2009年08月19日

【FC】コンビニ・外食オーナー志望急増 [08/18]

1:ライトスタッフ◎φ ★ 2009/08/18(火) 14:42:11
消費不況にあえぐコンビニエンスストアと外食業界に、一縷の光明が見られる。

今年1月以降、フランチャイズ(FC)オーナーの応募者が前年実績を上回り続けて
いるのだ。コンビニ業界最大手セブン‐イレブン・ジャパン、3位のファミリーマート
では、応募者が上半期で前年同期比約70%増、インターネット経由での応募が約2倍に
なった月もあった。2位のローソンも増加傾向が続いているという。

外食業界も同様だ。「モスバーガー」を展開するモスフードサービスの青木幸三郎
立地開発部シニアリーダーは「春先から少しずつ増えている」と話す。

両業界にとって、新規オーナーの獲得はここ数年の課題。新規オーナー募集の説明会を
開いても閑古鳥が鳴く状況は珍しくなかった。そのため、一部コンビニでは加盟金を
格安にした新たなFC契約パッケージを開発するなど、あの手この手で人を呼び込んで
いた。

応募者が増加している背景には厳しい労働環境がある。6月の完全失業率は5.4%で
過去最悪の5.5%に迫り、有効求人倍率は0.43倍と過去最低を更新している。
求職者は正社員の再就職が難しいため、FCオーナーとして独立する道に目を向けて
いるのだ。加えて、「社内価値よりも社外価値、自分の雇用は自分でつくるという
価値観の変化も応募者増の要因の一つ」と独立・開業情報誌「アントレ」の藤井薫
編集長は分析する。

ただ注意も必要だ。「職がないため、いわば仕方なく独立する人は、後に契約内容や
ビジネスがうまくいかないなど、本部とのトラブルを抱えるケースがある」とFC
ビジネスに詳しいフランテック法律事務所の金井高志弁護士は指摘する。今と似た
状況はバブル崩壊後の景気後退期にも見られ、トラブルが増加したことがあったという。

コンビニ・外食業界は熾烈な過当競争を繰り広げている。FCでの独立は、成功すれば
会社員時代の年収を上回る可能性もあるが、現実は厳しいことを直視しなければならない。

◎ソース
http://diamond.jp/series/inside/09_08_15_002/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【FC】コンビニ・外食オーナー志望急増 [08/18]

【関連リンク】


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食品】バター余って困った 不足騒動から一転…不況で需要低迷、原料の乳脂肪分は増える一方[09/08/18]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/08/18(火) 12:58:42
バターの在庫が急増し、道内の酪農関係者らが危機感を募らせている。
1年前は極端な品薄で、小売店からバターが消え、製菓・製パン業界は「パンやケーキが作れない」と
悲鳴を上げたが、不況で情勢が一転した。需要低迷に加え、牛乳の値上げで低価格の成分調整牛乳の
生産が増え、バターの在庫増に拍車をかけた。成分調整牛乳は生乳から乳脂肪分を抜いて作るため、
余った乳脂肪分はバター生産に回さざるを得ないという。

「このまま生乳生産を増やしても大丈夫なのか」。道内の酪農関係者は不安げだ。
ホクレンは今年度の生乳生産を前年度より3%増やす計画。傘下の酪農家は増産態勢に入ったが、
乳業メーカーなどが抱えるバター在庫は昨秋以降、膨らむばかりだ。6月末の在庫は前年同月を
59%上回り、3万トンを突破した。

バターはクリスマスケーキの生産が活発化する年末に需要が膨らみ、在庫が減るが、昨年末は
バター在庫が40%以上増えた。今年6月末の在庫は昨年秋より約1万トン多い。

生乳の需給調整を担う中央酪農会議は「バターの適正在庫は消費量の2〜3カ月分、とみるのが
一般的だ」。現状では1万8千トン程度が適当、との見方が強く、在庫はすでに消費量の5カ月分、
適正在庫の2倍近いとされる。

中央酪農会議の幹部は在庫の過剰感を掲げる。日本酪農乳業協会は7月中旬に公表した需給見通しで
「需要動向については予断を許さない状況にある」と指摘した。

1年前は業務用バターの急激な需要増で品薄となったが、昨秋の金融危機で消費が低迷、
高級洋菓子向けなど需要が落ち込んだ。バター不足でマーガリンなど格安な代用品を使う業者が
増えたのもバターの在庫を増やす要因。乳業メーカーは「バター離れが元に戻らない」という。

