2009年07月11日

【自動車】トヨタ、家庭充電型のハイブリッド車を2012年から量産へ…環境車市場の主導権を狙う[09/07/04]

1:依頼@台風0号φ ★ 2009/07/05(日) 23:52:11
 トヨタ自動車は2012年から、現行のハイブリッド車より環境性能に優れ、家庭用電源で充電できる
新型ハイブリッド車を量産する。パナソニックと開発中の大容量電池を搭載、初年度に2万〜3万台
生産する。量産は世界初。車両価格は400万円台に抑える。トヨタはハイブリッド車が当面、環境車の
主軸になると判断。新型車を投入し、世界規模で競争が激化する環境車市場の主導権を狙う。

 新型車「プラグインハイブリッド車」は「プリウス」など現行のハイブリッド車が採用しているニッケル
水素電池より2倍以上の容量を持つリチウムイオン電池を搭載する。パナソニックと共同出資の
パナソニックEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)が小型で高性能なリチウムイオン電池の量産技術に
めどを付けた。外部電源につなぎフルに充電すれば、電気モーターだけで現行のプリウスの10倍強の
20〜30キロメートルを走行できる。


▽ソース:NIKKEI NET (2009/07/04)
http://car.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=AS1D020C7%2003072009
▽関連スレ
【自動車】トヨタ、燃料電池ハイブリッド車を市販へ 2015年めど[09/06/24]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1245810429/l50
【自動車】三菱自動車、2013年までに新型プラグイン・ハイブリッド投入--SUV型の新たな専用車 [07/03]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1246610564/l50


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【自動車】トヨタ、家庭充電型のハイブリッド車を2012年から量産へ…環境車市場の主導権を狙う[09/07/04]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 相場の羅針盤:知る人ぞ知る!京都銀行保有株が大暴れする理由!?=長島和弘
Yahoo!ニュース 【 トヨタ(7203)「エコカー」から「エコシステム」へ―新型プリウス発表会
Yahoo!ニュース 【 【新型プリウス発売企画】発売のインパクト、HV“低価格化競争”の幕開け
Yahoo!ニュース 【 【新型プリウス発売企画】(4)電池材料関連銘柄株価を徹底検証


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車】トヨタ、5月国内生産41%減の19万台…1976年以来最低[09/06/25]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/06/25(木) 12:18:35
トヨタ自動車が25日発表した5月の国内生産台数(単体)は
前年同月比41・9%減の19万2637台と、5月としては
記録が残る1976年以降最低だった。

ただ、5月18日に発売した新型ハイブリッド車「プリウス」の
好調で、減少率は4月より約14ポイント改善した。
5月の国内販売も同23・1%減の8万2394台にとどまり、
74年5月以来、35年ぶりの低水準。
輸出は51・3%減の10万117台で、下落率は4月より
約20ポイント改善した。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090625-OYT1T00468.htm?from=main1
トヨタ自動車
http://www.toyota.co.jp/
会社情報・株価
http://company.nikkei.co.jp/index.cfm?nik_code=0001353



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【自動車】トヨタ、5月国内生産41%減の19万台…1976年以来最低[09/06/25]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 <ウイグル暴動>犠牲者に慰安金20万元=金曜礼拝禁止は撤回―新疆ウイグル自治区ウルムチ市
Yahoo!ニュース 【 実力派イケメン歌手ワン・リーホンに同性愛疑惑再燃―台湾
Yahoo!ニュース 【 <マングース>九州本土上陸 鹿児島市内で3匹捕獲 生態系に悪影響も
Yahoo!ニュース 【 東レ・石川工場、航空機向けプリプレグ新工場本格稼動=Fj
Yahoo!ニュース 【 中国株取扱高が急増、大和証券で中国投資セミナーを集中開催


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車】インサイト弾み、不振脱却 ホンダ、国内販売計画5%上乗せ[09/07/01]

1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/07/01(水) 10:31:02
ホンダの6月の新車販売台数(軽自動車を除く)が、前年同月実績を上回ったことが30日、
明らかになった。
国内自動車販売の冷え込みが続くなか、ホンダは4月以降3カ月連続でプラスを確保し、
他社より一足早く販売不振から脱した格好だ。このため、2009年度の軽自動車を含めた
国内販売計画を60万台と、期初計画に5%(台数約3万台)程度上乗せする。

