2010年01月31日

【コラム】日航を破綻に追い込んだ、日本政府の「ケインズ主義」(WSJ) [10/01/22]

1:きのこ記者φ ★ 2010/01/22(金) 14:09:30
日本航空は19日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。
日航の経営破綻(はたん)の原因として、最も頻繁に指摘されるのが不採算路線の拡大だ。
その責任は誰にあるのか。日航が1987年に民営化されてからも、国内赤字路線への運航を
強いてきた日本政府ではないのか。

その答えを得るにはまず、赤字路線が繋ぐ各空港の歴史を振り返ってみる必要がある。
それら多くの空港は、なぜ建設されたのか。
おそらく過去に、経済的に理に適っていると判断されたからだろう。だがそれは明らかに間違っていた。

昨年10月に読売新聞が報じたところによると、日航の151ある国内路線のうち、
3分の1で座席利用率が50%を割っている。
残りの99路線についても、座席利用率が70%を上回っているのは、わずか11路線にすぎない。

さらに、空港の建設や保守費用を賄うために航空会社に課された高額な着陸料も、
日航の利益を圧迫していた。さらに航空券を購入する法人客や個人客にそのコストが転嫁されていた。

この空港供給の過剰化を理解するには、英国の経済学者ジョン・メイナード・ケインズと、
インフラ構築がもたらす経済刺激効果についての彼の見解を思い出してみればいい。
日本の多くの政治家が彼の理論を熱烈に信奉してきたからだ。

1960年代から代々の政権は、空港建設に重点を置いた航空政策を推進してきた。
これは、高度経済成長まっただ中で人口増加が続いていた60年代当時の日本にとっては、
おそらく筋の通った政策だったのだろう。

だが、まだ空港建設の多くが始まってさえいない1964年に新幹線が登場した。
そもそもこの時点で、特に新幹線網の整備が進むなかで、飛行機が必ずしも最も効率よい
移動手段だとは限らないことに気付くべきではなかったか。

だが残念ながら、そのときまでに既に空港建設ブームは一人歩きし始めていた。
日本の失われた10年といわれる1990年代、経済刺激策の名の下に多くの空港建設が行われた。
絶大な政治的影響力を有する建設業界はもちろんのこと、国会議員も地方議員も、
あらゆる県に空港を建設したがった。

しかも、通常の空港では事足りなかった。日本は比較的平地が少なく、土地が不足していたことから、
巨額の費用を投じてわざわざ海岸を埋め立て、次々に空港を建設していった。
過剰な建設コストはしばしば国民の非難の的となっていたにもかかわらず、
事実上、建設による経済効果はプラスだと考えられていたようだ。

空港建設推進派は、空港建設は短期的には雇用創出を、長期的には地域の繁栄をもたらすと、
ひたすら吹聴してきた。この空港建設ブームは、つい最近まで続いた。
米国と比較してみると、日本よりも面積の広いカリフォルニア州でさえ、常時商業運営している
空港数は日本の3分の1程度だ。

>>2以下に続きます)
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_24634


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】日航を破綻に追い込んだ、日本政府の「ケインズ主義」(WSJ) [10/01/22]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 【オピニオン】日航を破綻に追い込んだケインズ主義
Yahoo!ニュース 【 【日航蘇生】変わる経済構造(上)政・官・業もたれあいの象徴
Yahoo!ニュース 【 行動力ある若き日本の政治家―前原誠司国土交通相
Yahoo!ニュース 【 知事懇談会:長野・静岡県知事、外国人観光客誘致で一致−−日航撤退受け /長野
Yahoo!ニュース 【 【離陸霧の中 茨城空港】(5)地元の取り組み 利用促進へ知恵絞る



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(215中) 】


2:きのこ記者φ ★ 2010/01/22(金) 14:09:45
(続き)

だが、こうした日本政府の対応は航空会社にとっても、空港にとってもうまく機能しなかった。
不採算路線の運航は、日航を破綻へと追い込む一因となるとともに、各地の空港にとっても
収入を失う結果となった。

しかも日本政府にとって皮肉なのは、へき地に空港をせっせと建設している間に、
実際に必要とされている空港の設備強化がおろそかになってしまったことだ。
国の主要玄関口である成田空港は、第3滑走路の建設をめぐって、地元の反対運動は収まっていない。

空港は、納税者にとってこれまでかけた費用をあきらめる「埋没費用」の象徴だ。
日航自身にとっては、整理手続きを利用して、不採算路線の運航という重荷から自らを開放することが
できるだろう。

民主党の前原国交相も昨年9月、空港建設向けの財政資金を見直すと約束している。
民主党は、前政権の自民党のように建設業界からの強力な支持は受けていないため、
前原国交相が建設業者とのしがらみを感じる必要性もそれほどないだろう。

今回の日航の破綻問題は、われわれにとっても、ケインズ主義に基づく景気刺激策の代償についての
ひとつの教訓だ。
公共事業をめぐる政治論争では、政府がいくら拠出すべきかがしばしば議論の的となるが、
不必要なインフラ建設の代償を払うのは結局企業の側になる可能性があるということだ。
日本政府のケインズ主義的航空政策を押し付けられた日航は不運だった。

この問題は日本だけに限ったことではない。いまケインズ主義的インフラ建設ブームに沸く、
中国をはじめとする他の世界の国々すべてに当てはまる問題だ。
例えば、中国では現在、北京と広州を結ぶ高速鉄道路線が開発されている。