格安な製品に目が向くのは飲用乳も同じ。今春、値上がりした牛乳は消費が伸びず、6月の生産量は
10%近い減。メーカーが販売に力を入れるのが成分調整牛乳という。

日本酪農乳業協会によると、牛乳は1リットルパックで180円程度だが、成分調整牛乳は
165円程度。道内のスーパーでは150円前後で売られる事例も目立つ。6月の成分調整牛乳の
生産量は前年同月の2倍近くに増えた。

バターの在庫増で道内の酪農関係者は生乳生産への影響を危惧(きぐ)する。06年3月には
需要低迷で生乳を廃棄処分にした。最近のバター在庫量は同程度の水準に達している。

ホクレンや大手乳業メーカーはこの後、大規模なチーズ生産工場を道内に相次いで建設、
生乳の販路確保を進めたが、消費低迷で生産量が減少しているのはチーズも同じだ。今年4〜6月の
ホクレンのチーズ向け生乳販売量は前年同期を15%近く下回った。ホクレンはチーズの消費拡大で
バターの在庫解消を図る方針だが、「先行きは必ずしも楽観できない」とみる酪農関係者は
少なくないようだ。

ソースは
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000000908180005
“バターの在庫量の推移”というグラフは
http://mytown.asahi.com/hokkaido/k_img_render.php?k_id=01000000908180005&o_id=26778&type=kiji
依頼を受けてたてました。


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【食品】バター余って困った 不足騒動から一転…不況で需要低迷、原料の乳脂肪分は増える一方[09/08/18]

【関連リンク】


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【二輪車】落ち込み続く二輪車販売 ピーク時の1割強[09/08/13]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/08/14(金) 15:42:38
二輪車の販売が下げ止まらない。
日本自動車工業会によると、今年1〜6月期の国内出荷台数は、前年同期比22.2%減の
20万5678台。
このペースが続くと、今年は40万台前後となり、ピーク時の1割強まで落ち込む。
折からの不況に加え、駐車場不足などマイナス材料に事欠かず、しばらく厳しい状況は続きそうだ。

国内出荷は1982年の約329万台をピークにマイナスに転じた。若者の関心の薄れや
軽自動車へのシフトなどが背景にある。
減少率は、2000年以降は緩やかだったが、昨秋の金融危機で加速した。

全車種が新しい排ガス規制の対象となり、環境性能を高めるための部品コストが上乗せされて
小売価格がここ数年、上昇。06年に二輪車が駐車違反の取り締まりの対象となったことも、
バイク離れに拍車を掛けた。

ソースは
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009081200470
関連スレは
【二輪車】ホンダの国内生産、09年度は4割減 [8/4]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1249516341/l50
依頼を受けてたてました。



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【二輪車】落ち込み続く二輪車販売 ピーク時の1割強[09/08/13]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 ホンダ ブラジル販売12万台維持 人気車「シティ」投入効果
Yahoo!ニュース 【 【インド】自動車販売、20.8%増:7月
Yahoo!ニュース 【 ヤマハの内山常務「工場の閉鎖はない」
Yahoo!ニュース 【 リストラ加速、国内7工場に ヤマハ発
Yahoo!ニュース 【 ヤマハの短・中期計画…先進国向け事業を収益体質に


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【景況】経済対策“特需”が息切れ 景気に「2番底」の懸念[09/08/17]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/08/18(火) 08:09:46
17日に発表された平成21年4〜6月期の国内総生産(GDP)は5四半期ぶりにプラスに転じたが、
経済対策と外需のかさ上げによるもので、自立的な回復にはほど遠い。特に、GDPの6割弱を占める
個人消費は、天候不順が足元の7〜9月期を直撃。10〜12月期にはエコカー減税などの“特需”の
息切れも懸念される。雇用や賃金の悪化にも歯止めがかかる兆しはない。成長率は年末に向け徐々に
失速し、追加的な対策による下支えがなければ、来年以降、再び悪化し、「2番底」をつける懸念が
ぬぐえない。

「あらゆる手を打っているが、消費が戻らない」
大手百貨店の幹部は肩を落とす。三越や高島屋など大手5社の7月の売上高(速報値)は全社が
前年同月比10%台の大幅な減少となった。6月は夏季セールの前倒しなどが奏功してマイナス幅が
1けた台に縮小し期待が膨らんでいただけにショックは大きい。