ホンダの新車販売台数(軽を除く)は、4月が3万2348台で前年同月比4.7%増と
プラスに転じたのを手始めに、5月も2万8102台で5.3%増だった。6月も販売が着実に
伸びたのに加え、主力車種の特別装備車などの販売が上乗せされたことで、2けたのプラスに
なったとみられる。

4〜6月の四半期ベースだと期初計画よりも3万台程度の増加になる。年度後半の販売状況まで
見通せないため、ホンダでは4〜6月の上乗せ分を追加して、今年度の販売計画を60万台に
増やした。

すでに主要販売店などには、この上方修正を伝えているが、経営目標としては
中間決算発表までは、現状の計画である57万台とする。

ホンダの国内販売が好調なのは、商品力に加え、4月からスタートした環境対応車普及促進税制
(エコカー減税)や新車買い替え補助金制度などを有効に生かすことができたためだ。
189万円と初めて200万円を切る価格を設定したハイブリッド車(HV)「インサイト」は、
発売した2月から高い注目を集めていたが、4月以降はエコカー減税により自動車取得税、
重量税が100%免じられたため人気に拍車がかかった。

また、インサイト目当てに販売店への来訪者が増加。家族構成や利用頻度などを踏まえ、
インサイトよりも低価格の小型車「フィット」や、コンパクトミニバンの「フリード」を
積極的に提案するケースもあり、これらも販売台数を伸ばした。

世界的な景気後退の影響で、国内自動車販売は20〜30%台のマイナスで推移。全体の実績が
プラスに転じるのはまだ先になるもよう。
7月1日に発表される日本自動車販売協会連合会(自販連)の6月販売実績も、減少幅は
これまでよりも小さくなるものの、それでも1割前後のマイナスになる見込みだ。

ソースは
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200907010009a.nwc
ホンダ
http://www.honda.co.jp/
会社情報・株価
http://company.nikkei.co.jp/index.cfm?nik_code=0001392
関連スレは
【自動車】新車販売:減少幅縮小・6月、1割前後のマイナスに…エコカー減税など支援策がじわり [09/07/01]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1246400515/l50


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【自動車】インサイト弾み、不振脱却 ホンダ、国内販売計画5%上乗せ[09/07/01]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 現代自動車、初のハイブリッド車を韓国で発売
Yahoo!ニュース 【 【中国 次世代トヨタ】豊田新社長の先行ビジネスモデル“広汽トヨタ”
Yahoo!ニュース 【 新生GM 週内に手続き完了へ 再建策の早期実現が焦点に
Yahoo!ニュース 【 <新生GM>週内に手続き完了へ 再建策の早期実現が焦点に
Yahoo!ニュース 【 インサイト弾み、不振脱却 ホンダ、国内販売計画5%上乗せ


続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コラム】 いつまでもリアルタイム視聴にしがみつくテレビ局に残された時間は [09/07/08]

1:進ぬなまけものφ ★ 2009/07/08(水) 19:59:46
NIKKEI NET IT+PLUSのコラムより
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITel000007072009

いわゆる「テレビパソコン」によるテレビ視聴が、2年後には視聴率調査の対象に追加されるそうである。
それはそれで正しい話であるが、「焼け石に水」という感もある。
テレビ局の意識がこのまま変わらなければ、取り返しのつかないことになるような気がするのだが。(江口靖二)

地上波民放テレビは、テレビ局が放送する番組に対し、企業が広告を出し、
視聴者は番組とともに広告を見るというビジネスモデルだ。
番組の制作費は企業の広告費で賄うので、コンテンツは無料である。
厳密には、商品・サービスに広告宣伝費が上乗せされており、消費者が間接的に費用負担をしているのだが、
視聴者という立場で受信料を取られることはない。

■視聴率はテレビ広告取引の通貨単位

このモデルは50年以上にわたって維持され、受け入れられてきた。
それはテレビ局だけでなく、広告主、広告会社、そして視聴者が“四位一体”で作り上げた結果であり、
50年間も継続できたのはすばらしいことだ。だが、さすがに限界が出てきている。

その1つが、テレビCMの広告費の算出基準となる視聴率だ。
この数字を元にGRP(Gross Rating Point=視聴率とCMを放送した回数を掛けた数値の総和。
「総視聴率」ともいう)から価格が決定される。

ちなみに、日本の視聴率計測は、現在ではビデオリサーチが実質的に1社で独占している。
これは決して排他的な成り立ちではなく、過去には他の企業が参入したり参入を試みたりしたことがあったが、
結果的にビデオリサーチ1社に落ち着いた。

