2009年02月27日

【知的財産】日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルのデータベースに[09/02/25]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/02/25(水) 11:55:16 ???
検索大手グーグルが進めている書籍全文のデータベース化を巡って、同社と米国の著作者らが争っていた
集団訴訟が和解に達し、その効力が日本の著作者にも及ぶとする「法定通知」が24日の読売新聞などに
広告として掲載された。

著作者らが自ら申請をしなければ、米国内でのデータベース化を拒めない内容で、日本の作家らには
戸惑いもある。

集団訴訟が起こされたのは2005年。米国内の大学図書館などと提携し、蔵書をデジタル化して
蓄積する計画を進めていたグーグルに対し、全米作家組合と全米出版社協会が、「著作権への重大な
侵害」などとして訴えた。両者は昨年10月に和解で合意、今夏にも出される連邦裁判所の認可を待って
発効する。

合意の対象は、今年1月5日以前に出版された書籍で、同社は、〈1〉著作権保護のために設立される
非営利機関の費用3450万ドル(約32億円)〈2〉無断でデジタル化された書籍などの著作権者に
対しての補償金総額4500万ドル(約42億円)以上をそれぞれ支払う。見返りとして同社は、
絶版などで米国内で流通していないと判断した書籍のデジタル化を継続し、書籍データベース
アクセス権の販売や、広告掲載などの権利を取得することが定められた。また、対象書籍に関連して
同社が今後得る総収入の63%を著作者らに分配することも決まった。

また、著作権者は、オンライン上での使用を望まない場合、2011年4月5日まで、同社側に自著の
削除を求めることができる。さらに、和解に拘束されることを望まない著作権者に対しては、
和解からの「除外」を認め、今年5月5日を除外通告期限としている。

和解の効力は米国での著作権を有する人すべてが対象となる。著作権に関する国際条約「ベルヌ条約」の
規定で、加盟国で出版された書籍は、米国内でも著作権が発生するため、影響は世界中に及ぶ。
このため法的手続きの一環として、今月に入って、世界200以上の国・地域、72の言語で
和解合意内容を伝える通知の掲示が開始された。

グーグルは和解で、絶版や品切れ状態の書籍本文の入手が容易になると利点を強調、本文閲覧を含む
新サービスは米国内の利用者に限られるとしている。ただ、和解に巻き込まれる形になった日本の
著作者団体は戸惑いを隠せない。

日本文芸家協会の三田誠広副理事長は「届け出なければ権利が保障されないのはアメリカ的なやり方だ。
アメリカで流通していない日本の新刊書がネット上で見られる恐れがある」と危機感を募らせる。
同協会は、3月上旬の理事会で、会員の意思表示の手続き代行などの対応を議論する予定。

一方、著作権に詳しい福井健策弁護士は「グーグルの説明が分かりにくいのは改善するべきだが、
著者や出版社にとって長所も短所もある和解内容だ。音楽のように書籍もネット配信する文化が
普及していくのか、注目している」と話す。

図書館との提携事業は、現在、「googleブック検索」の一部となっており、700万件以上の
書籍をデジタル化している。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090225-OYT1T00066.htm



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【知的財産】日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルのデータベースに[09/02/25]

【関連リンク】
イザ! 【 書籍全文が勝手にGoogle検索に? 超難解「広告…
Yahoo!ニュース 【 日本の書籍全文が米国Googleブック検索に? 朝刊に載った「広告」の意味
Yahoo!ニュース 【 日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルDBに
Yahoo!ニュース 【 米グーグル「書籍全文検索」 日本の絶版本も対象になる可能性



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(201中) 】


3:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 11:57:05 oriToU+q
グーグルて単に人のふんどしで
食ってね?

7:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:00:25 /jM0OAzE
>>3
ユダヤの商法


133:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 18:02:48 C70aRocM
書籍出版協会とか文藝家協会が音頭をとって
連名で除外申請して解決だろ

>>3
手段を提供して広告で金儲けしている企業だもん


5:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 11:59:59 xT9ptLJ6
書籍の無断デジタルデータ化とかって図々しくない?
長所も短所もあるって言うけど、デジタル化権買い取れよ。

8:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:01:05 LzCPpN1S
また、対象書籍に関連して
同社が今後得る総収入の63%を著作者らに分配することも決まった。


すげーいいじゃん。少なくともブックオフやカスラックよりはずっといい。

100:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:50:49 O2K5ylfj
>>8
あー、コレはいいな。
電子ブック関連で喰おうとしてた奴ら即死だな


101:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:53:36 9WuqhIhX
>>100
ぜんぜんよくないと思うぜ
広告料収入なんてたいしたことねえだろし、そのたいしたことない収入を世界中の権利者で分け合うんだから、
権利者は小遣い程度しかもらえないだろ


104:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:02:41 PlqCN4Yl
>>101
収入というのが売上なのか、利益なのかによってもちがうしね。
あと、Adsenseみたいに難癖つけて支払わないとかありそうだよね。


105:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:03:03 hl4ohM/2
>>101
なんで広告収入しか入らないと決め付けてるのか。


108:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:10:32 O2K5ylfj
>>101
1枚5000円よりは安そうだなぁ


10:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:02:48 /EgwZMdS
グーグルはDo-not Evilを標榜してたくせにこれかよ
もはやパブリックエネミーNo1になるのも近いんじゃね

13:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:04:45 aWo/gyp0
ある程度パクられてからドカンと訴えなよ

144:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 21:02:46 JvNyCEvq
>>13
そうそう
こいつらコンテンツないと息の根止まるんだからw
一気に潰すのがよろし


16:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:07:00 bGWVa8Rj
>和解の効力は米国での著作権を有する人すべてが対象となる。著作権に関する国際条約「ベルヌ条約」の
>規定で、加盟国で出版された書籍は、米国内でも著作権が発生するため、影響は世界中に及ぶ。
>このため法的手続きの一環として、今月に入って、世界200以上の国・地域、72の言語で
>和解合意内容を伝える通知の掲示が開始された。

何ベルヌ条約ねじまげて勝手に決めてんだ


20:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:12:19 /slSYOsR
> 新サービスは米国内の利用者に限られる
全世界の人に公開すべき

22:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:14:07 dnpjHLS/
>>20
なんか中国の動画サイトみたいなことやってるよね(´・ω・`)


24:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:15:03 1+MsA77f
グーグル以外に何千とでてきたら全部申請しなきゃいかんのかw

25:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:18:09 reKwHN2J
アメリカ様はなにやってもいいんすか?
これはありえんな

日本発の著作物はすべて自動的に手続きがなされるようにできないもんかね?


31:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:28:09 FaKJ5t+j
> 63%を著作者らに分配

すげえなあ。本の印税だと普通10%、中小の出版社だともっと低いからね。

60:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:04:35 gJg5N49Z
>>31
タダで見せるんだから0円でしょ
広告料収入の分け前が欲しければまた訴訟

複製権侵害とはっきり警告すればいい


43:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:41:34 9JfLNDS1
> 加盟国で出版された書籍は、米国内でも著作権が発生するため、影響は世界中に及ぶ。

> 対象象書籍に関連して同社が今後得る総収入の63%を著作者らに分配

実際問題としてどうやってやるんだろうかね。


45:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:42:58 +wRo8VQs
>>43
配る手数料だけでも莫大だな。


50:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:50:40 EPN0F8K6
>>43
イキナリ小切手を送りつけてくる予感
そして換金できねーの、手数料高くて


46:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:43:39 NZoNn4tf
図書館司書の俺が一言。
絶版になった本が流通するのは良いこと。
だが権利者が申請するってのはおかしいだろ?
Googleが権利者を見つけ出して利用料を支払うべき。
ただし、権利者側は著作権のデータベスを作って欲しい。

48:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:45:29 KFtJrs0o
>>46
とりあえず、君はアオイを目指してくれ


51:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:52:36 MN7AnlzO
なんで侵害される側が骨折らなきゃならないの?

52:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:53:31 +wRo8VQs
>>51
そこが一番コストのかかる部分だから



53:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:53:47 xQQsVpZH
クレーム言うなら、データベース化の話はずいぶん前から出ていたのに、
有効なアクションをしなかった日本の著作権団体に言うべきじゃないのか?
それに63%は現状の国内に比べてはるかにマシ。
既存の利権団体があまりにボッタクリだからこうなるんだよ。

54:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:55:22 +wRo8VQs
>>53
まぁいつクレームを付けるかは、権利団体の勝手だからな。


58:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:00:19 xQQsVpZH
>>54
誰の言葉だったかは忘れたが、「既存の顧客はあまりに虐待され続けているので、
少しの改善でも、素晴らしい新サービスに見える」というのを思い出した。


57:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 12:59:13 gJg5N49Z
とりあえずアメリカの著作権弁護士に連絡つけて
googleには一切、権利許諾しない旨の通知と
無断掲載時には即法的手続きに入ることの警告を打つべきだね

日本の出版社全ての連名で通知すべき

67:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:18:30 WVdSqhuF
これ、日本の作家、集団訴訟やった方がええよ。
googleだけでなく、手前勝手な妥協したアメリカの作家の団体に対しても。

69:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:22:40 QOIDUQV9
最近は、ググルのやめて
国産のgooを使ってるおれがいる。

グーグルのイメージが急低下してる。

93:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:43:02 uF0Czs9z
>>69
国産のgoo(笑)。とっくにレイプ済みです。最後の砦はなんだかんだ言ってもYahoo!JAPAN。


121:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 16:46:04 hUcfnANJ
>>69
gooも検索はGoogleを使ってる


73:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:38:01 E/VULN6j
>どうせ日本語だけ誤認識だらけでろくにつかない
利益が上がると見込めば、下手すりゃ日本で発行される書籍片っ端から
派遣雇ってアーカイブ化する気じゃないか?
OCRソフト併用してちょちょっと修正すれば簡単に出来るだろうし。
巨大データベースが既成事実として出来てしまえばGoogleに誰も逆らえなくなりそう。
Google八分書籍版、すなわち言論弾圧もクリック一つで出来てGoogleは
笑いが止まらんだろうな。

83:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:04:43 v4q82IZk
>>73
そこまで手間を掛けたら検索サービスじゃなくなるだろ
新しい商売をはじめるなら良いだろうが


86:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:05:59 B09EOJ4C
>>83
手間、って普通にそこまでやるでしょ


75:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:44:40 C64CgOz/
グーグルけしからんな
一体何様のつもりだ
全ての著作権者の皆さん、一致団結して反対の声をあげましょう!

それでは皆さんご唱和ください


「時間は夢を裏切らない」

76:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:45:19 Mn5LIINJ
これで儲かるのは代理で申請する業者だね
作家は別に得することはないもんな

77:名無しさん@恐縮です 2009/02/25(水) 13:45:47 87inrn9B
これが世界的には当たり前だよ。日本だけが今まで明らかに変だったんだろ。
しかも2chやニコニコ動画みたいに、日本でもすでにこういう「申請なければ勝手に」って商法は成立されているんだし。

別に著作権者に何も払わないと言っている訳でもないし、
もしこのニュースを知らなかったり、グーグルに連絡する方法がなくて拒否出来なかった著作権者がいても、
後に連絡すればすぐにでもアップを中止しそれまでの儲けは支払うということだろう?

だったら、このデータベースがあって得られる利益と、
その「何人になるかも分からない」著作権者を保護するためにこの事業が始められないことを比較すると、
やっぱり始めた方が良いじゃん?

むしろこれによって日本でも早く、特に今は入手しにくい昔の本が有料でも無料でも、
ネットで手軽に読めるようにやってほしいけどな。

84:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:05:21 72+ptDsh
>>77
そういうことはお前のなす労働が給料なしでも全然OKってことにしてからなw


78:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 13:52:27 11iuE6/l
> 対象象書籍に関連して同社が今後得る総収入の63%を著作者らに分配
これができるのなら、申請じゃなく、グーグル側からお願いすることもできるんじゃないの?


81:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:03:39 7VNdONLl
でも日本の著作権者はベルヌ条約から脱退するのは嫌なんだろw
守られたいけど自分らが不利なのは一切嫌って発想が染み付いてて
利用者の利便性は二の次なのが日本の著作権

87:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:12:13 /aorS5vq
そもそも著作権は権利者が主張して生じるのでは?

90:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:18:53 f0VINR8i
>>87
たぶんそれを逆手にとって主張しない著作物の権利をすべてGoogleの支配下におこうという考えなんだろう



88:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:13:47 7VNdONLl
日本の権利者団体はこんなの

【知的財産】ブルーレイ課金だけでは満足しない権利者団体、「無料デジタル放送は対象外」と主張するJEITAに反論[09/02/24]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1235519628/

91:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:26:59 7VNdONLl
アメリカの権利者団体と合意してて裁判所の認可が下りてるんだからグーグルの横暴ではないだろ
海外著作物に関してはアメリカの横暴だ
でも日本人がアホなのは、じゃあ我々も対抗してアメリカの著作物好き勝手使ってやるぜができない
日本では権利権利でサービスを邪魔しまくって「日本人だけ不便、日本人だけ使えない」状態になる
いつものこと

97:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:45:39 iiYL5nuI
小説などの絶版物は正直ありがたい。
読み返したくても、手に入らないんだよなぁ
ラノベなんかすぐに絶版になるし…

98:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 14:47:35 U1FRFlb8
>>97
ラノベなんて消耗品は窓から投げ捨てろよ


103:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:02:21 hl4ohM/2
ダイナミックやな。世界を相手に大事業をしてるわ。グーグルわ。それに比べて
日本のIT企業のスケールの小さなこと。

107:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:10:11 Mkz4JXoE
>>1
>2〉無断でデジタル化された書籍などの著作権者に対し

自らが著作権者に了承とるのが、カッタルイから著作権者に無断でやるのに
この他人事のような表現ワロタ


112:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:17:01 fgwKDHzB
>>1
これはひどい!!w
そら朝からオズラさんも
テンション上げるわ。

115:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:34:18 GFCMfK9x
明らかに変だろ
著作権は特許とか実用新案と違って著作物作成時から権利が発生する物だろ。
それを何で向こうが一方的に無視して全公開に踏み切れるんだ?

116:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:49:51 sxpQpNZh
>>115
ダメリカのルールはそんなもん


118:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 15:57:27 xyUMsl4F
要は違法ダウンロードサイトをグーグルが運営しますって話だろ。
本の次は映画をやりますとか段々エスカレートしそう。

120:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 16:44:07 g3RZcS00
>>118
日本も対抗すれば良いのにな! ハリウッド映画とか〜。
ただし、日本国内の利用者に限るって条件付でね。


119:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 16:35:02 1jNx5DIT
ますます便利になるなあ。
さらに人類の進歩は加速する。

> 本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている

……orz。

122:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 16:46:35 dWlqix7T
日本もGoogleみたいの作って、ハリウッド映画とか音楽とかやればいんだよ

123:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 16:48:52 hUcfnANJ
>>122
中国人乙

>>119
ガラパゴ日本は利権団体の圧力がかかりますから

124:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 16:49:26 CQfyy89n
過去の叡智をより手にしやすい状況に出来るから、文化的価値はとても高いと思う。
紙の質感や匂いといった物質的な趣を言う人もいるけど、これからの時代には”電子図書館”
は必要不可欠だと思う。著者の不利益とかはよく分からないけど、あっても実現して欲しいな。

126:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 17:07:42 O2K5ylfj
>>124
青空文庫だけとかだったらまだわかるが、
コレで検索した各国の名作を適当に翻訳・一部改変して勝手に出版が出来ちゃうな。

日本の権利ゴロ団体は、こんな時にこそクリエイターの為に戦って欲しいんだが・・・


128:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 17:18:58 gf+NE09x
これって書籍って事は漫画なんかも含まれるのか?