天候不順は、“勝ち組”といわれるカジュアルウエア「ユニクロ」にも襲いかかる。夏季に売れるはずの
Tシャツやショートパンツが売れず、7月の売上高が前年同月比4・2%減と9カ月ぶりに減少した。

また、コンビニエンスストア最大手のセブン・イレブン−ジャパンもアイスや清涼飲料が売れずに
7月の売上高が5・5%減と1年4カ月ぶりに前年実績を割り込んだ。

自動車や電機業界では6月以降に経済対策の恩恵が本格化。生産が上向き、業績も多くが4〜6月期に
黒字転換を果たし、底打ちが鮮明だ。だが、先行きへの不安は隠せない。

ソニーの大根田伸行副社長は「薄型テレビはエコポイント効果で予想以上に売れたが、今後どうなるかは
みえない」と指摘。トヨタ自動車の伊地知隆彦専務は「足元の状況は厳しい。各国政府の支援策が、
市場の自律回復につながるのか見通せない」と話す。

個人消費のカギを握るのが、雇用と賃金だ。4〜6月期の鉱工業生産は前期比8・3%増と5四半期ぶりに
拡大した。だが、需要の低迷で、水準はピーク時の7割にすぎない。
内閣府の試算では、現在の生産水準からみた過剰雇用は最大607万人に上る。

今後、生産が大幅に回復しないと、企業が“隠れ失業者”を抱え切れなくなる懸念がある。
6月の失業率は5・4%と過去最悪の5・5%に迫ったが、「年末にかけ6%台をうかがう」
(民間エコノミスト)との声が大勢だ。冬のボーナスも大手で過去最大となった夏に匹敵する大幅な減少が
見込まれている。

年内はプラス成長を何とか維持できるとの見方が多いが、問題は来年以降だ。回復の足取りが重い
欧米向けの外需が期待できないなか、追加対策への期待は大きいが、政権交代という不安要因を抱える。

総選挙後に誕生する新政権が対応を誤れば、「来年、日本経済が二番底に陥る恐れもある」
(末沢豪謙・大和証券SMBCチーフストラテジスト)のが実情だ。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000603-san-bus_all
関連スレは
【景況】4-6月期の実質GDP、年率3.7%増 5四半期ぶりプラス[09/08/17]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1250472895/l50
【流通】京阪神の百貨店売上高:7月12%減・長梅雨、夏物衣料セール息切れ…夏のボーナス減額などを背景に [09/08/18]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1250547350/l50
など。
依頼を受けてたてました。


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【景況】経済対策“特需”が息切れ 景気に「2番底」の懸念[09/08/17]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 GDP、不安なプラス転換 対策“特需”息切れ、自律的回復は遠く
Yahoo!ニュース 【 経済対策“特需”が息切れ 景気に「2番底」の懸念
Yahoo!ニュース 【 中国経済は回復へ、懸念は世界経済回復の遅れ=田代尚機
Yahoo!ニュース 【 <魁:日本株銘柄レポート>米国株急落も円安追い風に続伸


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経済政策】「家計支援」の民主、「成長重視」の自民…選挙の大きな焦点に [09/08/17]

1:きのこ記者φ ★ 2009/08/17(月) 22:40:42
平成21年4〜6月期の国内総生産(GDP)が5四半期ぶりにプラス成長に回復したが、
経済対策による下支え効果の息切れが懸念されるなか、総選挙後に発足する新政権の経済政策が、
大きな焦点になってきた。

17日に開かれた6党首討論会では、麻生太郎首相(自民党総裁)が政府・与党の経済対策の
実績を強調する一方で、民主党の鳩山由起夫代表は「国民に回復の実感はない」と、
公約に掲げる家計支援の必要性を強調し、激しく火花を散らした。

「内閣総理大臣に就任して以来、経済対策に全力をあげてきた」。
麻生首相は、プラス成長を政府・与党の実績としてアピール。
返す刀で、民主党の公約を「戦略なき、ばらまきでは経済は成長はしない」と切り捨てた。
これに対し、鳩山代表は「景気が回復する兆しが出てきたというが、国民実感からは離れている」と反論した。

政権公約からみる両党の経済政策は、自民党が企業の競争力を強化する成長戦略を重視しているのに対し、
民主党は子ども手当や高速道路無料化、ガソリン税の暫定税率廃止など家計支援に軸足を置いた。

