2009年07月30日

【コラム】危ない与謝野発言…「ここが底」は時期尚早−早稲田大学教授・若田部 昌澄氏(Voice)[09/07/27]

1:依頼@台風0号φ ★ 2009/07/28(火) 00:13:14
 春になって、世界経済にも日本経済にも少し明るさが見えてきたように感じられる。

 たしかに、日本の鉱工業生産指数は3月を境に反転している。また株価は3月10日の7054円を底として、
一時は1万円台にまで回復した。街角景気で知られる景気ウォッチャー調査は、先行きの明るさを伝える。
今年1―3月期の国内総生産(GDP)は、戦後最悪の数字である年率換算マイナス15%を記録したものの、
4―6月期がプラスに転じるのは確実視されている。

 これを受けて、早くも与謝野馨財務・金融・経済財政大臣は「最悪の時期を過ぎた」として、景気判断を
上向きに修正し、底打ちを宣言した。

 なるほど最悪期は過ぎたのかもしれない。ここまでの調整のスピードは異常であった。よく「100年に1度の
経済危機」と呼ばれる。日本の指標を見るかぎり、これはまったく誇張ではない。ここ数カ月間、私たちは
大恐慌・昭和恐慌以上の激しい経済の急降下を経験した。日本の鉱工業生産指数は、昭和恐慌時を
上回る勢いで急降下した(Barry Eichengreen and Kevin O'rourke “A Tale of Two Depressions”)。

 とはいえ、ここで底を打ったと考えるのは時期尚早だ。再び大恐慌に話を戻すと、大恐慌のさなかですら
経済は一直線に下降していったわけではなく、何回かの上下波動を経験している。また仮に下げ止まった
からといって、日本経済は危機前に回復しているわけでもない。ましてや景気ウォッチャー調査で多くの
人々が述べるように、定額給付金や高速道路料金の休日1000円への引き下げで消費者の心理が改善した
としても、そうした効果がなくなったあとはどうなるかが問題である。要するに、今後の先行きはここで気を
抜かないかどうかに依存する。

 そこにきて、この与謝野発言である。ちょうど同じ時期の6月9日に経済財政諮問会議で2009年版「骨太の
方針」の概要が発表された。それによると、 06年版「骨太の方針」でうたわれてきた2011年度までの
プライマリーバランス黒字化に代えて対GDP債務残高の安定化をめざし、そのためには消費税増税を
考慮することも辞さないという。財政再建に向けて再び「地ならし」が始まったというべきであろう。

 たいへん危ない。大きな不況が起きたときには、危機対応が続く。しかし、喉元過ぎれば熱さを忘れるのか、
いったん最悪の時期が過ぎたと思うと安心感が蔓延し、政策の逆噴射が始まる。どうにも見慣れた光景ではないか。


▽執筆者:若田部昌澄
早稲田大学教授
▽ソース:Voice (2009/07/27)
http://voiceplus-php.jp/archive/detail.jsp?id=180
記事は>>2以降に続きます。


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】危ない与謝野発言…「ここが底」は時期尚早−早稲田大学教授・若田部 昌澄氏(Voice)[09/07/27]

【関連リンク】

Wikipedia 【 景気
Wikipedia 【 デフレ


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(202中) 】


2:依頼@台風0号φ ★ 2009/07/28(火) 00:13:46
>>1の続きです。

◇「出口戦略」失敗の歴史◇

 実際、大恐慌のときもアメリカは「出口戦略」に失敗した。安達誠司氏(ドイツ証券)がつとに強調するように、
1936年の夏以降、インフレを懸念したアメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は金融の引き締めを決意し、
実行した(『恐慌脱出』)。

 これが大失敗に終わり、再びアメリカはデフレ不況に戻る。よく第2次世界大戦があって初めてアメリカの
大恐慌は終わったといわれるのは、途中で人為的な二次災害が起きていたからである。

 日本にとっても他人事ではない。それどころか、90年代の日本は、景気が回復したと思っては「逆噴射」を
続けてきた歴史である。人一倍の用心が必要なところである。

 出口を見分けるための標識として、(10年物国債の市中金利に代表される)長期金利の上昇を挙げる人が
いるかもしれない。しかし、長期金利の動向については注意が必要だ。長期金利が上昇する、あるいは
正確には短期金利と長期金利の差(これをイールドカーブという)が広がるときには、いくつかの要因が
働いていると考えられるからだ。

 まず、将来の成長期待が上がると長期金利は上がる。また、将来のインフレ率が上がると長期金利は上がる。
しかしまた、財政が悪化して国債の保有リスクが大きいと思われると、リスクプレミアムを反映して長期金利は
上がることになる。

 このうち最初の金利上昇は、いってみれば、よい金利上昇だ。2番目のそれはデフレ懸念を克服したという
意味ではよいサインだ。3番目はよくないニュースである。もっとも、現状でこの3つをうまく識別する手段は
ないのが出口戦略を難しくする。

 アメリカでも長期金利の上昇を受けて政策転換を求める声が高まっている。まるでかつての日本の議論を
見るようで、既視感がある。だがおそらくいま政策を引き締め方向に転換したら、大恐慌の再現は仮定の
話ではなくなるだろう。

 この点、じつは日本はアメリカよりも有利な立場にある。上昇したとはいえ、金利は現時点で1.5%前後である。
しかも日本はまだデフレが続いている。財政も純資産を含めればまだ悪くない。いっそうの緩和を追求すべき
だろう。

 だが、わが国には「逆噴射」の伝統がある。底打ちといって浮かれていられないゆえんである。

−以上です−

5:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 00:21:56
正直早稲田の教授なんかに何を期待しろと?

21:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:02:26
>>5
そうやって慶應と東大を偏重した結果がいまの日本だよ



34:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:55:28
>>21
そうやって慶應と東大を偏重した結果がいまの日本だよ

慶応は関係ないと思うけどな。


13:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 00:32:36
よくよく考えてみろ

ローンが払えなくなったアメリカ人は今どこにいるんだ ヤドカニみたいに追い出されて・・・

20:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 00:49:50
>>1
選挙が近いから「底打ち宣言」をさっさと出したかったんだろうな
どうせこれでまたブレーキがかかって、失速するだろ。今までみたいに。
安定期まで待てねーんだもん、こいつら。

23:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:10:16
12年前に財源心配してアホな増税増負担政策を推し進めたばかりに
氷河期と自殺者・非正規激増と国債発行30兆超えを達成したのが与謝野大先生。

学習能力ある奴なら>>1に賛同出来ると思うが。
与党関係者だからって盲目的に信奉する必要なんて無いぞ、どう考えても与謝野は世紀の大悪人。

24:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:17:50
>>23
党税調のメンバーでも政府税調のメンバーでもなかった一介の内閣官房副長官にそこまでの権限はないぞ
デマを撒くなデマを




26:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:35:54
>>24
当時財政構造改革会議ってのがあったんだよ。
首相経験者を集めてね、自民党の建設族農林族を黙らせるのに使ったの。
もちろんその会議には、今も与謝野のバックについている中曽根も名を連ねていた。
これを梶山静六と組んで推進したのが与謝野。
たとえばインタビュー等で今も当時の消費税増税を間違っていなかったと述懐しているよ。


35:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:56:05
>>26
政府内の意見統一のために会議を仕切っただけだったと言ったら言い過ぎか?
また、あのタイミングで消費税増税したのが間違いという議論は党にとって、という意味で、
与謝野本人が言うように日本経済にとって間違っていたわけじゃないと自分も思うんだがね
なぜなら累進性や控除によって景気に大きく左右される所得税や法人税の収入がガタ落ちして
財政悪化のスピードに歯止めがかからなくなっていたからな
それに、1997年に大きく景気が悪化したのは4月の消費税導入によるよりも、
どう考えてもその翌月の5月から始まったアジア通貨危機による世界的な信用収縮によるものだろ
財政政策に関して言えば与謝野のもくろみは決して間違ってなかったよ



38:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:59:10
>>35
>景気に大きく左右される所得税や法人税の収入がガタ落ちして

これは増税緊縮政策で景気を悪化させたからだね。
あとアジア通貨危機は7月に開始。株価はその前に急落。

別に与党関係者だからって無理して擁護する必要はないんだよ。
結果を見れば、自殺者や失業・非正規の急増という形で到底肯定出来るもんじゃないんだから。


44:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:05:31
>>38
アジア通貨危機が危機と認識されたのは夏だが、すでに5月には始まってるぞ
それに増税緊縮政策じゃないアジア通貨危機だとこっちが言ってるのにその反論が「増税緊縮政策」とはおかしい


48:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:08:23
>>44
経済ショックが起きる前の投機の段階では実体経済は大きく変動しないよ。

>それに増税緊縮政策じゃないアジア通貨危機だとこっちが言ってるのにその反論が「増税緊縮政策」とはおかしい

だって増税緊縮政策が不況を招いたのは明らかだから。
ついでに言うと「財政構造改革法」のせいで危機を認識してからも
補正予算の編成が遅れ被害を拡大させたのというのは定説。


52:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:12:44
>>48
そんなことはない
すでに経常収支のアンバランスがアジア中で起きていた



27:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:41:05
消費税増税は、しょうがないのでは?

非正規激増は、派遣法のせいだから、責めるなら小泉

28:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:43:11
>>27
しょうがなくないよ。いくらでも先延ばし出来たんだから。

非正規についても統計見た事ないでしょ?
小泉が派遣法改正する前からずっと増えてたよ。そもそも非正規の大半は派遣じゃない。


37:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:57:39
>>28
程度問題を無視して二択で考えるような発想はおかしい
非正規がここまで増えたのはどう見ても清和会のせいだ




40:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:01:15
>>37
そちらこそ清和会陰謀論になってるなあ。
でも当時与謝野の所属していた志帥会は清和会から派生したんだっけ?
どっちにせよ清和会批判者の嫌う「新自由主義」の先駆けである中曽根が頭目だった。
別にどんな結論を出そうとも構わないよ。統計的にははっきりしている。


46:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:06:49
>>40
なんで陰謀論なんだよ?
清和会はそういう政策グループだから力を持てばそういう政策を実現するに決まってるだろ
普通に政策グループが自分たちの政策を出しただけだ

すぐ陰謀論とか言う話になるが、おかしいぞそれ



49:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:09:32
>>46
ここ読んで反省して。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3240.html


30:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 01:46:28
民主党も到底褒められた物じゃないよ。自社さ政権の残党は民主にもいる。
なにより平成デフレ不況最大の戦犯である日銀にフリーハンドを与えてしまった
日銀法改正に関わった議員が多くいる。というか日銀出身議員も暴れてるし。

41:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:02:04
>>30
問題が拡散している
一行目は同意
根を同じくする自由主義者のうちかなりラディカルな連中が自民党と民主党の両方にいることはたしかだ
日本の政治がそういう自由主義過激派にハイジャックされている現状はかなり危険だ
与謝野は志帥会だからその連中とは袂を分かった政策グループだ

日銀にフリーハンドを与えたのが悪いかどうかの議論はここですべきじゃない
もっとずっとアカデミックな要素が入るからこんなところで話すとキリがない


45:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:05:50
>>41
>根を同じくする自由主義者のうちかなりラディカルな連中が自民党と民主党の両方にいることはたしかだ

こちらの言う「自社さ政権の残党」は自由主義者じゃないよ。
旧社会党の連中の事。仙谷とか峰崎とかは日銀官僚を擁護しまくり。

むしろアカデミックなレベルでは、日銀=犯罪的無能ということで決着付いてるんだよ。
仙谷なんかも東大教授に「こんな人が金融政策を語るようでは民主党に期待出来ない」と失笑されてるし。
まあつまり、ジャーナリズムや政治のレベルがそこまで到達してないのが問題なんだね。


50:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:10:45
>>45
どうも話を聞いてると、清和会の連中と考えが同じようだな
でもそんな政策じゃ、国民の収入格差が広がるだけだからだめ
そもそも清和会の考えはおかしいということで、自民内では麻生クーデタが起こったんだからな

民主のなかにいる清和会と同様の連中は旧さきがけの鳩山グループや前原グループや野田グループ



51:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:12:00
このコラムは要は
「日銀にもっと札刷らせろ!」という正論を言っている。
「札刷らせて物価上げろ!」という正論だ。
国民の多くは物価が上がると生活が苦しくなって困る、と
思ってる阿呆だ。
この阿呆な国民に迎合してるのが与謝野大先生。
長期金利わずか1.5%で何の心配をしているのか?
アメリカは長期金利4%近くでもFRBはドル札刷るのを止めない。
しかし日本にもかつて高橋是清という円札刷りまくった素晴らしい
人がいた。21世紀の高橋是清は必ず現れると信じている。
与謝野は21世紀の浜口雄幸か?井上準之助か?デフレ大好きのキ○ガイ
は落選して引退しろ。

53:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:13:32
>>51
財政政策と金融政策の区別が付かんのか



54:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:13:52
日本の問題点

財政政策と金融政策で過ちを犯し続けている。
また双方が対立して連動せず国家としての動きがない。
これにより対処に時間がかかりすぎる。

また、上記は構造的な欠陥の存在を示していて
個々の「政策」だけが問題ではないということだ。

まずやるべきは硬直性の除外でしょう。
仮説と検証の繰り返しが出来る環境にしないといけない。

物事は失敗が問題なのではなくて、未来は誰も知らないのだから
修正の連続が出来るかどうかが鍵だ。

57:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:19:02
>>54
高速道路無料化や高校無料化に象徴されるように、一度やっちゃったらあとで間違ってたと判断されて修正したいと思ったときに
それはそれで大変な無駄の出る政策を導入しようとしているのが民主なんじゃないか?
言い換えればほぼ不可逆のラディカルな政策を実行しようとしている点では、
郵政やっちゃった小泉政権と同じだろ




58:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:23:18
>>57
高速道路は、もともと暫定税率なわけで半永久的に延長している方が異常でしょう。
なぜそれで噛み付いてくるのか不明です。

また、もともと高度成長のインフレを抑制するために課金し流入制限をした。
(この金を流用して財源とした流れがある)

経済の視点からすれば課金をやめるのが筋論でしょう。

高校無料化については財源からみても、たいしたことないでしょう。
小中に高が増えるだけですしね。


61:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:26:59
>>58
「そんなこと、結婚したら考えるよ」とか言うCMの男そのものじゃないか



65:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:32:39
>>58
暫定税率って、揮発油と混同してない?