だが、広州の鉄道駅は繁華街から45分という辺ぴな場所に建設されるうえ、現在飛行機では3時間も
かからない移動時間が鉄道の場合は8時間近くになる。これで果たして、黒字運営が可能のほどの
旅客を確保できるのだろうか。

中国政府はおそらく採算がとれると考えているのだろう。だが、20年後に、高速鉄道やその他公共事業の
運営会社が中国政府からの救済を受けているか、あるいは破綻の危機にひんしていたとしたら、
中国政府は日本から何も学ばなかったということになる。

(記事終)

3:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:11:52 7W7SoTWM
土建屋と公務員が日本を潰す
民間企業を潰す 日本政府

42:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:50:45 V4Kb4K1v
>>3

違うな。民主党らの基地外サヨとリベが日本を破壊し売り渡す方が先だw




159:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 22:23:59 yglNTeAL
>>3
じゃお前はホームレスになれ
生活保護は許さんぞw


49:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:58:04 q54IAxSC
>>42

未だに東西冷戦構造から抜け出せない人がいるとは・・・
あんたケビン・クローンだろw  なにかといえば共産主義だぁってレッテル貼りするからなあw
 


4:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:15:18 NbtKLcfd
>その責任は誰にあるのか。日航が1987年に民営化されてからも、国内赤字路線への運航を
強いてきた日本政府ではないのか

初っぱなのこの一文から間違ってる時点で読む価値無し。
赤字の主要因がどこに有ったかなんて決算書見れば一目瞭然。
国際線と貨物と先物とホテルの大失敗が堅調な国内線を食いつぶした。

13:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:24:29 hh748KZq
>>4
国内線ってどこもみんな黒字なの?
それとも国内のドル箱路線で場末の赤字路線穴埋めしても黒字ってことなの?


43:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:50:45 GaJWzgEe
>>13
幹線ローカル線を問わない旅客減少が2008年1月から本格化していて
ANAにしたって赤字基調で来ている
絶えられないほどではないが

赤字の現況が地方か幹線かというのは一概には言えない
地方路線は地方空港への自治体補助が多く経費的に楽な上に、
1社独占で非常に高運賃なので、採算ラインが下がる

飛んでる便数の多い競合路線は利幅が薄く、急の予定で正規で乗る
ビジネスマンが居なければ持たないとずっと言われてきてる
羽田、伊丹、新千歳、福岡…と行ったあたりは、両方の空港のコストが高い

それ以前に自分も同じ部分を指摘しているが、
1987年の完全民営化を挟んで政府がJALに地方路線の押し付けをやったというのは、
どこをどう突いてもウソというのは、少し調べればすぐ分かる
航空自由化がそれよりまだかなり後で、その間は、
むしろJALは国内ローカル線に手を出せないよう強力な規制下にあったんだよ
45/47体制調べればすぐ分かる

今のJALが抱えたローカル線はほとんど、ずっと後2004年にJASを統合したのが大きい
その後、ローカルの衰退にJALが無策だった経営責任をいうのは正しいが、
旧政権のせいにしたり、さらなる税金投入を納得させる根拠には弱い

1987年を挟んでJALがローカル線を運航してたかのような有りもしない
有り得ないことをことさら言うのは、この点以外に理由が無いだろう


8:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:18:53 GaJWzgEe
>そもそもこの時点で、特に新幹線網の整備が進むなかで、飛行機が必ずしも最も効率よい
>移動手段だとは限らないことに気付くべきではなかったか。

白人には言われたくないけど、その通りだねぇ

>しかも、通常の空港では事足りなかった。日本は比較的平地が少なく、土地が不足していたことから、
>巨額の費用を投じてわざわざ海岸を埋め立て、次々に空港を建設していった。

日本のことをよく調べてるねぇ
けど一番最初の、

>その責任は誰にあるのか。日航が1987年に民営化されてからも、国内赤字路線への運航を
>強いてきた日本政府ではないのか。

銀行と現政権と経営陣に都合のいい、日本メディアの通信鵜呑みってとがねぇw
1987年に民営化されて『からも』って、この先も暫く45/47体制でJALは国際線独占と
国内幹線に枠を振り当てられ、保護された状態
後にくっつくJASは今問題になってるローカル線に限定されてたのだが、
統合後のJALみたいに高コストじゃないし、高速道路などの開通が続く前は採算
取れてたじゃん。

そこにJAS→JALが無策だったのが問題で、
1987以前の半官半民を根拠に政府の責任に転化するのは無理がありすぎだろ
育ちがアレだからJALが官僚的だっていうのはJAL以外の責任ではないし、
そんなこと他の民営化企業と比べてもどうなのよ
そして現時点でも全日空の方が地方就航路線が多いという事実は?

9:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:21:38 EcJUSTA4
日本は島国なのだから、空港は必要だろ。中韓に海上封鎖されるリスクを考えると一県一空港でも少ない。

10:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:22:13 Dbj2UE9/
310 :闇の声 :2009/09/26(土) 15:27:08 ID:uNQ8CoPD
なぜJALを破綻させるべきか・・・それは、JALがここで言われている
不良債権処理と組織問題の象徴だからだ。
JALは伏魔殿の様な企業で、役員室のフロアには役員数を遥かに凌ぐ
部屋が用意されている。
これらの部屋は社外役員という名前の、つまり組織の中でも国士系と自衛隊バックの
組織、さらに総会屋グループの専用の部屋だ。
どれだけの金がその連中に流れていき、そして政治家が群がり宗教関係者が群がったか
その闇がもしも国民の前に明らかにされれば、恐らくJALは忌まわしい企業の代名詞になる。
薄汚い企業として、裏で散々公金含めて使い込んだかと・・・最大の舎弟企業としてでもそうだが
政治家と組織の言いなりになってきたかを知った時に、芸能プロどころではない汚点を
戦後政治史最大のスキャンダルとして見出す事になろう。
その凄まじさを鳩山も知っているから、さすがに為す術が無いのだろうが
そこは蛮勇を以って、国民的支持を得ている事を背景に臨んで欲しい。

18:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:26:25 GWqVqHgO
>>10
自分も真っ黒だと思いますね
航空関係はこれからもっと揉めるよね
その後始末に
年金と同じくらいかな


17:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:26:13 xTomQxKf
>>1
ケインズを理解してませんという自爆主張乙としか言いようがないw

22:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:30:40 KE9mAnP4
無理矢理にGDPを上げようとするマクロ主義者はこの事実をよく考えてください。
のちにGDPの下げ圧力になってしまう。

24:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:36:38 bBuuC1og


なんか最近、ケインズ主義ってリベラルから攻撃されてねえか??W

資本主義経済って基本的にケインズ主義で説明できるでしょ。



52:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:01:19 B5E014Io
>>24
俺もそう思うんだけどな。
奴らにしてみれば、ケイジアン=土木、公共事業で無駄金使い=自民政治の象徴
みたいな思考なんじゃね?



62:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:19:00 +NcLlfUv
>>24

ネオコンの「新自由主義」なんていうイカサマと混同されてるからでしょう。

新自由主義は詐欺師の論理だけれどケインズは正統な資本主義理論です。


65:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:33:32 bBuuC1og
>>62
国会動画を見るのが最近趣味なんだけども
菅直人が、ケインズ主義を批判してたな
ケインズ主義は、穴を掘ってまた埋めるようなもの、それで成り立つ
みたいなのを批判してた。
でもこれって現実のその通りなんだよね。


71:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:46:35 ZiukpTes
>>65
マルクス主義の国でも穴掘って埋めてたけどなw
やることがなければ穴掘って埋めればいいっていう土建屋的発想は批判していいけどケインズさんは関係無い

やることのない人は考えてみんなの役に立つ事をやってほしいよね
介護、保育、家事、掃除だっていい


74:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:51:59 bBuuC1og
>>71
資本主義経済というものは、そういうもんなんだけどね。


85:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:03:15 hGsD3x0l
>>71
資本主義は飽くなき利潤追求のための合理化、生産性の効率化を追い求めていく過程で、
必然的に”やることのない人”(失業者)を生み出して言ってしまう罠。
合理化が進み生産性が向上すればするほど労働力はいらなくなっていくわけだからw

が、所得が労働とリンクしてる限り、かつ労働者は同時に消費者である以上、
失業者の増加、雇用の減少は、需要の喪失を意味してしまう罠。
結果、市場は過剰供給、過小需要に陥り、不況(大恐慌)に至るとw

これが資本主義に内在する大いなる矛盾w┐(´∀`)┌

ケインズ主義は、この矛盾を打開するべく資本主義の延命維持手段として提出されたもの。


26:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:39:30 aQaRb3p2
日本の1/4の人口しかないカリフォルニア州に
日本の1/3の数の空港があるなら
結構適正水準って事だな

27:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:40:18 q54IAxSC
世界経済を破綻寸前まで追い込んだ、ウォールストリートの「市場原理主義」については何の反省も無しかい?
えっ? ウォール・ストリート・ジャーナルさんよ。   どうなの? ん? ん?




32:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:43:25 P8N4FC2U
>>27
アメリカ人の言うところの「市場原理主義」はじつは市場原理主義じゃなくて、市場操作主義
それをハイエクは設計主義的合理主義と呼んだ
これを現在では俗にケインズ主義と呼ぶ

だからフリードマンのマネタリズムもひっくるめて俗にはケインズ主義と呼ぶ
ちょっと混乱するけどね


215:名刺は切らしておりまして 2010/01/30(土) 12:14:03 78VRlEAe
>>32
えええ!? マネタリズムってケインズ主義の真逆かとおもってたわ。

ケインズに入っちゃうんだ・・・。


40:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:49:45 4CbzOgM0
>>1の記事って経済の勉強を2chでしかしたことない人なら騙せるものなの?
日航は自爆しただけだろ?ANAは生き残ってる時点で矛盾しているし、そもそも空港建設利権や土建屋と自民党の蜜月はケインズ関係ないだろ
そもそも金融危機以降にアメリカ様がすがりついてる政策だってケインズ主義だし
この記事書いた人、本当は自由主義とケインズ主義のどちらが正解か分かっていて書いてるとしか思えない

44:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:50:52 hiwqoBry
郵政と同じで公共インフラなんだよ



45:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 14:54:09 bBuuC1og
>>44
そもそも国営でやっときゃよかったよね。
下手に民営化しないで


55:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:05:39 hh748KZq
>>45
国鉄民営化も結局大赤字を国民が負担することになったからな
儲かったのはごく一部の人間のみ


61:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:17:36 bBuuC1og
>>55
しかし民間だけじゃ、航空会社が出来なかったわけだし
ANAもJALの後発だしねえ。。


53:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:02:13 APcM4/hL
ケインズでもなんでもない。
需要の全く見込めない地域に、自民の政治力で路線を引っ張っただけ。
福島空港が代表例。

57:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:09:04 FgAGw7yu
>>53
JALがその程度で倒産するなら、ANAは10回ぐらい倒産済みじゃないとおかしいな


64:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:30:03 APcM4/hL
>>57
おいおい、JALはJASも引き取ってるんだぜ。


66:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:35:16 7uyMw4mg
じゃあ穴掘る手間を無くして給料だけ支払えば良いじゃない

69:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:42:23 bBuuC1og
>>66
穴は比喩ね。
たとえば車を保有することすらケインズ主義を否定した場合
車の所有すら否定することになるし
経済が回らないんだよね。


72:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:51:36 hGsD3x0l
>>1
で、ケインズ主義の対極に位置する”新自由主義”のおかげで、
世界の金融経済が破綻に追い込まれました現実に対してなにか言うことは?"( ´,_ゝ`)プッ"

73:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:51:43 u+T6gKib
穴は埋めれば維持費管理費かからないが、公共施設はかかるからな。
小渕政権で作りまくった公共施設の維持費管理費で地方自治体は苦しんでる。何も空港だけじゃない。

75:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:53:15 bBuuC1og
>>73
ここらあたりがケインズを理解できてない低脳なんだよなあ
仕事を作り出すことが、経済を回す秘訣なので。


78:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:55:27 hGsD3x0l
ていうか、ケインズ主義=土建公共事業マンセーってわけでもないんだけどなw

あくまで需要、有効需要の創出の重要性をしてきしたものにしぎないわけで。

ならば本来一番スマートなケインズ主義的需要創出政策は、ベーシックインカムな罠w

79:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:57:20 bBuuC1og
>>78
まあ、そもそも高度経済成長時代に作りまくった首都高とか
そろそろ立替が必要なんだよね
土建を否定というような幼稚な感情があるのもわかるが、そろそろ寿命が近づいているんですわ。


80:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 15:59:02 66nHjVeA
ベーシック・インカムでいいんじゃない?

ぶっちゃけ、ケインズ主義は発展期にはいいけど、
経済が成熟したら行き詰まる。

理由は供給側の腐敗を避けられないから。


82:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:00:50 66nHjVeA
新たなインフラ創出と
すでにあるインフラの建て替えとでは
全然、費用対効果が違うだろうな。

84:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:02:21 bBuuC1og
>>82
いってる意味がわからない
高度成長時代の土建インフラの立替問題をどうかんがえてんの?
首都高はもうイラネ、なんて言うんじゃあるまいね?


94:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:11:06 ZiukpTes
>>84
財政を使うなら投資効果の高いものじゃなきゃだめなの
必要の無い道路や空港は「人の役に立たないもの」で経済の成長とはならない
お金は土建屋に渡るのでマクロ的効果があるって人もいるけど
土建屋の一部の人の預金が増えるだけで給付金とほとんど変わらない効果しかない
首都高の造り替えや東京の都市計画なんかには賛成


83:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:01:13 aU/A9eMx
JALもこうなった以上、国内赤字路線からは全て撤退して、
どうしても飛ばしてほしければ静岡のように地域に搭乗率補償させるべき。

89:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:07:55 WHNBziQQ
>>83
搭乗率保証って、航空会社側のサービス怠慢を招かないのか心配なんだが


96:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:11:46 aU/A9eMx
>>89
確かに搭乗率補償した場合、モラルハザードは危惧されるが
地域側もJALが気に入らなければANAに切り替えればいいだけの話。


99:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:13:22 WHNBziQQ
>>96
自民党か民主党か・・・みたいにならないといいんだけどねえ。


104:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:17:10 aU/A9eMx
>>99
うw
まぁ、中国共産党の一択よりはマシと思うしか・・・


86:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:04:23 66nHjVeA
いや、高度成長期には無いところに道ができ、経済効果が大きい。
でも、成熟した社会ですでにある道を補修しても
経済効果は変わらないから税収が増えるわけではない。



87:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:06:07 bBuuC1og
>>86
そんな問題じゃなくて、そろそろ高度成長期時代のインフラの立替えが
必要なんだけど。
耐震基準も昔だから甘いだろうしねええ。


88:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:07:16 1QAE+xbK
ケインズ主義なんて、レーガンの時代にはすでに馬鹿にされていたのに、
今だに日本では、神扱いだからな。

97:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:11:53 hGsD3x0l
>>88
なんかズレてない?w
今やそのレーガン(レーガノミクス)&サッチャー(サッチャリズム)に象徴される新自由主義(ケインズ主義の否定として台頭)が、
サブプライムショック、リーマンショック以降馬鹿にされてるわけだがw

今だにこの日本で手放しで新自由主義マンセーしてるのは、ケケ中と池田ナントカぐらいじゃね?w


93:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:10:43 66nHjVeA
必要なのは分かってる。
必要ないとは言ってない。
それこそそんな話はしてない。
ケインズ主義の欠陥の話。

やったからといって税収が増えない。
昔ほど劇的な成長にならない=財政の悪化。
特定業者との癒着などなどの話。


98:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:12:06 bBuuC1og
>>93
公共事業減らしたまくって、結局税収は減ったんだよね。
小泉は慶應にコネで入っただけの馬鹿だから経済学を知らないんだろう。
まあ、自民党破壊の工作員だったのかもしれんけど。




107:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:26:57 hGsD3x0l
>>93
>やったからといって税収が増えない。

