2010年01月21日

【建設】積水ハウス、営業赤字410億円に 2010年1月期、10円減配[10/01/20]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2010/01/20(水) 16:04:48
積水ハウスは20日、2010年1月期の連結営業損益が410億円の赤字(前期は
739億円の黒字)になりそうだと発表した。
従来予想は215億円の黒字。
住宅販売の不振に加え、販売用不動産などの評価損650億円を計上するのが響く。

最終損益は315億円の赤字(前期は115億円の黒字)。
期末配当は取りやめ、年間配当は従来予想の20円から10円に減らす。

同時に2013年1月期までの中期経営計画を発表した。国内では環境配慮型住宅を
拡販。
オーストラリアのほかロシアや中国など海外市場の開拓も加速し、最終年度の
連結純利益は420億円、売上高は今期見通し比17%増の1兆6000億円を目指す。

ソースは
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100120AT5D2000G20012010.html
■積水ハウス http://www.sekisuihouse.co.jp/
2010.1.20 たな卸資産評価損の計上、平成22年1月期業績予想及び期末配当予想の修正、
ならびに次期配当に関するお知らせ(PDFファイル)
http://www.sekisuihouse.co.jp/company/data/current/document-697-datafile.pdf
株価 http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=1928


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【建設】積水ハウス、営業赤字410億円に 2010年1月期、10円減配[10/01/20]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 積水ハウス業績下方修正 315億円赤字
Yahoo!ニュース 【 明日の注目材料/三井住友FG、サンシティ、高純度化、日ケミカルなど
Yahoo!ニュース 【 積水ハウス、評価損計上で2010年1月期は期末無配を予想


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 19:02| Comment(1) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【消費】「無理して高級ブランド」ダサイ:若者に消費感覚異変「嫌消費」[10/01/19]

1:本多工務店φ ★ 2010/01/20(水) 00:27:20
若者にとって、お金がないのに無理してブランド品を持つのは、かっこ悪いことらしい。
安い服にブランドバッグを合わせる「一点豪華主義」がはやったのは一昔前のこと。
いまでは消費の感覚自体が変わってしまったらしい。

バブル期以降、ブランド品を持つことがステイタスで、多少の無理をしても買うという消費者がブランドの成長を支えてきた。
若い女性の間では「一点豪華主義」と呼ばれる、安い洋服にブランドバッグを合わせるファッションがはやったりもした。
海外ブランドにとって日本市場は「ドル箱」だった。

「ブランド神話」崩壊、安くていいものがあれば事足りる

ところが2008年頃から、スウェーデン発のカジュアル衣料品店「H&M」やアメリカの「フォーエバー21」、日本の「ユニクロ」といった、
安い「ファストファッション」が出てくると、「ブランド離れ」が加速した。
そもそも、「みんなが持っている」とか「ステイタスだ」という理由でブランド品を買っていた人にとって、
収入が減った今、安くていいものがあれば事足りるということのようだ。

ブランド離れは若者の間で顕著だ。
20歳代の女子大学生は、
「ブランドバッグを買ってもらったことがありますが、仰々しい感じがして、自分の服とも合わないような気がして、あまり使っていません」という。
別の20歳代女子大生は、
「ビニールでできているのに財布で6万円もして、値段と品質が見合っていないと思うので買いません。
 品質がよくて手ごろな値段のものが他にありますから」と話している。

若い男性にとって、ステイタスだった車についても似たような傾向が出ている。
メディアインタラクティブ(東京都渋谷区)が、車を持っていない都市部在住の15歳〜34歳男女に調査を行ったところ、
近い将来に自家用車を「ぜひ購入したい」と答えた人は25%にとどまり、「特に購入したいとは思っていない」(36%)の方が上回った。

若者がものを買う条件は「バカにされないこと」

車を買わない理由は、
「利用することがほとんどない」「(購入・維持の)お金がかかるから」「車より他のことにお金を使いたい」といった「お金」の理由が多い。
また、昔のように車を持つことがステイタスであると考える人は減っているようで、
同社は「車を所有しても自慢できるとは思わず、中古車でも恥ずかしくない、との傾向が出ている」としている。
調査期間は2009年2月20日〜26日に行い、1174人の有効回答を得た。
車は持っていないが免許はある人は54%だった。

「『嫌消費』世代の研究――経済を揺るがす『欲しがらない』若者たち」(東洋経済新報社)の著者で
ジェイ・エム・アール生活総合研究所の松田久一代表は、
「不景気で収入が減っているからブランド品や車を買わないという人もいるが、
20歳代の場合、収入に関わらず、消費を抑制する傾向にあります」と話している。
消費をしないわけではないが、他世代に比べて収入に見合った消費をしない傾向を松田さんは「嫌消費(けんしょうひ)」と呼んでいる。

ものを買うポイントになるのが、
「自分の趣味に合って、節約に貢献してくれて、皆から利巧と思われること」の3つの条件が揃っていることだ。
「3つ目は砕いていうと『バカにされないこと』で、これが重要です」

>>2に続く

ソース:J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2010/01/19058250.html


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【消費】「無理して高級ブランド」ダサイ:若者に消費感覚異変「嫌消費」[10/01/19]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 「無理して高級ブランド」ダサイ 若者に消費感覚異変