高速道路が建設費返済後に無償にするってのは、昔の建前かもしれないが、
経済政策としては、インフラの効率的運用を考えるとインセンティブを持たせた
ほうがいい。渋滞してる道路まで無償にして、渋滞悪化させることはない。

利用者負担で集めた金をインフラが未整備な地域に投入するのは、福祉として
基本的に正しい。


69:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:38:37
>>65
別に自動車取得税、自動車重量税、軽油取引税でもいいですよ。
これらはオイルショック時に導入された。

原油の使用量を一時的に抑えてください!ということだ。
現在でも続ける必要がありますか?、ないですね。

それで高速道路の課金はインフレを抑えるのが主目的であったわけで
バブル崩壊、そしてデフレのときまでやるのは、もう超常現象でしょう。

渋滞の悪化云々も意味不明ですね。
経済活動が活発になることのなにが問題なのですか?
また需要が上回るところは道路を造ればいいだけでしょ。
熊も通らない無駄な道路を造るのがダメなだけですよ。


76:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:59:28
>>69
馬鹿には、基本的なことを説明しないといけないので、説明すると、

道路の利用は、渋滞することで、平均速度とともに利用できる台数も低下する。
つまり、道路という装置の出力が、劇的に下がるということ。
したがって、渋滞を起こすと、道路をものすごく無駄に使ってることになる。

そんなことも知らない馬鹿のくせに、高速無料化を手放しで喜んでたの?

つまり、高速道路の利用は、有限の経済的価値がある資源と言える。
そういう場合に、利用料でインセンティブをつけて、より経済価値の高い利用者を
優先することで、効率的な利用を促進できるというのが常識。

全てを無償にして、渋滞を深刻化すると、移動速度や利用者数を減らすのは、
資源を無駄使いしてるだけ。単に生産性を下げる行為でしかない。
デフレとかの通貨的現象の解決にはふさわしくない。穴掘って埋めるだけじゃなく、
他人の邪魔してるようなもんだ。

また、高速道路の課金は、インフラ整備のため。
都会を結ぶ幹線道路はタダにするが、田舎は永久に高速なしで我慢しろ
という政策は、弱者切捨てだよね。

無制限に高速を建設しろとは言わないけど、受益者が負担できる程度の料金を
財源として、福祉としてインフラ整備をするのは、当たり前の政策だと思う。

休日とか、首都圏近郊の観光地の高速インター付近の国道は渋滞するけど、
住んでる人にとっては、生活道路なんだよね。
そういった道路を含めると、整備が必要な道路はまだまだある。


79:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:05:58
>>76
高速道路の有料化の問題は、プール制では?
採算の合わない高速道路の建設費に、首都圏の利益を当てる制度

高速道路の無料化自体問題ないよ (財源は知らない)
その分一般道がすいて生産性があがるし、観光業も潤う


82:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:14:50
>>79
プール制に合理性が無いのは同意。

一律無料にすると渋滞がひどくなる。だが、路線や時間によってタダにするのも同意。
集めた金をどう使うのは、国の資産の収益だから、国庫に収めればいいと思うけど。

使い道として、道路が絶対駄目というのも理不尽。

経済合理性が低い、一律無料化を最善の政策のよう主張するのはおかしい。
重要なインフラが、機能不全に陥るかもしれないのに。


81:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:11:54
>>76
なぜ永久的に渋滞なんですか?、前提からして間違っている。
道路が足りないところは造ればいいだけでしょ。

また高速道路無料化は民主だろうが自民だろうがやるべきですよ。
自民VS民主という政争の具にすることがおかしい。
理由はインフレ抑制効果があると書いてあるでしょう。
流入制限をしていることくらいは理解できてますよね?、渋滞とか言っているわけですからね。

ちなみに日本の一般道は125万km、高速道は0.9万km
1万kmにも満たない道路を維持できないならば100万km越えの道路なんて維持できませんよ。
インフラ整備が云々や財源が問題とか詐術です。

受益者負担いついては、これも詐術です。
日本は地方が車社会だ、つまり地方の金で都市部の道路を整備して来た。
だから次こそは我が地方の道路整備がなされるべきだ!と大問題になっているわけでしょ。
受益者負担のはずなのに、ただの搾取ではないか、ウソつき自民党と票が離れている。
地方は、どれだけ納税してきたと思っている?、熊しか通らなくても地方に道路を造りまくれってさ!


84:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:22:32
>>81
今でも渋滞の路線があるのに、無償化して今より良くなるとでも主張する気なの?
永久に渋滞って、利用者が減るか、拡張工事しなきゃ、同じ頻度で起きるだろ。

なんとなく改善するとでも思ってる馬鹿なのか?

無償化で、渋滞が酷くなって経済活動が低下して、渋滞解消とかすりゃ、経済テロだな。

利用料取れる国の資産があって、どうしてタダにするのが合理的なのか理解不能。


86:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:25:07
>>84
流入制限をしていることとインフレ抑制効果は理解できたわけですね。

それでマクロの話をミクロでごまかしたいようだが
渋滞路線とやらの具体例を出してくれ。

利用者、拡張工事、頻度とまで書いてあるんだからデータを持っているんだろ。


55:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:16:38
そもそもハチに指された程度って言っちゃう奴だからな
危機を無意味に煽るのも良くないが能天気過ぎるだろ
所詮官僚のマリオット

56:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:17:57
>>50
セーフティネットの未整備や低所得層の負担増は問題視しているよ。
でもあくまで市場の力を活かして、その上で再分配も重視している立場。
本来なら民主党に担ってほしい考え方なんだけど、あのトンデモポピュリズムどうにかならんかな。