>>2以下続きます


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】 いつまでもリアルタイム視聴にしがみつくテレビ局に残された時間は [09/07/08]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 原G、地上波と裏腹BSで快走…視聴率ベスト5独占
Yahoo!ニュース 【 【韓国ブログ】AV女優の蒼井そらが訪韓で「波紋」相次ぐ
Yahoo!ニュース 【 ケーブルキャストとSo-net、ケーブルテレビ局の地域情報チャンネルの広告枠をアドネットワーク化
Yahoo!ニュース 【 和田アキ子、吼える。“今までのテレビはうわっつら!” ──BeeTV発表会

Wikipedia 【 ワンセグ
Wikipedia 【 慶應義塾

続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コラム】トヨタがテスラを脅威に感じる日はそう遠い将来ではない−安藤 茂彌氏(DIAMOND online)[09/07/07]

1:依頼@台風0号φ ★ 2009/07/08(水) 23:11:10
 電気自動車の開発が米国各地で進んでいる。ここシリコンバレーではテスラ・モーターズが既に量産体制に
入っている。量産とはいっても週10台の生産だが。筆者は先日、同社のスポーツカーRoadstarの見学会に
参加した。運転はさせてもらえなかったが、静かな出足、加速の良さにはびっくりした。たった4秒で時速100キロ
になる。一回の充電で350キロ走る。価格は1000万円(1ドル=100円)と高いが、すでに500台完売している。

 創業者のエロン・マスクは、インターネットを使って小口支払いサービスを行うベンチャー企業PayPalを
立ち上げ、それをeBayに売却して大金持ちになった人物である。元々自動車業界とは無縁の事業家で
あったが、新しい仲間と試行錯誤を繰り返しながら、自前の生産工場を完成させた。

 Roadstarの次には4人乗りセダンを生産する計画で、シリコンバレー南端のサンノゼに新工場用地を手当て
している。セダンは500万円で販売するとしており、すでに予約が入っているとのこと。同社はこれまで
ベンチャーキャピタルと創業者から180億円の投資を受けてきたが、新工場の建設には 250億円かかる
見込みで、これを賄うために連邦政府に低利の借入を申し込んでいる。

 テスラを追うように、同じカリフォルニア州のアーバインで電気自動車の開発を進めている会社がある。
フィスカー・オートモーティブである。創業者のヘンリー・フィスカーはBMW、フォードで車の設計を担当してきた
デザイナーで、2005年に独立して以降、すでに2種類の車を作っている。こんど手掛けようとしているのは
プラグイン・ハイブリッド車である。ガソリンエンジンを持った電気自動車であるが、発電用だけにガソリン
エンジンを使うモデルで、プリウスとは方式が異なるハイブリッド車である。それでも1回の充電で460キロ走るという。

 同社のもう一つの特徴は、部品のすべてをアウトソーシングしていることである。たとえば、エンジンと
ドア・システムはGMから、照明関係はフランスの部品会社、組み立てはフィンランドの生産受託会社、
インテリアはカナダの生産受託会社、電池もカナダのメーカーといった具合に国際分業体制を敷いている。
安全検査と衝突実験までもドイツの専門会社に委託している。委託先はいずれも名の通った専業メーカーである。

 同社の正規社員は100人もいない。ミシガン州に200人ほど擁する設計・エンジニアリングセンターを置いて
いるが、その大半は契約社員である。これで新車の開発コストを通常の2/3に抑えることができるとしている。
すでにベンチャーキャピタルが200億円弱の投資をしている。同社の生産はまだ試作品の段階であるが、
今年11月に最初のスポーツカーKarmaを880万円で販売開始する計画でいる。

▽執筆者:安藤茂彌
トランス・パシフィック・ベンチャーズ社CEO
▽ソース:DIAMOND online (2009/07/07)
http://diamond.jp/series/siliconvalley/10020/
記事は>>2以降に続きます。



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】トヨタがテスラを脅威に感じる日はそう遠い将来ではない−安藤 茂彌氏(DIAMOND online)[09/07/07]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 太陽電池の国内特需で日本メーカーに復権の機運
Yahoo!ニュース 【 日本、海外市場の開拓戦略で景気回復を促進
Yahoo!ニュース 【 英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(24日付)
Yahoo!ニュース 【 米政府、日産やフォードなどに低利融資実施へ
Yahoo!ニュース 【 米政府、フォード・日産自などの設備再編支援へ=WSJ

Wikipedia 【 ドイツ

続きを読む
posted by 2chダイジェスト at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。