あとこれって一冊しか書いてない人とかはめんどくさがって申請しなそうだからgoogleの儲けは50パー以上は硬いと思う。
ただしこういうのって普通申請した人のものをデータベース化するべきものだと思う。
絶版の本が流通することはいいことって言う人いるけど、それは著作者が望む場合に限ると思う。

それに
>>一方、著作権に詳しい福井健策弁護士は「グーグルの説明が分かりにくいのは改善するべきだが、
>>著者や出版社にとって長所も短所もある和解内容だ。音楽のように書籍もネット配信する文化が
>>普及していくのか、注目している」と話す。

この部分についてはあくまで会社相手にとっての都合のいい和解であって、
もし何か問題があって個人でgoogleと勝負しようとしてもできないと思う。
明らかに卑怯。

130:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 17:39:57 XnrR2v26
「JASRACがグーグルと包括契約を結び、一件落着」

そんな悪夢のような結末は見たくないな・・・・

131:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 17:41:53 O2K5ylfj
>>130
全然有り得るから困る。
ジジィ共は異常に権威主義的で、メリケンにも弱い・・・


135:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 18:36:26 RfqL8MXU
ぱっと読んでみて解説

・蔵書をデジタル化して蓄積する
・書籍データベースアクセス権の販売

これが全く別なのがポイント。
前者は会社で本を買ってきて自分用のデータベースに私的コピーをしておくだけ。
これは著作権法で認められた利用者の正当な権利。
だから著作権者の拘束力はここには及ばない。
本気で裁判すればgoogleが一方的に勝利することさえ可能だと思われる。
だから「米国で著作権の効力を保持するすべての著作者」に対してたかだか42億円しか支払っていない。

一方、第三者をその私的コピーにアクセスさせる段になると、著作権者の権利が及ぶ。
したがって、この段になると、著作者に個別に交渉して許可をとる必要がある。
google側は面倒なので約款として63%の支払を公示している、という感じ。

137:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 19:32:23 hl4ohM/2
>>135
このスレ、馬鹿ばっかだよなw マジで。ひどすぎるから突っ込む気しなかったもん。
してくれてありがとうw


165:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 23:04:57 6WrOjQOl
>>135
業務として複製するだけで私的複製から外れてアウトです。
あと、返事がなければ認めたものとする、的な契約はおそらく無効です。
いや、今回の件については知らんけど。(個人間の契約じゃなくて判決だし)

とはいえ、著作物についてそのナントカという原告が権利持ってないなら
これは単にアメリカが中国化しただけの話で、つまり外国資産の収奪だな。
日本の輸出産業の一部に対する攻撃でもあるわけで、大変だろうなあ。


138:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 19:33:52 tvlHe2ss
歌詞の載ってる本は、JASRACとどう折り合いをつける気だろう?

139:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 19:55:18 kpJnl7uW
>>138
というか、JASRACは放置しないと思われ
呼ばれなくても請求に行くぞきっと


141:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 20:11:09 yQru0mH0
本を勝手にコピーして閲覧権を販売することにした!嫌な奴は除外してやるから連絡しろ!

どう考えても逆だろ・・・

→本のデータベースを作りたいので協力してくれる方は連絡ください。

151:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:31:45 /LJ60bjY
>>141
日本以外はフェアユースって概念があるからじゃね?


155:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:36:37 zf8gNouq
>>151
書籍データベース作ってアクセス権を売るのをフェアユースと言うのだろうか・・・


156:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:38:29 ZkvezJlN
>>151
Googleは思いっ切り金儲け目当てでやってるのに
なにがフェアユースになるんだ?


143:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 20:47:23 DvCQhf8V
裁判所の和解内容にも文句ですか。 日本の著作権ゴロ共頭おかしいな。

裁判所の決めた手続きに従うのは当然じゃん

英文自筆で米国法で規定された手続きで権利を主張するだけ。

いまどき英文よめない香具師なんかいるか?

146:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 21:33:00 xZurvbwP
おまえら「自分が著作権者側だったら」という発想はないのか?

絶版本もみれるからいい? サービス終了で終わりじゃん。

161:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:49:18 n3YHuzcm
>>146
>おまえら「自分が著作権者側だったら」という発想はないのか?

俺は、俺のこのレスの著作権者だが、それがどうした?



149:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:20:09 ZkvezJlN
著作権切れしている作品をセコセコ電子化するのは勝手だが
そうでもないものを勝手に絶版だ入手難だと判断して電子化するのは
筋違いだろ
申請しないと勝手にやってオッケーってなんじゃそりゃ

152:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:32:41 lbNXD+Kq
これは日本もやるべきだな。
アメリカの映画を申請なければ無効とかいって、ディズニーとか無料で配ってやればよい。

157:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:43:07 rU8F9y4S
何で著作権所持者がグーグルに連絡するんだよ
逆だろw

159:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:45:53 KMoX+ASt
そういえば大学入試の国語の問題の本文とかって今著作権の関係で読めなくなっていると聞いたが
これがうまくいったら大ブレイクスルーになるかもしれないなぁ・・
本なんて読者の目に触れてナンボのものだから
どういう形であっても本が読者の目に触れる機会が増えるのはいいことのように思うんだが・・

160:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:47:33 zf8gNouq
>>159
一冊丸々だからなぁ
音楽みたいに、ビットレートの低いのを公開して、ちゃんとしたのは買ってね、ってわけには
いかないだろうし


163:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 22:52:26 OQR82d1X
買ってまで、探してまで読みたくはないが、興味のある本ってのは無数にあるからなあ。
上手く著作者に見返りが還元されるシステムが出来上がればあると思います。
商売下手のグーグルだから無理だと思うけどさ。

166:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 23:15:05 UKvJ6Xc6
なんでアメリカの法律が日本に適用されるの?

168:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 23:17:34 x6PrdYlk
>>166
ベルヌ条約


170:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 23:34:00 zf8gNouq
ところで、なんでベルヌ条約が出てくるんだろ
集団訴訟の原告は、日本(に限らないが)の書籍の著作権なんか持ってないだろうし、
被告は利用者であって権利者ではないと思うのだが

171:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 23:38:16 S6q2o5k3
絶版書で得た利益が著作者に返ってくるんだろ

なにが問題か

173:名刺は切らしておりまして 2009/02/25(水) 23:55:50 ZkvezJlN

175:名刺は切らしておりまして 2009/02/26(木) 00:04:25 BXQLoviX
絶版=金にならないじゃないからなぁ。

漫画の場合であれだけど、単行本が売り切れたら文庫化や愛蔵本化
ちょいとマニアックな作家でも、他社で復刊とか普通にやってるし。


絶版=上げてOKは絶対に駄目。
金だってアメリカの権利団体がほぼ総取りで日本の作家に入ってこないなんてことは容易に想像できるし。

178:名刺は切らしておりまして 2009/02/26(木) 00:09:21 EXUe6YMO
日本は出版社がアレだからなぁ…
芥川賞!とか直木賞!とか馬鹿騒ぎするくせに、受賞作家でも絶版ばっかだからね。
今東光和尚の本を読みたいが、絶版ばっかだ(´・ω・`)

184:名刺は切らしておりまして 2009/02/26(木) 00:53:45 OMPNztKz
本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
 本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
  本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
   本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
    本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
     本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
      本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている
       本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている

191:【新聞】 押し紙は広告費水増し請求詐欺? 2009/02/27(金) 05:06:15 ey58Vpce
>>184
だとすると、日本からGoogleのデータベースをチェックするのは
ほぼ不可能じゃないかい?


187:名刺は切らしておりまして 2009/02/26(木) 02:09:53 9KuYsocH
オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ?吉田 武? 復刊リクエスト投票
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=41789

みんな投票してくれ。どう考えてもこれが絶版っておかしいだろ常識的に。

189:名刺は切らしておりまして 2009/02/26(木) 18:46:37 fYKrAiFm
>>187
この前ブックオフで定価の半額で購入したが、
絶版だったのか(´Д`;)


192:名刺は切らしておりまして 2009/02/27(金) 05:20:22 llND3Mxi
すべての書籍がデジタルでデータベース化され検索できるようになるのは
遠い未来の話だと思っていたのが、意外と早く来たんでびっくりしてるの図。

195:名刺は切らしておりまして 2009/02/27(金) 07:16:56 zBL6DJUT
これって殆どを無料で使えるようにして、分配金はゼロにってなるんじゃないの?

196:名刺は切らしておりまして 2009/02/27(金) 07:38:39 T77rSOul
>>195
ゼロというか、貰う手間賃のほうが高くなるようにするんじゃね。


posted by 2chダイジェスト at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。