麻生クーデターってのは政策の変更という意味で受け止めるけど、
はっきり言って景気の悪化が非正規増大の要因なんで全然関係ない。
増税緊縮大好きに与謝野と組んだ時点でもう麻生は詰んでいた。土建バラマキがしたいだけ。
麻生は土建バラマキを半減させた小泉への反発から地方票が集中して総裁になれたおっさん。

>>52
経常収支のアンバランスってのは赤字のこと?
それは輸入の拡大を意味するから日本経済にとっては何の問題もないよ。
アンバランスが是正され、経常収支が黒字化してからが、本格的な経済危機。
なぜなら経常収支のの裏返しである資本収支が赤字になるという事は、資本逃避が起きるという事だから。

>>53
財政政策と金融政策は本来景気対策の両輪だよ。
どちらかというと金融政策の方が大事だけどね。

59:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:25:54
>>56
>でもあくまで市場の力を活かして、その上で再分配も重視している立場。

そんなこと、言うだけなら簡単だわな

>はっきり言って景気の悪化が非正規増大の要因なんで全然関係ない。 

関係あるよ
まず法制度上すでに非正規で人件費を抑制することが可能な状態にあって、
そこへ不景気への不安が重なればどの企業もそれをやる
実際に景気が悪くなれば、非正規は社会全体で増大、かつ各企業で切られる

>なぜなら経常収支のの裏返しである資本収支が赤字になるという事は、資本逃避が起きるという事だから。 

おいおい、逆だろ・・・
資本逃避とは対外債務が大きく減少することだぞ
資本収支は赤字を解消する方向へ動くんだよ
つまり借金取りが来たということだ

>財政政策と金融政策は本来景気対策の両輪だよ。 

>>53の議論と主旨が違うから反論になってないよ


60:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:26:52
でも与謝野さんは嫌いではない
結構仕事してると思うよ

62:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:29:10
>>60
俺が個人的に与謝野ファンだと公言したらID:kPP1i4dlに揚げ足取られるなきっと
もちろん俺だって与謝野無謬論者なんかじゃないが、いまやってる議論に関しては、
与謝野批判のほうが的外れだね



67:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:36:33
>>53
もうちょっと補足しようかな。

日銀法改正のように、政府与党には立法を通じて日銀に影響を与える事が出来る。
また経済財政諮問会議では日銀総裁も出席するし、日銀政策決定会合には
政府側の議決延期請求権も規定されているし、何より日銀法には政府と日銀の
政策協調も謳われているから、政府が日銀に対して政治的圧力を掛けるのは許容の範囲内。

ちなみにデフレから未だに脱出していなかった2005年頃に、量的緩和の解除の動きを
政府側で地均ししたのは与謝野と言われている。当時、金融緩和を継続しようとした
中川秀直や竹中等と路線対立していた。結果、与謝野の根回しが効いたのか
デフレの悪影響が残った状況で一足早く「逆噴射」的に量的緩和の解除や利上げが強行された。

サブプライムローン問題が浮上する以前に日本の景気が腰折れしたのは、
そうした日銀や与謝野の政策判断の誤りが大きく影響しているだろうね。
言うまでもないけど、景気の回復が不十分になったおかげで、非正規等の
底辺労働者の待遇が十全に回復しなかったことへの責任も大きいよ。

口だけ小泉改革の修正なんて吠えても、それはマスコミの誤解への迎合に過ぎず、
政策のわかる人間からすれば12年前に非正規問題(自殺、失業、氷河期、少子化、財政悪化・・・)の
発端を作った人間が、数年前に同じような失敗を再現し、そして今度また「底入れ宣言」で
三度同じ愚行を繰り返そうというシグナルを送っていようにしか見えないわけ。

>>59
>そんなこと、言うだけなら簡単だわな

政府が財政を通じて個人や家計に(勤労意欲を削がないように)直接再分配すればいい。
与野党が最近になってようやく打ち出すようになってきたEITCがそれ。

>そこへ不景気への不安が重なればどの企業もそれをやる

キャノンの偽装請負問題を見れば分かるけど、派遣規制の有無とは関係なしに
非正規は増えていたよ。景気が悪化すれば企業は脱法的にでもそれをやるわけ。
つか>>49の統計見た?流れ上与謝野や橋本内閣の(現実を無視した)擁護にしかなってないよ。

>資本逃避とは対外債務が大きく減少することだぞ

そうだよ。アジア諸国への融資が引き上げられたんだから。
当時の経常収支見ればわかるよ。資本収支は赤、経常収支は黒。

>資本収支は赤字を解消する方向へ動くんだよ

違う、資本が国外へ逃げるんだから「赤」。

>つまり借金取りが来たということだ

そう、だから「赤」で資本逃避が正解。

>>60
実際上の機能を見ると殺人鬼の国賊だけどね。村山なんか比べ物にならないよ。
まあその上で好きだというならご自由に。

>>62
そういうのはちゃんと統計に基づいて議論を組み立ててからにしようよ。

74:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:47:22
>>67
資本逃避を資本収支の赤字現象だと言い出すあなたがね、経済わかってるはずないだろ
統計見るにしても、そんなデタラメな知識じゃ間違った解釈しかしない