公共事業を行う一方で、法人税や所得税減税しまくったり、
一方で消費税引き上げしたり、医療費負担引き上げたり、
さらに日銀が影でせっせと金融引き締めしたりしてりゃ、
税収が増えないのは当然だろw




110:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:38:01 66nHjVeA
>>107
いやいや、俺の言ってるのはそういう個別の話じゃない。
制度的な欠陥の話。

ケインズ主義ではただ穴掘って埋めるだけでも需要が創出できる、という。
それはまあ、その通りだが、ただその為の金は財政上の借金でまかなうから赤字になる。

そうならない為に今までとは全く違う財政上の仕組みが必要なんだよ。
例えばベーシック・インカムなら年間いくらまでなら、ばらまいても
財政上の赤字として計上しない、とか。



111:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:50:39 hGsD3x0l
>>110
おいらも別にそういう旧態依然とした土建公共事業を積極的に肯定するつもりはないけど、
ただ、近年の「公共事業をしても税収は増えない」みたいな論調の裏には、
>>107な事情もあったと言いたいわけさw

>ただその為の金は財政上の借金でまかなうから赤字になる。

別に不況期には財政赤字を問題視することなく躊躇せずに積極財政路線で行くべきなんだよ。
不況期には民間が金を使わない以上、政府が借金してでも金を使って経済の歯車を回すしかない罠。

>そうならない為に今までとは全く違う財政上の仕組みが必要なんだよ。
そもそも国家財政と、企業会計や家計は違うわけでw。
それらを同列視するような議論がまかり通ってるけどナンセンス。
まずもって、国家とは究極的に通貨発行権を持ってるということを認識すべき。
海外から外貨建てで借金してるなら話は別だけど、
自国通貨建ての借金なんていざとなれば金刷ればいいだけの話w


115:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:58:37 66nHjVeA
>>111
>不況期には民間が金を使わない以上、
>政府が借金してでも金を使って経済の歯車を回すしかない罠。

だからどうやってその金を使うか、の部分で
政府と業者の癒着が問題になる。旧社会主義国ではそれで国が瓦解したし、
日本も新しい産業を生み出せずもがいてる。
新しい産業が生み出せなければ我慢していても好況は永遠にこない。
実際に失われた20年みれば分かる。

>自国通貨建ての借金なんていざとなれば金刷ればいいだけの話w

いや、仕組みに問題があるから無理。
銀行を通した借金としてしか配れないんだよ。




116:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 17:00:06 qXVdQwhB
>>115
つまり、紙幣の流通量を今の2倍にして紙幣価値を半分にするみたいなことは無理ってこと?



120:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 17:15:56 hGsD3x0l
>>115
>政府と業者の癒着が問題になる。
まさに君自身言ってるように、それはあくまで”政治的”な問題であって、経済的問題じゃない罠。
政府と業者の癒着を防ぐような透明性の高い政治システムを構築すればいいだけの話。
民主の”業仕分け”とかはその一つの試みと言える。(別に積極的な民主支持者ってわけじゃないから誤解なきようw)

>日本も新しい産業を生み出せずもがいてる。
まず、新しい産業を生み出さなくちゃ日本はだめだみたいな発想がおかしい(もちろん生み出せればそれに越したことは無いけど)
別に現状の産業だって、潜在的な需要は眠ってる罠。
みんな金さえあれば、家だって車だって、その他もろもろ欲しいものはいくらでもある罠w

>実際に失われた20年みれば分かる。
失われた20年を生み出したのは供給サイドの問題ではなく需要サイドの問題。
新自由主義の台頭によって、末端の消費者=労働者に、そして日本全国津々浦々に金が回らなくなったのが原因。
(ま、俺は半ば確信犯的に日本経済の衰退を意図して行われたものだと睨んでいるw)

>いや、仕組みに問題があるから無理。
>銀行を通した借金としてしか配れないんだよ

誰が決めたの?そんなしょうもない仕組み変えちゃえばいいでしょw┐(´∀`)┌



114:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:56:07 ZiukpTes
>>107
主義主張には関係なく穴掘って埋めるだけでも需要は捏造できますなw
マルクスさんもケインズさんもくだらない論文を書くことで様々な需要を捻出しました
穴掘って死体やゴミを埋めるなら価値の創造に成功しますが税金投入するほど価値はないです


113:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 16:54:33 Ar2FS97B
なんだアホの三橋信者か。
ハン板にこもってろ。

118:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 17:04:38 hGsD3x0l
>>113
別に俺は三橋信者でもなんでもないけど、
アンチ三橋なおまいらって、その類の無内容な罵詈雑言レス返すぐらいしかできないよねw
それこそてめえのアホさ加減を自ら晒してるだけですよっと"( ´,_ゝ`)プッ"


119:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 17:10:25 tFFx0FW+
>>118
思う。民主党支持と反民主党の二つに分けると、どちらか一方は
この罵詈雑言を相手に投げつけるだけで自分の意見が無いレスが異様に多い。


127:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 18:51:26 uPRCs8t2
>>118
三橋さんは、ほんと分かりやすく経済を説明してくれる経済学者ですよね。
韓国は自転車操業、というネタを数字をあげて紹介してくれていたなW
中国もバブルらしいね。
あと共産党が好き勝手発表するから、もう完全にバブルで崩壊も近いらしい。


130:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 19:07:31 +NcLlfUv
>>127

日米の経済には何の説明もないだろう?何の役にも立たない!


124:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 18:09:31 66nHjVeA
>>116
通貨の供給を増やすと言うが、
信用創造というのがそもそも投資=借金で増えるという仕組みになってる。

>>120
>民主の”業仕分け”とかはその一つの試みと言える。

全然分かってない。あれは単なるパフォーマンス。
そもそも透明性を高めるというのが絶対に無理。
ヤクザの利権は隠れ続ける。
さらに、どの分野のどういう産業に力を入れるかなんて
神様でもなきゃ決められない複雑な問題。

>失われた20年を生み出したのは供給サイドの問題ではなく需要サイドの問題。

需要と供給は同じもの。
通貨が不足している、というならベーシック・インカム導入しか無い。
今みたいな公共事業垂れ流しても末端に行き渡らないから無駄。


126:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 18:50:47 tFFx0FW+
地方空港からだと成田よりソウル路線が充実してそっちに人が流れてるのに
まずいと思わないのかな。外国にでるだけでわざわざ韓国経由ってw

129:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 19:03:52 3QpwVyS2
日航が潰れたのが全部地方空港のせいだとは言わないけど

土建屋と自民党=政府と官僚がタッグを組んで無駄なインフラ作り続けた責任は免れないよ
空港だけじゃないよ、新幹線も道路もダムにしてもみんなそう


維持費や共食いで赤字を出すくらいなら失業者があふれて生活保護続出でもいいから
一旦土建屋を整理するべきだったかと。
仕事を回すために多額の税金を投入するくらいならまだ直接配ったほうが安上がりでしょう。
日本は土建屋が不必要に多すぎる。

133:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 19:28:07 W/rNWuTO
空港が一つ地域にできると、大勢の人が職にありつける。
飛行機1機飛ばすのにかなりの人が関わるからだ。
結局、東京一極集中なのが一番悪かった。地方には大企業がこないから
飯が食えないから。分権化されたら優秀な首長なら最高だが、アホ首長なら
地方が破綻する。地方民がそれだけのリスクに耐えられるとは思わんが。


137:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 20:06:05 3QpwVyS2
>>133
東京一極集中がだめっていったところで
それこそ関東4都県で人口の総量規制でもやらないと厳しいんでないかなぁ
んでもってそこまで荒っぽいことをするくらいなら別にいいかとなる


138:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 20:19:36 WHNBziQQ
>>137
別に荒っぽいことしなくても
税金を超高くするだけで地方に逃げて行くんじゃね?


140:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 20:23:05 1nev2BLZ
ケインズ主義は社会主義の一種だからなあ
 
>>137
中国の都市戸籍・農村戸籍みたいに
本籍地によって社会補償を受けられる地域を限るか
本籍が島根なら島根に住まないと医療保険適用されないとか


135:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 19:31:46 6jJ0yuLK
飛行機なのか高速道路なのか列車なのか
どれがベストなのか考え直せ

144:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 20:51:39 KknqHbMF
>>135
空港も作る高速も作る熊しかのらなそうなローカル線も作ると
どれもこれも別個でやってる感じだしね、交通全体考えて整備したとは思えない


143:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 20:45:41 /xjBTrnz
未だにケインズが悪とか社会主義とか言ってる低学歴クズニートがこのスレにもいるなwww
古典的自由主義経済は、有効需要減退のスパイラルと言う問題に対処できずに、大恐慌の時代に完全にシステムとして破綻してるの。

んで、サムエルソンが1950年代に、ケインズの理論を数理経済化して、財政政策と金融政策で有効需要を創出する経済学をまとめ
それを、いまの経済学者は、ケインジアン・コンパクトと呼んで、経済学の基礎定理にしてるわけ。

ケインズを否定している新自由主義者たちは、開放経済下では、恐慌なんて起こりえないと主張していたわけで、
アジア通貨危機や、日本のデフレ不況は、「不完全な統制が残っているからこそ起こった。ワシントン・コンセンサスを受け入れて完全に自由になった経済では起こりえない」
と言ってたわけ。
だから、アメリカに金融恐慌が起こった時点で、ケインズ批判の論理は完全に崩壊してるの。
2ちゃんねるの低学歴クズニートたちは、そもそも基本的なことから理解してない。
だから、新自由主義を批判してる同じ口で、ケインズ批判したりして論理破綻に気がつかない。
つまりは低学歴クズニート

147:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 21:18:59 EwvWPB2n
ケインズ経済学で公共事業で景気を引っ張る必要があるのは不況のとき
好況の時にはきれいさっぱり引き上げなければならない
それでこそケインズ経済政策
この国は、それが出来なかったのよ(まあ、一旦おいしい思いをさせた公共事業を削るのはどこでも出来ないのかもしれないが)


169:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 08:32:17 LzmcuNOY
>>147
>(まあ、一旦おいしい思いをさせた公共事業を削るのはどこでも出来ないのかもしれないが)

高橋是清も引き上げようとしたら軍部に殺されたしな


151:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 21:35:14 EwvWPB2n
ケインズ的な観点から言えば公共事業は役に立つ必要は無い(役に立っても意味はない)
不況で仕事をあぶれた人を吸収し総需要を維持するのが目的なのだから
同じ意味で公務員は仕事などしなくてもいい
給料をもらうことに意味がある
その代わり、好況になったらみんなあっさり首にして民間に渡す必要がある
つまり公的部門はバッファとなるべきであって役に立つべきではない
ケインズ経済政策を正しく理解せず中途半端な政策を無駄にずるずる続けてしまいケインズの名を落としめた悪しき例として
日本は記憶にとどめられることになる


154:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 21:46:10 66nHjVeA
>>151
俺はケインズ的な手法は途上国でのみ有効だと思うね。
日本だけじゃなく中国だって他の新興国だって公共事業で発展した。

ただ、同じことは社会が成熟すると無理なんだ。
好況になったらって言うけど、新たな需要がなければ好況になりようがない。

何も無いところにインフラ作ればその効果は凄まじいから
投資家が財産増やしたくて殺到する。

でももうこれ以上成長しないだろう先進国で同じことは起こらんだろ?
新しい仕組みが必要だと思うね。



161:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 22:38:01 M6BkELMv
>>151

>ケインズ的な観点から言えば公共事業は役に立つ必要は無い(役に立っても意味はない)
>不況で仕事をあぶれた人を吸収し総需要を維持するのが目的なのだから

ヽ(^▽^)人(^▽^)人 ナカーマ

>ケインズ経済政策を正しく理解せず中途半端な政策を無駄にずるずる続けてしまい
>ケインズの名を落としめた悪しき例として、日本は記憶にとどめられることになる

そうではなく、もう少し構造的な問題があるのですよ。
景気が悪いときは、『借金を返済する、ムダな支出を削る』ということを、個人も企業もやっています。
だから、『国債の発行を抑制して、ムダな公共事業を削減する』という政策が支持される。
しかし、実は景気が悪いときこそ、公共事業が必要です。
逆に景気が良いときは、『借金をして消費、もしくは事業拡大』など、誰だってやってます。
だから、『国債をどんどん発行して資金を集め、それで公共事業を拡大する』という政策が支持されます。
しかし、景気がいいとき、公共事業は必要ありません。

つまり、民間の行動パターンと、政府がとるべき正しい経済政策は、正反対なのです。
これがあるために、国民は間違った経済政策を支持し、正しい経済政策に反対するのです。

これはまったく経済上の根本的な矛盾です。


163:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 23:11:01 1nev2BLZ
>>151
それを言われると高知のことを思い出す
橋本前知事が官官接待禁止を打ち出したとたんネオン街が火の消えたように
実は高知の繁華街は役人が落とす官費で成り立っていた


155:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 21:49:05 E5hNdtwv
>>154
大陸諸国ではインフラ整備の余地まだあるよアメリカやロシア、中国はね
日本でもリニアを東京ー福岡くらいやって新幹線を在来線にしてしまえば
結構やれる


158:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 22:08:52 EwvWPB2n
商品の価格は需要と供給で決まる
いくら売れない商品であっても商品の価格が限りなくゼロに近づければすべて売り切れる
労働という商品も同じで、不況で人が余れば人的資源価格である給与が下がって売り切れる
ところが給与は(労働組合や慣習など)他の商品のように下げられない下方硬直性がある
よって下げられないことにより需給ギャップが起きる
すなわちこれが失業
給与の下方硬直性を認めるなら、需給ギャップを埋めることが公的機関に求められる
すなわちこれが公共事業である
公共事業が行われるべきなのは失業者がいる場合に限られ、その場合に限って財政赤字が許される
失業者がいない(最小限の失業者)状況になれば速やかに公共事業を打ち切って黒字財政に転じる必要がある


162:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 23:04:07 M6BkELMv
>>158

>商品の価格は需要と供給で決まる
>いくら売れない商品であっても商品の価格が限りなくゼロに近づければすべて売り切れる

というのは、経済がインフレ状態のときだけであって、デフレのときには、あてはまらない。
インフレのときは、物価は継続的に上昇し、通貨の価値は、継続的に上昇します。
よって、所得があれば、財・サービスに対する価値が一番高いのが、お金を貰った直後であり、
貯蓄をしたとすると、その価値は継続的に目減りすることになります。
デフレのときは、物価は継続的に下落し、通貨の価値は継続的に上昇する。
だから、所得は、今、消費してしまうより、貯蓄して将来消費するほうが、より大きな財・サービスの消費が期待できます。
すなわち、経済がインフレのときは、個人は所得を最大限、消費にまわすので、セイの法則が成り立ちますが、
経済がデフレのとき、個人は所得を最大限、貯蓄にまわし、消費を最小限にしますので、有効需要の法則が成り立ちます。

よって、デフレのときは、「売れない商品は、値段をいくら下げようが売れない」、これが正しいのですよ。

>ところが給与は(労働組合や慣習など)他の商品のように下げられない下方硬直性がある
>よって下げられないことにより需給ギャップが起きる
>すなわちこれが失業

真実はもっと簡単です。
企業の売り上げがなかなか上がらない状況(経済がデフレ)のもとでは、
労働生産性を上げ、余った労働者をクビにすれば、企業は儲かるからです。
企業は、利益を上げることを目的に行動しますが、そのやり方は、インフレとデフレとでは大きく違います。
「失業者を増やす」というのは、経済がデフレのとき、企業が利益を出すやり方の一つです。



168:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 08:01:54 fShSo0tD
>>162
>デフレのときは、「売れない商品は、値段をいくら下げようが売れない」、これが正しいのですよ。
作った商品を消化したければタダ同然で投げ打てば売り切れる
不動産など売れないのは高値で指値しているから
限りなく安くすれば売れる
まあ、田舎の田んぼとか法律や市場価値ゼロの山林とかあるかもしれないが
現実には自動車などの商品の場合でも限りなく安くしようとしないから在庫が増える
需給ギャップが起こるのはそれぞれの事情で価格の弾力性が悪いからだ
有効需要の法則では価格事情は考えていないからね



176:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 17:50:20 G5Q0KkKc
>>168
で、それでどうやって利益だすの?給与払うの?


