトも極論と言ったはずだけどな。
ただ、日本経済は苦境に追い込まれるし、生活水準を更に切り下げる
ことを強いられる危険性が高いと言っているんだよ。財政問題は数年後
には日本経済の足を間違いなく大きく引っ張る。どんな楽観論者も、財政
問題は放置しても大丈夫なんて主張してる奴なんていない。あくまでも一時
的なら大丈夫。景気回復後に財政再建という考えだ。結局は財政再建は
必要なんだよ。

それとも、デフォルトやハイパーインフレさえ発生しなければ、
どんなに生活水準が下がっても、それは大丈夫という発想なのか?


279:名刺は切らしておりまして 2010/02/27(土) 12:31:44 ERuLhFY8
相変わらず、インフレ政策→政府が債務を圧縮するためっていう見方しかしようとしないんだな。
そりゃインフレ政策には政府債務の目減りの目的もあるが、そんなの100年200年って超長期で考えりゃいい話じゃん。
政府が借金を一気に消そうとするメリットがどんだけあるんだかね。社会的混乱を起こすだけなのがわかりきってるのに。
超長期で債務負担は減ってくのにわざわざそんなことする必要ないのに。

posted by 2chダイジェスト at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2月26日

無職のお前等でも年収三億円になるバグが子供手当に!
ttp://netouyonews.net/archives/2748832.html

35歳で昇級ストップ、生涯賃金3割ダウンの現実〜『7割は課長にさえなれません』
ttp://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/142173172.html#more

ヅラ会社は、全部朝鮮人成りすまし経営。「偽装は朝鮮」と覚えよ!
ttp://www.nikaidou.com/2010/02/post_4379.php

実家暮らしなのに“無縁死”!?
親の年金に依存する中高年ニートたち
ttp://diamond.jp/series/yuuai/10012/

グローバル化の次は?
ttp://darknessofasia.blogspot.com/2010/02/blog-post_26.html
Posted by あああああ at 2010年02月27日 22:38
@国民が預金する。

国民の貸借対照表
借方(資産):預金 1000兆としよう 貸方(純資産):現金 1000兆

A誰かの資産は誰かの負債なので銀行には国民の貸借対照表とは逆に打ち込まれる

銀行の貸借対照表
借方(資産):現金 1000兆 貸方(負債):預金 1000兆

B政府が財政難で国債を刷って銀行に買わせた

政府の貸借対照表
借方(資産):現金 1000兆 貸方(負債):日本国債(債務) 1000兆

銀行の貸借対照表
借方(資産):現金 1000兆 貸方(負債):預金 1000兆
       国債(債権)1000兆     現金 1000兆
現金を左右で相殺させると

銀行の貸借対照表ver2.0
借方(資産):国債(債権)1000兆 貸方(負債):預金 1000兆
(銀行を経由して国民の純資産が国債(債権)になったのがわかる)

C国家=国民+企業+銀行+政府なので@〜Bの上記のお金の貸し借りによる借方、貸方をそれぞれ足し合わせて、左右で相殺させたものがが国家の貸借対照表となる

国家の貸借対照表
借方(資産):0 貸方(負債):0
国家の中でのお金はめまぐるしく移動したが国家規模で見たときには0でしかない。生物の新陳代謝と同じ。内債とは親子が家の中でお金の貸し借りをしたようなもの。家の中でお金が動いても家の中全体でのお金の総量が変わるわけがない。
Posted by あああああ at 2010年02月27日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142321956
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。