あなたが経済語っちゃいけないよ





68:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:37:44
経済学の発展をもう少し国策で行った方がいい。
今の経済学は穴が多すぎて使い物にならない。

自由主義経済→淘汰の結果システムダウンが起こるような非現実的理論。
計画経済→際限のない財政赤字。非効率性の極み。

国策で経済学を発展させることにより、少なくとも今の地雷原を目隠しして
歩くような状況は脱せるはず。

102:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 05:46:18
>>68
>自由主義経済→淘汰の結果システムダウンが起こるような非現実的理論。
>計画経済→際限のない財政赤字。非効率性の極み。

経済学の発展以前に、こんな分類はありませんw


71:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:40:12
これは政権交代後を見越しての発言だな。
 民主に変わると露骨な国内保護に走り、外国人投資家が撤退する。
 →株価が下がる。
っていうのは想像できるしね。
自民が政権握ってた時との違いを強調するときのネタになるから、
ここで発言した与謝野氏はGJだと思うよ。

75:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 02:55:22
>>74
ここの「その他投資収支」の推移を見て反省して。
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2005/2005honbun/html/H2410000.html

あと>>49もチェックしといてね。

77:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:02:08
高速無料化は馬鹿げてるけど、そもそも田舎に高速道路はいらない。
田舎者は都市部に移住すべきで、お金を使うなら移住の支援に使うべき。

78:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:05:44
>>69
あと、揮発油税とか自動車関係の税や、高速の有料化は、オイルショックに始まってない。
揮発油税を上げたのかもしれないけど。

もともと、道路整備のために角栄が首相になる前に導入したもんだから。

>>77
どこで線引きするかが、問題だよね。長野や栃木は人がいなくなっても構わないとでも?

83:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:16:07
>>78
あなたは、ごちゃ混ぜにするから分けて書いてあるでしょ。
もう一度、読み直しなさい。


87:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:27:08
>>83
何がごちゃ混ぜか、はっきりさせてね。
ただ、自動車関連の税は、オイルショック以前からあるし、高速も有料だったことは、同意?

あと、有料で渋滞が起きてる道路をあえて無料化する、合理的根拠を示してよ。


88:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 03:28:55
東京圏に関しては、中央環状線と外郭環状道路が完成したら、渋滞はなくなるとされてる

全国からの高速道路が集まる首都高の環状線が、たった2車線しかないのは、当時の社会党の東京都知事のせいでは?

96:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 04:43:50
アーバンコーポに匹敵する倒産ニュースを最近聞かないな もう底過ぎたんだろ

108:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 07:06:34
経済の麻生wwwww
経済通与謝野wwwww

112:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 08:35:40
現実に則した経済学なんてこの世に存在しないんだ。
なぜなら経済成長の根幹は
人口増と生産性向上のイノベーションの
2つのファクターしかないからだ。
ようするにマンコと大発明の
何を数値化できると言うのか。


113:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 10:21:29
>>112
与謝野さんだって、経済政策で下向いた景気を上向かせることは無理だ、景気が底割れしないように後退の速度を緩和するのが
大きな景気後退の時にとる経済政策だ、と言っている

与謝野反対派は、民主支持にせよ自民支持にせよ、経済政策で後退している景気を拡大に転じさせることが
可能だと思い込んでる連中だよ





117:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 11:27:36
先入観崩壊データ  
EU各国の65歳以上の高齢者の相対的貧困率  
(少ないほど高齢者がハッピーな国)  

チェコ 5% (穏健リベラル改革国) 
ポーランド 8% (穏健リベラル改革国) 
・・・・・・  
フランス 13% (穏健リベラル改革国) 
EU平均 19%  
・・・(↓以下ワースト5)・・・  
リトアニア 30% (ネオリベラル改革国) 
イギリス 30% (元祖ネオリベラル改革国:「サッチャリズム」:小泉改革・鳩山改革のお手本) 
ラトビア 33% (もっとも過激なネオリベラル改革国のひとつ) 
エストニア 33% (もっとも過激なネオリベラル改革国ひとつ) 
キプロス 51% (わけわからん国) 

ソース:スコットランド日刊紙スコッツマン  
http://news.scotsman.com/uk/Pensioners-in-Britain-suffer

124:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 14:15:25
>>117
ワーストの3位はユーロ導入もしくはユーロペッグのせいで国自体破綻寸前で予算を切り詰めまくってるから、イデオロギーは関係ない。



137:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 16:27:04
>>124
関係あるね
ちょうどバブルのときに過激な資本自由化で外資を大量に受け入れたのが諸悪の根源



147:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 17:07:34
>>137
それこそユーロペッグが一番の原因。為替リスクを無視した投資が行われ、崩壊後も通貨を切り下げられないから極度の緊縮財政で負担増、福祉切り捨てだもん。


118:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 11:35:03
与謝野ってサブプライム問題後に
「日本経済は蚊に刺された程度。アメリカとは違って大丈夫」
とか言ってたよな?