165:名刺は切らしておりまして 2010/01/22(金) 23:41:51 SWv45SH4
>>1
ケインズ主義の意味わかってないだろ……


そもそも日航はアメリカの圧力で航空機の買い入れを(ry

172:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 09:54:07 8CKS1Wzh
>日航が1987年に民営化されてからも、国内赤字路線への運航を強いてきた日本政府ではないのか。

国内で赤字なのは地方の空港運営会社(第三セクター等)。
日航の国内路線事業は悪くないんじゃないの?

177:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 18:41:30 e4ADH/+q
いわゆる見えざる神の手ってやつだな
ある値段で売れなきゃ売れるようになるまで下げるでしょ?
需要と供給で決まるのだから無問題よ、と国富論は説いた
しかし、リーマンショックで車が全然売れなくなり、トヨタは在庫をサーキットに雨ざらしし派遣を契約解除した
これはトヨタが市場に任せ価格が下がるのを嫌ったから
売ろうと思えば安売りすれば全部売れたが、トヨタは膨大な在庫と生産調整の道を選んだ
どう売ろうがトヨタの勝手だが、アダムスミスの考える合理的な行動をトヨタは取らなかったわけだ
ケインズ経済学でいうとことろの需給ギャップはこの価格弾性(硬直性)にある、つーことだな


178:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 21:39:44 JeAwUxng
>>177

>アダムスミスの考える合理的な行動をトヨタは取らなかったわけだ

アダムスミスの考える合理的な行動をトヨタが取ったら、
会社が倒産して、トヨタが大好きな自動車の生産ができなくなるではないかw

トヨタからすれば、現在の自動車の生産をあきらめるのは、
将来の自動車の生産のための合理的な行動だし、
労働者のリストラも、人件費を圧縮して利益を出すための合理的な行動
(もっとも、労働者から見れば、不条理だけど)


182:名刺は切らしておりまして 2010/01/24(日) 07:30:36 6Ln9fA6W
>>178
つまりだ、寡占が進んだマスプロダクトの支配下においては価格の決定権は企業側にある
価格を高値で維持しようとするから当然売れ残るわけで、市場で取引される魚とは違うぞってわけだ
従業員給与の問題と同じく近代社会には需給ギャップがあるぞと説いたのがケインズの有効需要理論
需給のギャップがあれば(商品と共に)失業者が街にあふれ不安定な世の中になる
だったらその需給ギャップを政府が埋めればいいんじゃないかというのが財政学の基本的な考え方
日本の場合需要が足りてるときにも需要を総支出し続け80年代のバブル経済を生み、
そしてそれがはじけて今に至るも政府の財政過剰支出を改められることがない
ケインズ先生が生きてらっしゃったらご立腹間違いない
将来不安から貯蓄性向が高すぎるとか財政支出が利権と絡んで縮小できないとか、いろいろ問題はあるのだが
ま、この国が破綻に向かっているのは間違いないと思う



179:名刺は切らしておりまして 2010/01/23(土) 21:50:16 JeAwUxng
>>169

>>147
>(まあ、一旦おいしい思いをさせた公共事業を削るのはどこでも出来ないのかもしれないが)

>高橋是清も引き上げようとしたら軍部に殺されたしな

あれは、高橋是清が悪い。
軍事費を減らしたら、次に来るのは、軍人と兵隊のリストラと相場が決まっている。
積極財政により、景気がよくなったとはいえ、完全雇用にはほど遠い状況。
軍隊をクビになったら、軍人には行くあてがない。
そんな状況で失業者を増やすような政策を行ったら、怨まれるに決まってます。


181:名刺は切らしておりまして 2010/01/24(日) 07:12:10 /0HyqTcW
結局「僕達は役所と仲良しだから大丈夫さ!」って考え方が甘かっただけ。

186:名刺は切らしておりまして 2010/01/24(日) 19:22:33 4IKtuPdm
日本っていつの間にか失敗先進国になってるよね。
教訓(悪い例)にされてばっか。

188:名刺は切らしておりまして 2010/01/24(日) 19:29:58 O+C192vd
>>186

官僚主権の大人しい国民性を良いことに途中からアメリカの経済実験材料だよ!

国民生活を犠牲にさせられアメリカの財布代わりに使われてます。


190:名刺は切らしておりまして 2010/01/24(日) 19:32:46 pBamW/7P
>>186
昔から日本人は批判されるのが大好きだからってだけだろ。
なんだかんだで、そこそこ上手くやってきてると思うが。


195:名刺は切らしておりまして 2010/01/26(火) 11:40:26 lZqw9HNR
JALが更生法申請をしなくてもすむ状況=すでにワンワールド側(厳密にはアメリカン航空)から助け舟がでていたのに
それを全く理解していなかった前原がちゃぶ台返したせいでこの流れを決定付けた。

日本政府の責任、ではあるが、現政権の責任、と帰結できるよな。

posted by 2chダイジェスト at 16:13| Comment(1) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかよく言えば意見紛糾
そもそもケインズの本を一冊でも読んだことある人と、ネットで知ったらしいこと書き殴ってるだけっぽい奴

本当ネットは玉石混合だな。玉もまぁキレイな石ころってくらいだけど。

ケインズ経済学ってある意味、地方公務員が一番くわしいんじゃないの?
他に要求される職ってないし。
地方公務員なら試験で一応一冊は読むからな
Posted by at 2010年01月31日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。