企業の業績改善を通じて家計が潤う好循環を目指す自民党。
直接的に家計の所得を増やし内需を拡大を目指す民主党の構図だ。

自民党は、民主党の政策が環境対策や雇用政策で企業に重い負担を迫る一方で、
経済界から「成長戦略に乏しい」と指摘されている弱点をつく戦略だ。
与党の公明党の太田昭宏代表も討論会で、「今が正念場。成長国家としての日本をどう作るかの新しいスタートを
切らなくてはならない」と同調してみせた。

ただ、政府・与党が平成20年度1次補正から4度にわたって組んだ経済対策予算は事業規模で130兆円に上る。
下支え効果は大きいが、「カンフル剤を打ち続けているだけで、自律回復にはつながっていない」
(民間エコノミスト)との指摘もある。
一方、民主党の鳩山代表は、「国民の家計を潤すような形の直接的な手当に変えていくのが、民主党のスタンスだ」
と主張。公共事業を含めムダな予算を根絶し財源を確保する考えを改めて強調した。

しかし、手厚い家計支援が、消費拡大につながるかは不透明で、多くが貯蓄に回る可能性もある。
また、景気浮揚効果の大きい公共事業の削減が「マイナス要因になる恐れがある」
(第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミスト)との声は多い。

脱官僚を掲げ、21年度予算の組み替えも打ち出しているが、政策の混乱を招き、迅速な対応が取れず、
景気の足を引っ張る懸念もぬぐえない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090817/elc0908172156040-n1.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【経済政策】「家計支援」の民主、「成長重視」の自民…選挙の大きな焦点に [09/08/17]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 情報BOX:与党と野党3党の共通政策の比較
Yahoo!ニュース 【 情報BOX:自民党と民主党のマニフェスト比較
Yahoo!ニュース 【 衆院選公示、「政権選択選挙」が正式スタート
Yahoo!ニュース 【 「成長」か「支援」か…マニフェスト対決
Yahoo!ニュース 【 【党首討論】家計支援の民主VS成長重視の自民 選挙後の景気を左右?

Wikipedia 【 民主党
Wikipedia 【 景気

続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車】富士重、11年にも新型インプレッサを投入へ…原価低減、燃費3割改善を方針に[09/08/14]

1:依頼@台風0号φ ★ 2009/08/17(月) 00:35:20
 富士重工業は13日、主力車「インプレッサ」の新型車を2011年にも投入し、燃費を現行車より3割改善する
方針を明らかにした。走行性能に重点を置いていた開発姿勢を、環境重視に転換する。部品によっては
種類や点数を半減させ、原価の低減を図り、利益確保を狙う。11年以降の投入車種のモデルケースとしても
注目される。

 インプレッサは1992年に初代が投入された中型車で、最新モデルは2007年に出た3代目だ。

 燃費は、排気量1500ccで1リットル14.8〜17.6キロ。11年にも投入される4代目の新型インプレッサは、
エンジンを初めてフルモデルチェンジし、新たにCVT(自動無段変速機)を搭載するほか、車体の軽量化と
空力性能の向上で、全体で30%程度燃費を改善する。

 スバル購買本部長の武藤直人常務執行役員は「原価配分の適正化で、これまで『走り』に過剰にかけていた
お金を、ニーズの高い『燃費』にも振り向ける」としている。

 徹底した部品削減も進める。現行車は素材、色などの組み合わせで400種類以上にのぼるが、種類が
多ければ原価がかさむため、新型車はその種類を半減させる。

 富士重は09、10年度の2年間で、「車の製造原価1割減」を目指す原価低減活動を進めているが、
新型インプレッサはそのモデルになる。

 09年4〜6月期の業績発表で、10年3月期の通期業績見通しを上方修正したトヨタ自動車とホンダの
修正理由はいずれも「原価低減」だ。

 富士重が新型インプレッサの原価低減をどこまで徹底させられるかが、今後の同社の販売や収益回復の
試金石になる。

 富士重工の主力車「インプレッサ」。2011年にも新型車を投入し、燃費を現行車より3割改善する。


▽ソース:Fujisankei Business i (2009/08/14)
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200908140054a.nwc


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【自動車】富士重、11年にも新型インプレッサを投入へ…原価低減、燃費3割改善を方針に[09/08/14]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 富士重 11年にも新型インプレッサ 原価低減、燃費3割改善
Yahoo!ニュース 【 燃費3割改善の新型インプレッサ 2011年に登場 


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。