ところがどっこい、先進国一のGDP減少率、株価も暴落になった。
こいつの経済評論は当たらないよ。

122:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 12:51:43
>>118
だけど失業率の上昇率は欧米よりだいぶ低いな
欧米先進国の現状は酷いぞ
笑っていいとも見て2ch書き込んでるなんて日本は平和そのものだ


123:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 14:09:11
>>122
おいおい、
社内失業者に7割の給与補助を出して
見かけだけ失業率を抑えたんだろ?
アホみたいに国債発行して。
あとが怖いわ。


126:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 14:18:38
>>122

>>123の言うとおり。
雇用助成制度のおかげで数百万人分の労働力が企業内にプールされている。
これのおかげで日本の失業率が低いだけ。
すぐに生産が昔の水準に戻るならいいけど、この調子だと年間3兆円規模をずっと国が補助し続けなくちゃならなくなる。

しかもその予算は国債発行に頼ったもの。
将来へのツケはデカいよ。

135:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 16:26:09
>>126
だからな、外国の企業では決算のためにこういう余剰人員の削減が進んでしまうのに対し、
日本では留まることができるのが、世界に誇ることなんだよ




134:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 16:24:43
>>123
おいおい、それができる日本が凄いんだよ
それこそ世界に誇るべきことなんだが



127:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 14:24:47
>>126
公共事業だって雇用を作るんだから金の使い道が違うだけ。将来のつけも日銀がそれを物価上昇につなげてないから問題だし、残高を0にする必要もないから大して問題でもないんだけど。


144:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 16:52:36
>>134-135
雇用助成制度なんてもので失業率を低く見せかけるなんて粉飾もいいとこだ。

そもそも失業率が低く保たれることが絶対的に正しいわけじゃない。
むしろ、非生産的な活動に労働力が固定されることによる弊害の方が大きい。
しかも守られるのは正社員であって、派遣などは真っ先に首を切られるわけ。
豊かなものを守るために、弱者からも集めた税金を使う・・・こんな馬鹿げた制度を作る意味がない。

自民党の粉飾好きにはホトホト呆れるね。

145:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 17:00:57
付け焼刃的な政策はもういらないよ
恒常的に税金を定額取る制度ももうおわりでいいよ
国が行う政策を打ち出してもらって、国民が必要と感じたら予算を通し
それに応じて税金を徴収する方法をとる時代になった
予算を通すのは国民投票にする時代だな

148:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 17:12:00
>>145
国債の存在意義否定してどうすんだよ?日本の場合残高0にしたら外貨経済が出来かねないし。


154:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 17:51:49
>>148
おまえバカすぎだよ。
金利が上昇=景気回復したら
困るぐらい発行したら、
後が無いことに気付けよ。
まあやってる奴は気付いてるんだけどね。
俺が天下るまで持てばいいって考え。


158:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:10:02
そもそも巨額の国債をまともな手段で返せた実例が歴史にほとんどない。
10%もない。だから破綻確率は90%以上。実に分かりすい天気予報。

日本に限っても、まったくといっていいほどない。全部デフォルトに近い手段で
なかったことにして、経済が大混乱して返す(消す)事例しかない。

だから、確率論的に破綻します。さようなら。

159:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:13:37
>>158
数学、歴史無知乙


160:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:15:48
>>159
じゃあ、GDP比200%以上の負債をまともな手段で返した事例をイギリスの産業革命以外で
あげてください。




161:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:22:01
>>160
ちなみに日本の純債務はGDP以下だろ。正直事例はあまり聞いた事ないからわからん。そもそも対外純債務が大幅なプラスで破綻した例がある?政府債務がほとんどない国で破綻した例なら知ってるけどね。


165:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:30:31
>>161
米国債なんて61兆円しか保有してませんよ。全部売り払ったところで(できるわけもねーが)
外貨準備高も100兆程度。1000兆円には全然足りませんね。

どこらへんが「対外純債務が大幅なプラス」なんですかね? 日本って1500兆円分くらい政府が外貨・債権持ってたんですか? 初耳です。



163:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:26:44
「内債だから大丈夫!」

って日本の藩財政はその「内債」でしたが、歴史上全部ぼろぼろな手段でしか返してねーじゃん。
薩摩藩・長州藩

全部めちゃくちゃな方法で逃げてる。

168:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:42:13
そこまで達した事例自体がほとんどないよ。しかも無駄に国債の残高を減らしてなにか意味あるの?金利が下がる?インフレ率が収まる?成長率が上がる?ならいいけど、日本の場合まったくあてはまんないんだけどね。

169:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:47:05
>>168
残高を減らす以前に、
「GDP比200%以上の借金で国家経済が長期間崩壊しなかった事例」
がないから言ってるんですが。

そんな事例が3%もない→97%以上の確率でじきに経済が崩壊する。
単純な統計学ですね。


170:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:53:16
>>169
破綻した国は対外純債務が多かったから破綻したわけで政府債務が多くて(対外債務でない場合)で破綻した国なんてないんだが。


172:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 19:26:01
>>170 政府債務が多くて(対外債務でない場合)で破綻した国なんてないんだが。