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 16:04| Comment(1) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【JAL】 日本航空の更生開始決定 戦後4番目の大型倒産、事業会社では過去最大 負債2兆3221億8100万円[01/19]

1:進ぬなまけものφ ★ 2010/01/19(火) 20:37:40
ソース:帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3201.html

「東京」 日本航空グループの持株会社で東証1部上場の(株)日本航空(資本金2510億円)と、
航空事業を手がける(株)日本航空インターナショナル(資本金2000億円、従業員1万5943名)、
および航空機リースを手がける(株)ジャルキャピタル(資本金35億円)の3社は、
1月19日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請、同日更生開始決定を受けた。

申請代理人は南賢一弁護士ほか16名。

管財人には片山英二弁護士と(株)企業再生支援機構で、
職務執行者として同機構の瀬戸英雄弁護士と企業再生支援機構の中村彰利専務が選任された。

負債は日本航空が約6715億7800万円、日本航空インターナショナルが約1兆5279億1900万円、
ジャルキャピタルが約1226億8400万円で、3社合計の負債は約2兆3221億8100万円。
戦後では千代田生命保険(相)(負債2兆9366億円)に続いて4番目の大型倒産となり、
金融関連を除いた一般事業会社としてはそごうグループ22社(負債1兆8700億円)を抜いて最大規模となった。

また2009年度では(株)ロプロ(負債2500億3400万円)を抜いて最大の倒産となった。
世界の航空会社では2005年のデルタ航空(米国、負債約3兆1200億円)、
2002年のユナイテッド航空(米国、負債2兆8000億円)に次いで3番目となった。


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【JAL】 日本航空の更生開始決定 戦後4番目の大型倒産、事業会社では過去最大 負債2兆3221億8100万円[01/19]

【関連リンク】


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【AV/証券】業界最大手AVサイト『DMM』、証券業進出のワケ [01/19]

1:ライトスタッフ◎φ ★ 2010/01/19(火) 17:06:13
昨年から今年にかけて、インターネットによる動画レンタル・通販大手の「DMM」
(デジタル・メディア・マート、東京・恵比寿)が運営する「DMM.com証券」の
テレビCMが多く流れている。動画総数4万作品を超える日本最大のAVサイトを有し、
好事家にはアダルトのイメージが強い同社がなぜ、この時期に証券業に進出したのか。

DMM.com証券は、大証2部の投資会社「シグマ・ゲイン」の100%子会社だった
「SVC証券」をDMMが昨年6月に買収、社名変更したもの。買収価格は推定で
3億円程度とみられている。

DMM本社は、証券業進出の理由について「DMM.comとして推進しているインター
ネットビジネスの一環。弊社の集客力とのシナジー効果を期待しての新規事業です。
経営はあくまで旧SVC証券役員やスタッフに一任し、DMMは資本関係のみとなって
おります」と説明する。

資本関係のみ、というものの、DMMはネットレンタル・通販事業などを通じ、高度な
IT技術や顧客情報の管理機能、新規事業立ち上げに関する豊富なノウハウを持っている。
楽天や旧ライブドアなどと同様、ネット証券業への進出は不思議ではない。IT業界
関係者の間では、「FX(外国為替証拠金取引)人気にあやかると同時に、アダルトの
イメージが強いDMMのブランド向上を兼ねた取り組みの第一歩ではないか」とみられている。

DMMをよく知るAVレーベルの幹部は次のように言う。

「DMMは、有名AVブランドを多数抱える業界最大手、北都グループの直系で、AVの
取り扱い数は他サイトを圧倒している。160万人の会員数と、グループ傘下の成人雑誌
とのメディアミックスも武器で、アダルト系EC(電子商取引)サイトとしては日本最大
です。資金力も潤沢で、IT系上場企業も傘下に収めている。金融業進出を足がかりに、
ネット総合企業への本格的な“変身”準備を進めているといわれています」

1999年11月、北都AV通販サイト運営会社として発足した同社の現在の売上高は
200億円に迫る勢い。ここ3年間でも、対前年比291%、172%、129%と
右肩上がりで伸びている。

最近は、70万点を超す書籍やパソコンソフトの販売、フットサルリーグや格闘技、
人気アイドルグループ「AKB48」の独占動画配信など、“非アダルト”の事業も
積極的に展開。総合IT企業への地歩を着々と固めている。

数年後には「えっ!? DMMってもともとアダルトだったの?」と言われる日がくる
かもしれない。

●アダルト動画がメーンのDMMのトップページ。
 DMM.com証券のページとレイアウトはよく似ている
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20100119/dms1001191203000-p1.jpg

●DMM.com証券のページ。アダルト動画がメーンの
 DMMのトップページとレイアウトはよく似ている
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20100119/dms1001191203000-p2.jpg

●参考動画/DMM.com証券のTVCM
http://www.youtube.com/watch?v=Fgi12HUil1I

◎DMM企業概要 http://www.dmm.com/info/profile/

◎DMM.com証券 http://fx.dmm.com/

◎ソース
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100119/dms1001191203000-n2.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【AV/証券】業界最大手AVサイト『DMM』、証券業進出のワケ [01/19]

【関連リンク】


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。