だから、日本の藩財政が過去破綻しまくりなんだが、これは対外債務なんてない見事なまでの「内債」でしたよ。
歴史を持ち出すなら、こっちも歴史を言います。
そんで、その歴史では、「内債」だろうがなんだろうが、
GDP比200%以上の国の経済が持った例はイギリス産業革命以外はほとんどありません。

なので、日本経済は99%以上の確率で破綻ですね。単純な統計事実です。


171:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 18:54:38
>>1
民主党が政権を担うようになれば更に三段階は墜ちます。

174:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:16:09
>173 藩が民に借りてるんじゃないんだから

はぁ? 藩=国家だぞ。だから地元商人に金借りてんだよ。
思いっきり民間から借りてましたが何か?(大阪などの大名貸しもあったがな)

178:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:32:43
インフレ起こしたら、医療費・年金・生活保護が年80兆円になるだけですね。
老人の生活費がチャラになるんだから、政府が金出す必要がある。自爆です。

少子化起こしてる分、遥かに過去の事例より最悪。

179:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:35:27
>>178
ハイパーインフレしか知らないんだな。緩やかなインフレほど経済にいいもんはないんだけどな。


180:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:39:26
>>179
起きたじゃん。資源高騰して「緩やかなインフレ」が。

あれで経済どうなった?


189:吉野家LOVE 2009/07/28(火) 21:13:08
>>180
普通、経済成長と関連付けされる消費者物価指数は、
エネルギーや生鮮食料品などを除いたコアCPIが重要視されるんだがねんw


182:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:40:11
>>179
閉じた経済でなくて世界経済化して物も資本も出入りするから
緩やかなインフレとか物価上昇も難しい時代だなと思う。資源インフレはあるが
それに比較して給与も伸びない可能性は大きいし給与上昇無き物価上昇なんてのはな。


186:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:54:06
>>182
日本以外の国は、ちゃんと給与水準も伸びてたよ?


190:吉野家LOVE 2009/07/28(火) 21:17:03
>>182
んな事はないねん。
解放経済下で、尚且つ金融の自由化が最も進んだ英国や米国だって
世界同時金融危機以前は、緩やかなinflationを達成していたんだからねん。


181:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:39:45
また実感なき景気回復で株価だけ上がってくんじゃねーの?

183:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 20:42:49
>>180
あんたが大好きな国の名目GDP比債務は大幅に改善されたけど。

>>182
日本以外比較的簡単に達成してるけどね。

193:名刺は切らしておりまして 2009/07/28(火) 22:14:11
55 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/26(日) 18:58:41
俺、異端かもしれんが、アメリカより日本が先にデフォする希ガス。

56 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/26(日) 19:07:50
>>55
参考のためどういう筋書きを考えているのか教えてくれ。

57 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/26(日) 19:21:56
いや、筋書きとかじゃなくて単に対GDP比で世界最大の債務だから。
世界的な税収減+選挙がどう転んでも積極財政+貯蓄率低下による国内消化難で。
アメリカの直近の国債消化好調は個人の貯蓄率上昇によるところが大きいんだと。

58 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2009/07/26(日) 20:02:21
>>57

日本は世界最大の対外純債権保有国を
18年連続で更新していますが?

59 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2009/07/26(日) 20:19:48
アメリカがデフォルトすれば世界台の純債権保有国の日本の天下とかホロホロしてる人いるけど

ドル資産が全部なくなったら日本は一気に世界一の負債国家になると思う

60 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2009/07/26(日) 20:22:01
>>59
まさに日本一人負けだね。

82 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:48:36

あのな

一番デフルトしにくい国は日本なんだが・・・・

86 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2009/07/27(月) 19:49:49
>>82
日本は対外債務少ないから、デフォルトやっても影響は日本国内に限定される
だからこそ、簡単にデフォルトできる国とも言える。

194:名刺は切らしておりまして 2009/07/29(水) 02:15:30
国債発行で経済をコントロールできると思ってるなら、
納税なんてする必要ない。
国債発行でぜんぶまかなえばいい。
国債発行と金利操作により経済をマイルドインフレにうまく調節できるんだと言うんだからな。
無税国家の誕生だ。
実際はできないわけだ。



195:吉野家LOVE 2009/07/29(水) 20:01:16
>>194
国債の叩き売りじゃなく、
プライマリーバランスの均衡を図るのだと述べているだろんw?


197:名刺は切らしておりまして 2009/07/29(水) 23:20:19
>>195
来期は黒字化の見込みだと
どんなタコ社長でも言う。
現実は違う。
プライマリーバランスは均衡するという奴は
1年前にアメリカ経済は盤石と言っていた。
その程度の見通ししかできないのだ。


199:名刺は切らしておりまして 2009/07/29(水) 23:25:04
与謝野老人が言ってましたね。

民主党のマニフェストはフライフィッシングのようだと、

与謝野老人はたとえが素晴らしいね

「「国民を魚に例えるとは」」要するに国民は魚それも雑魚って事ですね。

与謝野が透けて見える。

posted by 2chダイジェスト at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。